ミニチュアクルーズ ユーザー取材記

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ミニチュアクルーズ ユーザー取材記
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
キャンピングカーユーザーたちの肖像 4

― 岡モータース ミニチュアクルーズ 

池田洋志さん・池田育子さん
 
 
 軽キャンピングカーには、「どんな駐車場にも入れる」、「維持費が安い」、「スタイルが可愛い」など、さまざまな特徴がある。
 しかし、普通サイズのキャンピングカーに比べて、「車内が狭いので、窮屈な思いをするのではないか?」という疑問を感じる人もいるかもしれない。
 
 そんな疑問を打ち消すように、軽キャンピングカーの機動力を生かし、毎月気楽な旅行を楽しんでいらっしゃるご夫婦と知り合った。

 愛車は岡モータースの「ミニチュアクルーズ」。
 「キャンピングカープラザ東京」のユーザーミーティングに参加された池田洋志さん・池田育子さんのキャンピングカーライフを紹介したい。

【町田】 そもそも、軽キャンピングカーを購入された動機は何だったのですか?
【池田夫人】 あまり大きい車は要らないと思ったんですよ。もう旅するのも二人っきりですからね。

【町田】 以前にもキャンピングカーを?
【池田】 いえ、キャンピングカーははじめて。でも旅行は好きだったので、軽のワゴンの床に布団を敷いて、犬と一緒に旅をしていました。もう30年ぐらい前かな。やっぱり犬がいると、ホテルに泊まれなかったんですよ。昔は今みたいに犬と一緒に泊れるようなホテルがありませんでしたから。

【町田】 じゃ、ペットと同伴旅行をするために、キャンピングカーを買われたというわけですか?
【池田】 いえ、その犬はもう亡くなってしまって、車で寝泊まりする必要もなくなったんですけど、倅(せがれ)が「幕張で大きなキャンピングカーショーがあるから、一緒に行くか?」と誘ってくれたんですね。倅がキャンピングカーが欲しいと言いだしたから、それでお供することになったんです。

【池田夫人】 そうなの。最初は買うつもりはなかったの(笑)。
【池田】 まぁ、キャンピングカーとはどんなものか見に行くか … 、ということでショーに行ったら、会場にこの岡モータースさんの車が展示してあったんです。
【池田夫人】 うちは駐車場の関係であまり大きいのは置けないから、もし買うとしたら小さいのしかないと思っていたら、これが目の前に現われたのね。

【町田】 でも、幕張のショーぐらいの大きなイベントとなると、いろいろな軽キャンピングカーが出ていたはずですが、そのなかで、この車を選ばれた理由は?

【池田】 外観が、(普通の軽自動車と比べて)変化がない。
【池田夫人】 そう。変化がないのが良かったんです。買い物とか普段使いができるでしょ。
【池田】 それでいて、旅行やキャンプもできる車だから、買うなら、これがちょうどいいかな … と。
【池田夫人】 買い物に行っても、派手派手しいのは恥ずかしいからね(笑)。

【池田】 なるほど。周囲の人に、「あ、キャンピングカーだ!」って言われちゃうのが恥ずかしい … と。
【池田夫人】 小さいけれど、これでけっこう荷物も入るしね。買い物が好きだから、旅に出るといっぱい買い込んでくるんですよ。それが旅の楽しみね。

▼ 「けっこう荷物が入りますよ」と、池田夫人

【池田】 でも、(この車は)注文してから、室内をけっこう贅沢に作ってもらったんですよ(笑)。
【池田夫人】 そうなの。ライトなども、すごく明るいものをたくさん付けてもらいましたしね。

【町田】 これで、年にどのくらい旅行されますか?
【池田】 毎月旅行していますね。
【池田夫人】 4~5日前(シルバーウィーク)には、大洗まで2泊3日で行ってきました。

【池田】 実は、まだ長距離旅行ができないんですよ、普段は孫の面倒を見ているから。そのため、10日~20日という長い休みが取れないんですよ(笑)。
 孫の親が休みのときは親が面倒を見るので、私たちも旅ができるんですけれど、それでも、4日~5日ぐらいかな。

【町田】 じゃ、リタイヤされたといっても、勤め人と同じですね(笑)。
【池田夫人】 だから連休となると、孫の面倒を親たちに任せて、ようやく私たち夫婦で予定を組んで、2泊3日ぐらいの旅に出るわけです。

【町田】 すると、一番遠いところに行かれたのはどこになりますか?
【池田】 東北をぐるっと回ったことがありますね。
【池田夫人】 そのときは、9泊10日。
【池田】 お盆の頃に、ようやく連休が取れたんですね。
【池田夫人】 その旅では、岩手の方から、ずっと福島の方に降りてきて、茨城を回ったり。房総に出たり。
【池田】 あとは能登の方にも行きましたね。

