蔵出し ! お宝(?)自作漫画

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 蔵出し ! お宝(?)自作漫画
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

  
 若い頃は、よく漫画をよく描いていた。
 先だって、古い書類を整理していたときに、それらの漫画がごっそりと出てきた。
 どんなものを描いていたのか、とんと忘れていたので、しばらく懐かしい思いで眺めた。
 
 中学生時代から、20歳ぐらいまでに描いたものが中心で、ギャグ漫画もあれば、ストーリーものもあった。
 落書きに近い鉛筆画から、ケント紙を使って墨入れしたものまで。
 出るわ、出るわ、ごそごそと … 。
 当時は、ただ単に無心に描くことが楽しかったのだろう。
 
 下は、中学生時代に描いたもの。
 タイトルが「ガチョン太郎」。
 
 ♪ ガチョ~ン !
 この言葉を覚えている人は、間違いなく60歳代後半の人だろう。
 なにせ、クレイジーキャッツの谷啓が、1950年末か60年代初期の『しゃぼんだまホリデー』やら『大人の漫画』などで連発していたギャグだから。
 当然、その時代に中学生活を送っていた私は、さっそくそれを自分の漫画のタイトルに採り入れたのだ。

 改めて眺めてみると、ギャグが実にシンプル。
 今のギャグ漫画はものすごく洗練されていて、普通だったら笑えないような場面から見事に笑いのネタをつかみ取ってくる。
 
 そういう感覚に染まった目でみると、上のような漫画には、やはり「昭和の匂い」を感じる。
 自分でいうのも何だけど …よく言えば、ほのぼのとしている。
 裏を返せば、あっけらんかんとして、たわいない。
  
 ▼ 下の漫画は、いつ頃描いたものなのか。思い出せない。
 「星新一の原作」ということになっているが、その原作がどういうストーリーなのか、それも忘れてしまった。
 たぶん、よっぽど面白かったのだろう。だから、話の筋に沿って漫画を描いてみようという気になったのだ。
  
 絵柄から判断すると、おそらく中学生の終わりごろか、もしくは高校に入ったばかりの頃。
 そして、… 私の常なのだが、最後のページは「つづく」で終わっている。
 「つづく」というのは、「もうこれを描くのは飽きた」という意味だ。
 
(1)                       (2)

(3)                      (4)

 
 
▼ 高校生の頃は、スケッチブックにこんな落書きも描いていた。
 これも “昭和チック” というか、時代を感じさせる無邪気なネタだ。
 昭和中頃の「笑い」というのは、こんなものだったのだ。
(1)

(2)

(3)

 
 
▼ 最近はこんなもんしか描いていない。(絵のタッチなんか、あんまり高校の頃から進歩がない)
 

 
 
 ▼ 下の漫画は、19歳か20歳ぐらいのときに描いたもの。
 1960年代末か、70年代が明けたばかりの頃だ。
 もろにビアズリーである。

(1)

(2)                   (3)

 最初の1ページ(1)などは、ビアズリーの絵をそのまま模写したものだし、中のストーリーは自分で考えようとしたが(途中で挫折したけど)、登場人物のデザイン、背景などはビアズリーの画集から、あちこちの場面を抜き出して寄せ集めた。
 
 1960年代の西洋美術において、ビアズリーの人気はすさまじかった。
 世の中が爛熟期を迎え、消費社会も快楽追求型の嗜好を強めていたから、ビアズリーの描くデカダンスに満ちた悪魔的な世界を受け入れる素地が育っていたのだろう。
 
 私がビアズリーのイラストに興味を感じたのは、コントラストを強調した白地と黒地のバランスの絶妙さ。
 グロテスクで淫蕩な気配を漂わせる人物たちのリアルさと、それとは対照的なグラフィックデザインのように抽象化された空間処理が新鮮だった。
  
 とにかく、20歳の頃は、ビアズリーの白・黒だけで構成されたコントラストの強い空間造形に魅せられて、自分の漫画にも意識的に採り入れた。




 
 こうして、改めて見ると、絵の下手さは隠しようがない。
 線にムラがあるし、人間の表情も稚拙。
 ただひたすらに、紙の白い部分を黒ベタで塗りつぶすことだけに執心していたようだ。
 でも、厚かましく、自作漫画の話は稿を改めて続けてみたい。

  

カテゴリー: 創作   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">