NO REPLY

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NO REPLY
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

 
 
 5月2日のエントリーで、引き出しの奥から出てきた自作漫画について触れた。
 あつかましくも、その続きをUPしてみた。
 もう40年以上も前に描いたものである。

 これは、『NO REPLY』というタイトルが付いた作品だが、これを40年ぶりに眺めてみて、最初はなんでそんな名を付けたのか思い出せなかった。
 でも読んでいくうちに、だんだん描いていた頃の意図がよみがえってきた。

 ストーリーは、公園で女の子をナンパした “チャラ男” が、彼女を喫茶店に連れ込み、夜の街を二人で散歩し、地下鉄の駅で別れるまでの半日を描いたもの。
 実に退屈な展開なのだが、むしろその “退屈” さに、今の言葉でいう「空気感」を漂わせたかったのだろうと思う。

 タイトルの『NO REPLY』。
 これはビートルズの歌から採っている。
 「応答なし」
 そういう歌の内容を、漫画のテーマに絡めたかったのだろう。

 さて、この2人は、次のデートに漕ぎつけられたのだろうか。
 最初の1ページに戻ると、男はスーツを着て、女はドレスを着ている。
 … ということは、2回目のデートが実現したわけだ。
 それに気づいたのは、自分でこの漫画をアップした後だった。
 描いた当初は、そんなことまで意識していなかったと思う。

 絵のタッチは、ビアズリーを意識した白黒のコントラストを強調したものだが、基礎的なデッサンすらやってこなかったので、人間や街の景色の造形は破綻しまくり。
 人体比率もめちゃめちゃで、平行線すら満足に取れず、第一、同一登場人物の顔が、コマが変わるごとに “違った人間” に見えるというのは致命的である。

 顔の描き方は、やはり60年代だなぁ … と思う。
 少年時代に『鉄腕アトム』とか、『月光仮面』の漫画を模写していた人間が描く「人の顔」である。

 下手さ加減を公開するのはかなり恥ずかしいことだが、どこにも投稿したことがなく、友だちにも見せたことがなかった作品なので、思い切って、ここで恥をさらしてみた。
 
  
参考記事 「蔵出し ! お宝(?)自作漫画 Ⅰ」
 
 

カテゴリー: 創作   パーマリンク

NO REPLY への6件のコメント

  1. 木挽町 より:

    いろんな才能があるんですね。感心しました。羨ましいです。感性が豊かなのが羨ましいです。合理性だけを追求したクルマ作りに携わっているので、製品に感性を挟む余地がないのがほんとうに残念です。最後の最後は感性が大切だと思うのですが。感性は経験や学習の積み重ねが多いほど豊かに育つと教わったことがあります。計算で分かることも大切ですが感性はもっと大切な気がします。

    • 町田 より:

      木挽町さん、ようこそ
      「才能」なんておっしゃられても、こちらとしては気恥ずかしいかぎりです。
      この漫画をアップしたあと、喫茶店で昼飯を食いながら、漫画誌のコンクール作品として掲載されていた素人の応募作を眺めていたんですが、そのレベルと比べてもお話にならない。
      にもかかわらず、温かいご評価をいただき、木挽町さんの優しさに触れた思いでした。

      「感性」というのは、“驚く力” だと思っています。
      自然の美しさに触れても、芸術作品のようなものに触れても、「わぁ、すごいなぁ !」と驚くことができるかどうか、というところに「感性の豊かさ」があるように感じます。
      ということは、“合理性だけを追求したクルマづくり” の中にも “驚き” はあるはずですよね。
      「ストラーダ」を語ってくれたリンクスの三原さんのお話のなかで、(省いてしまったエピソードですが)彼が国産車のなかで唯一手放しで誉めていたのが日産のGT-Rで、「こういう車は、速さを追求するメカへの新鮮な感受性がなければ創造できない」と語っていたことが印象的でした。

      私は、トヨタさんの広報に携わる仕事をしてきましたけれど、クラウンとアリストを同時開発された主査の方にインタビューしていたとき、彼が音楽や自然の風景(山登りが趣味の方でした)などに触発されることが車両開発ではとても重要だと述べていらっしゃったことが記憶に残りました。

      木挽町さんも、自動車に携わるお仕事をされていながら、音楽や演劇、自然の風景、美術のようなものへの関心度が非常に高い。
      それこそ、木挽町さんの豊かな感性を語りうる有力な証左ではないでしょうか。
       

      • 木挽町 より:

        「こういう車は速さを追求するメカへの新鮮な感受性がなければ創造できない」「音楽や自然の風景などに触発されることが車両開発ではとても重要」。全く同感です。お客様の購入動機のうちの感性の部分を確実に刺激できますね。なるほど。さすがプリンス自動車、トヨタ自動車です。一方で、物流を支えるトラックや建設機器、自衛隊車両、警察車両などは合理性のカタマリみたいなもの。感性のかけらもないのですが、無駄なものは一切ついてないという美しさみたいなものがあるかもしれません。ほとんど使わないオプションを満載したクルマが高級グレード車という設定にはどうも馴染めないという方々もいらっしゃると思います。漫画のテーマなのに話がそれてごめんなさい。

        • 町田 より:

          >木挽町さん、ようこそ
          >>「無駄なものは一切付いていないという美しさ」
          それをよく “機能美” と表現しますよね。
          これは面白い表現だな、という気がいたします。

          機能美というと、一般的には、四角四面で、無味乾燥な形体の中に「美」を見出すという意味なのでしょうけれど、しかし、何が本当の機能美なのかは、深く追求すると、なかなか面白いことが見えてくるようにも思います。

          たとえば、植物。
          美しい花を咲かせたり、美味しそうな果実を実らせたりすることは、植物が「美」を追求した結果ではなく、虫や動物を引き寄せて自分たちの生存率を高めようという意図から生じたものですよね。
          そういった意味で、きわめて “合理性” のカタマリであるようにも思えます。

          昔、映画の『エイリアン』を観ていたとき、宇宙船の中にまぎれ込んでいたアンドロイドの科学者が、エイリアンを観察して、「生きるためにあらゆる可能性を完璧に追及した完全無欠の生き物。究極の機能的存在」と表現していたことが思い出されます。
          我々観客にとって、あのオドロオドロしいグロテスクな生物も、科学者の目を通して見ると、「機能美」のカタマリだったのかもしれません(笑)。

          「物流を支えるトラック」、「建設機器」、「自衛隊車両」、「警察車両」なども、視点を変えると、ものすごく美しく見えてくるときがあるのではないでしょうか。
          たぶん、木挽町さんはそれに気づいていらっしゃるから、「感性のかけらもない、無駄なものは一切ついていない(車両にも)美しさみたいなものがあるかもしれません」と表現されたのでしょうね。
           

          • 木挽町 より:

            なるほど。そうか!「花」なんだ。気付かせて頂きありがとうございました。徹底的に無駄を省いて「花」にすると思うとモチベーションもあがりますね。ありがとうございました。

  2. 町田 より:

    >木挽町さん、ようこそ
    そうですね。
    花は人間の意識や欲望とは関係なく、ただ完璧なまでに合理性を追求したあげく、あのような形になっている、ということなのでしょうね。

    それを「美」と感じるか、無感動のまま眺めるかは、すべて人間の側の問題であるということかもしれまれせん。
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">