【町田】 奥様も運転されるんですか?
【池田夫人】 私はしないのよ。もっぱら隣に乗るだけ。だから(旦那さんを)頼りにしている(笑)。
【池田】 「年とって、俺がハンドルを持つ気にならなくなったら(旅も)おしまいだよ」とは言っているんですけどね(笑)。

【町田】 失礼ですけど、お年は?
【池田夫人】 主人は72。私は74。年上なのよね(笑)。
【町田】 えぇ !? 見えない !! お二人とも60代の後半ぐらいに思いましたけれど。
【池田夫人】 みんなにはそう言われるけれど、もう年寄りなんです(笑)。
 でも、白髪は一回も染めてないですけどね。
 とにかく、2人とも家にじっとしているのが嫌なのね。だから、なんか用事を作って出かけています。そういうときに、こういう車は便利ですね。

【町田】 泊るところはどんなところが多いですか?
【池田夫人】 一般道を走っているときは道の駅。高速道路だとサービスエリアなどかな。

【町田】 そういうときのお食事は?
【池田】 一般道路の場合は、イオンみたいな地元のスーパーで地元の食材を見つけて買い込んできて、車の中にビールを冷やしておいて、中で晩酌。
【池田夫人】 夜になったら、車内の電気を付けて、食材をテーブルに並べて … 。あんまり煮炊きはしないですよ。もうそのまま食べられるお惣菜を買い込んできて。

【町田】 そのときはベッドを作らずに?
【池田夫人】 いえ、もうベッドを作っておいて、低いテーブルを置いて、御座敷にいるように座ったり、あぐらをかいたりして、飲んだら、テーブルをちょっと脇にどかして、もうそのまま即寝る。一番それが楽です。

【町田】 ベッドは広いですか?
【池田夫人】 足を精一杯伸ばして寝ても、真ん中がまだ若干空くの。すごく楽ですよ。ゆったりしているから。
 で、昼間があまり暑いときは、日帰り温泉に寄って、汗を流して。
【池田】 道の駅でも温泉が付いているところもあるでしょ。そういうところの温泉に入って、もう走る気がなければ、「今日はここを “ホテル” にしょうよ」と(笑)。

▼ ミニチュアクルーズ ベッド状態 (ホームページより)

【町田】 この車で、「ほかに、こういう装備が付いていれば便利だろうな」などと思われたものがありますか?
【池田夫人】 そうですねぇ …… 。(旦那さんに向かって)そんなに困ったということはないよね? アイスボックスも買ったし。あと、持ち運びのできる温冷蔵庫も買ったんですよ。そういうので、だいたい間に合いますね。
 それに、この車は水道設備が中でも外でも使えるので、なかなか便利ですよ。棚もたくさんあって、食器なども入れられるし。

【池田】 あと難をいえば、テレビを付けたんですけど、道の駅でも辺鄙(へんぴ)なところにある道の駅はテレビが映らないんですよ。だからほとんどテレビを使わない(笑)。
【町田】 ああ … 。アンテナの種類とか受信場所によって、使えるか使えないかという問題は常に発生しますよね。DVDとかブルーレイを見るだけと割り切っている人もいらっしゃいますけどね。

【池田夫人】 DVDならいつも見てます。
【池田】 でも、テレビのニュースを見たいよね。
【池田夫人】 まぁ … ニュースを見たいときは、エンジンをかけてカーナビのモニターを使ってテレビのニュースを見ますけれどね。

【町田】 現在は、2泊~3泊程度の旅でしょうけれど、お孫さんが大きくなられて、手が離れることになったら長距離旅行もできますね。
【池田】 鹿児島に行ってみたいと思っているんですよ。女房の実家だから。
【池田夫人】 あ、そうそう。そうなったときは、鹿児島と北海道だけは何がなんでも行かなくちゃね … とはお互いに言い合っている。
【町田】 楽しみですね。

【池田】 それをいつやれるか … 。
【池田夫人】 孫ももう中学になるから、そのときは手が離れるでしょうからね。
【町田】 それが楽しみですね。末永くお元気で旅を続けられてください。
  
  
▼ 「キャンピングカースーパーガイド2015」 発売中
定価 700円+税 756円
発売 日版IPS 東京都文京区湯島1-3-4 TEL:03-5802-1859
発行 自動車週報社 


  
※ 「キャンピングカープラザ東京」のブログに、『キャンピングカースーパーガイド2015』 をご紹介いただきました。
( ↓ )
http://campingcar-rv.com/tokyoblog/?p=8924
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

ミニチュアクルーズ ユーザー取材記 への2件のコメント

  1. 北川 博光 より:

    私たち夫婦も、ワンコ二匹つれて
    ぜひミニチュアクルーズ旅を
    してみたいです。

    • 町田 より:

      >北川 博光さん、ようこそ
      ニチュアクルーズはほんとうにすごい人気ですね !
      やっぱり説得力のある作りになっています。
      軽キャンピングカーの模範のような1台です。
      ぜひ、素敵な旅をご体験ください。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">