フロットモビール「シュピーレン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フロットモビール「シュピーレン」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 ここのところ、このブログでは「軽キャンピングカー」や「ナローボディーのバンコン」など、“小型キャンピングカー” について触れてきたが、実は、「軽」でもなく、「ハイエースのナロー」でもない、ちょうどその中間の大きさのキャンピングカーというものが存在する。

 それがトヨタのライト/タウンエースをベースにしたキャンピングカーで、その代表的な存在として、フロットモビールが開発している「シュピーレン」を挙げることができる。


 
 どんな車か。

 シュピーレンの謳い文句は、「今のジャストサイズ」。
 要は、
 「軽自動車では小さいけれど、ハイエースでは大きすぎるという人に、軽に近い取り回しとハイエースに近い居住性を同時に実現したキャンピングカー」
 というわけだ。

 全長は軽より長い4045mm。
 しかし、5ナンバーの普通車よりは短く、車高も1900mmしかないので、立体駐車場にも楽に収まる。取り回しが良いため、女性でも簡単に買物の足として使えると評判がいい。

シュピーレン 2人掛け仕様

 同車には、大きく分けて二つのレイアウトがある。
 その一つが、「2人掛けバタフライシート仕様」。

 これは、コンパクトボディの中に、定員4人が前向きに乗車できるシートを備え、大人2人がゆったり寝られるフロアベッドを持つというという特徴を持っている。

 リヤには子供用2段ベッドを設定することも可能で、夫婦2人でもファミリーでも使えるというのがメリット。
 後部シートを跳ね上げれば、そこに豊かなカーゴスペースが出現。スキー、自転車、サーフボード、ペット用のケージなども収納できるようになっている。


 
 このサイズで、これだけの充実したキャンパー機能を備えた秘密とは何か。
 それは、ずばりこの車が、4ナンバー(小型貨物)登録の車両となっているからだ。
 要するに、キャンピングカーの構造要件を満たす必要がないので、流し台などを無理に付ける必要もなく、その分ベッド面積を最大限広げることも可能となり、車高もノーマル車のままでOK。

 ただし、初回車検は2年、その後は毎年車検となる。
 それを面倒と感じる人もいるかもしれないが、自動車税などは安くなるので、むしろメリットの方が大きい。

シュピーレン3人掛け

 シュピーレンには、上記の「2人掛け仕様」のほかに、「3人掛け仕様」が存在する。
 これは、3人掛けバタフライシートの設定することによって、普通車ならではの5人前向き乗車を可能にしたバージョンだ。

 特注によるセカンドシートの幅は1300mm。3人座ったときにもたっぷり余裕が取られていることが特徴となっている。
 2人掛けに比べ、若干シートスライドとベッド展開がしづらくなっているが、代わりに普段使いや長距離移動はそうとう楽になっている。

 このシュピーレンには、実に斬新なアイデアのオプションが用意されている。

 それが、「リヤ拡張ボックス」。
 要は、バックドアのガラスを外し、そこにFRPパネルを装着。このパネルを跳ね上げると、ベッド長1600mmという縦向きベッドが延長できるようにしているのだ。
 これにより、コンパクトなライトエースのベッドスペースを大きく広げられるようになったといっていい。

 このアイデアを思いついたフロットモビールの高森裕士代表は語る。


 
 「シュピーレンは取り回しの良さを評価されているキャンパーですが、やはりベース車の居住性が十分でないという弱点はあります。
 それを解消する手段として、ポップアップルーフなどもあるのですが、ポップアップルーフを装着すると費用もかかります。
 そこでリヤのガラスを外し、ベッドを延長できるシステムを考えてみました。ベッドとして使わない場合は、収納スペースとしても使えます」
 

 このように駐車場に止めたままリヤ拡張ボックスを展開しても、全長が4700mm以内に収まっているところがミソ。
 つまり、伸ばした状態でも、標準ハイエースの全長と変わらないのだ。


 
 もちろんこのリヤ拡張ボックスは他のシュピーレンにも装着できるので、オプションとして選べば、シリーズ全車の居住性が向上することになる。後付けも可能なので、ファミリーで使う場合は、子供が小さいうちはノーマルで。子供が成長してからは拡張ボックスを装着。そんな自在な使い方が楽しめるようになる。

 ユニークなアイデアと、取り回しの良さでひときわ魅力的な輝きを持っているシュピーレン。
 この車の語源はどこから来たのか。

 「 “シュピーレン” とはドイツ語で、“遊ぼう、楽しもう” という意味の言葉です。そのネーミングどおり、街乗りを得意とするサイズながら、週末の旅行やキャンプでは十分にお楽しみいただけるクルマです」
 と、高森代表は語る。

 以下、主要装備および価格は下記の通り。

シュピーレン2人掛け
全長4040mm 全幅1660mm 全高1980mm
乗車4人 就寝2人

■標準装備 (一例) 
断熱対策(ルーフ・サイド)/エンジンカバー静音対策/後部サイド生地張り/床ロンリューム仕上げ/2人掛けバタフライシート/後部折りたたみ式ベッド/左後部カウンター/ミニシンク&排水タンク5㍑/右リヤガラス部ラック/サブバッテリー105Ah/走行充電システム/100V充電器&外部入力コネクター/バッテリープロテクタ&電圧計/蛍光灯&スポットライト/シガーライター/100Vコンセント/ハンガーパイプ/荷物吊り下げ用フック 他
■オプション (一例)
子供用2段ベッド/FFヒーター/換気扇/遮光プリーツカーテン/サイドオーニング/リヤスピーカー/ナビゲーション&オーディオ/ヒッチメンバー/100wソーラーパネル/インバーター/バックアイカメラ/ポータブルトイレ/E-KLASSE(イークラッセ)仕様=12V電子レンジ&12V冷蔵庫 他
■ 価格例 
MT 2WD 2,846,000円/4WD 3,058,000円
AT 2WD 2,934,000円/4WD 3,146,000円
……………………………………………………………………………
シュピーレン3人掛け

全長4045mm 全幅1665mm 全高1980mm
乗車5人 就寝4人

■標準装備 (一例) 
断熱対策(ルーフ・サイド)/エンジンカバー静音対策/後部サイド生地張り/床ロンリューム仕上げ/3人掛けバタフライシート(ISOFIX対応)/横向き2人掛けシート/後部折りたたみ式ベッド/左後部カウンター/ミニシンク&排水タンク5㍑/右リヤガラス部ラック/サブバッテリー105Ah/走行充電システム/100V充電器&外部入力コネクター/バッテリープロテクタ&電圧計/蛍光灯&スポットライト/シガーライター/100Vコンセント/ハンガーパイプ/荷物吊り下げ用フック 他
■オプション (一例)
リヤ拡張ボックス(断熱材組込拡張テント仕様)/FFヒーター/サイドオーニング/リヤスピーカー/ナビゲーション&オーディオ/85wソーラーパネル/インバーター/バックアイカメラ/ポータブルトイレ/12V電子レンジ/薄型35㍑冷蔵庫 他
■価格例(税込)
MT 2WD 2,888,000円/4WD 3,100,000円
AT 2WD 2,976,000円/4WD 3,188,000円

フロットモビール HP → http://flott-m.com
  
 
「キャンピングカースーパーガイド2015」 発売中
定価 700円+税 756円


 
発売 日版IPS 東京都文京区湯島1-3-4 TEL:03-5802-1859
発行 自動車週報社 
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">