キャンピングカー装備の一番人気はFFヒーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャンピングカー装備の一番人気はFFヒーター
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 一般社団法人日本RV協会(JRVA)が、この10月5日に公表したプレスリリー スによると、「キャンピングカーユーザーが一番便利だと思ったキャンピング カーの装備品」は、「FFヒーター」であるということだった。
 
 この調査は、8月18日から9月17日にかけて日本RV協会のホームページに寄 せられた約450人のユーザーアンケートを集計したもので、調査期間が主に夏 場であったにもかかわらず、「装着して一番良かった装備」の筆頭に、冬場に 使う暖房器具の「FFヒーター」(24.2%)が挙がり、2番目は「冷蔵庫」 (15.7%)であったという。

 ちなみに、人気装備品のベストテンは次のとおり。

 ① FFヒーター 24.2%
 ② 冷蔵庫 15.7%
 ③ トイレ(ポータブル&カセット) 12.1%
 ④ ルームエアコン 10.8%
 ⑤ ソーラーシステム 10.3%
 ⑥ バックアイカメラ 8.1%
 ⑦ カーナビゲーション 4.0%
 ⑧ 電子レンジ 3.1%
 ⑨ 2段ベッド 2.0%
 ⑩ インバーター 1.8%
 
 このアンケート調査では、続いて「2番目に便利だと思った装備品は何か ?」という説明を設けている。
 ここでも、上位にあがったのは「FFヒーター」(23.9%)と「冷蔵庫」 (12.0%)で、その順番も回答率も設問の1とほとんど変わっていない。どう やら、「FFヒーター」と「冷蔵庫」というのは、キャンピングカーの人気装備 の “双璧” ということになりそうだ。

 近年注目されている「ルームエアコン」についてはどうだろうか。
 ここ数年、キャンピングカー用エアコンとして家庭用のセパレートエアコ ンが普及してきており、その装着率も年々高まっている。
 
 しかし、ルームエアコンの人気は、設問1の「一番便利だと思ったもの」 では、4番目(10.8%)。
 設問2の「二番目に便利だと思ったもの」では6番目(7.2%)と、思った ほど上位には上がっていない。

 このことについて、リリースでは、
 「現在ルームエアコンを装着できるようなキャンピングカーがある程度の 高額価格帯に属していたり、またサイズも大きめの車が主流を占めるというこ となどから、それほど装着率が高くないことを反映しているのかもしれない」
 と説明している。

 また、同調査では、「キャンピングカーユーザーがあまり使用していない装 備」というものも調べている。

 それによると、次のような順になった。

  ① シャワー設備 26.2%
 ② トイレ(ポータブル&カセット) 18.5%
 ③ 電子レンジ 11.7%
 ④ サイドオーニング 11.1%
 ⑤ 発電機 6.2%
 ⑥ ルームエアコン 4.0%
 ⑦ サイクルキャリア 3.7%
 ⑧ 2段ベッド 3.4%
 ⑨ 冷蔵庫 3.1%
 ⑩ ポップアップルーフ 3.1%

 シャワー設備は、輸入車などではかなり装着率の高い装備品ではあるが、日 本の場合は、全国のどこに行っても「立ち寄り湯」などが整備されており、ま た、たいていのキャンプ場にもあるため、キャンピングカーの装備品としては 、あまり重要視されていないということなのだろう。

 面白いのはトイレである。
 トイレは、「一番便利だと思った装備」で3番目(12.1%)にランクされて いるにもかかわらず、「使わない装備」でも2番目(18.5%)に挙がっている 。使う人と使わない人が極端に分かれるアイテムだ。

 同リリースではその理由を、次のように説明する。

 「“トイレが要らない” という理由の一つは、日本では道の駅、高速道路 のSA・PA、コンビニ、ファミレスなどには必ずトイレがあり、旅行中にそれほ ど不便を感じないこと。もう一つは、限られたキャンピングカー内ではトイレ スペースに場所を割くよりも2段ベッドや収納庫などの方が優先順位が高いと 判断する人が多いことを反映しているようだ。
 また逆に “トイレは便利” という意見には、昨今シニアユーザーの比率 が増え、夜間など、いちいち車外のトイレに出るのが面倒という認識が広がっ てきたこと。小さな子供がいる家族の場合は、夜間に車外のトイレまで行かせ るのは不安だという親の気持ちが反映しているものと思われる」

 ちなみに、『キャンピングカー白書2014』においては、トイレ設備を持つキ ャンピングカーの比率は61.5%とのことであった。

 最後の設問では、「現在は装着していないが、今後装着を予定しているもの 。または今後キャンピングカーを買う場合はぜひ装着したいもの」というもの をユーザーに尋ねている。

 その結果は、次のとおり。

  ① ルームエアコン 27.0%
 ② リチウムイオンバッテリー 20.1%
 ③ ソーラーシステム 15.8%
 ④ サイクルキャリア 7.8%
 ⑤ サイドオーニング 5.7%
 ⑥ 電子レンジ 3.7%
 ⑦ FFヒーター 3.2%
 ⑧ 発電機 3.2%
 ⑨ トイレ 2.9%
 ⑩ シャワー設備 2.3%

 1位は「ルームエアコン」(27.0%)。
 これは「便利だと思った装備」で はそれほど上位には挙がらなかったが、逆にいえば、まだ未装着のユーザーが 多いことを示しており、今後は増え続けていくことを予感させる。
 
 注目したいのは、2番目の「リチウムイオンバッテリー」(20.1%)。
 同リリースの分析によると、
 「(リチウムイオンバッテリーは、)まだ商品化されて間もない装備品で あるが、AC電源の供給を受けられない環境でも、バッテリーだけでルームエア コンなどの電装品を長時間駆動できることを謳っているもので、その話題性に よってユーザーの注目度が高いことが判明した」
 とのこと。

 今後キャンピングカーを買おうと考えている人たちには興味深いデータであ ると思うが、詳しくは下記(JRVA公式ホームページ)の「協会ニュース」を。
 
http://www.jrva.com/
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">