白子ラクダの国

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 白子ラクダの国
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
さびしくも美しいラクダのパラダイス
 
 
 テーマパークというと、誰でも真っ先に浦安の「東京ディズニーランド」や、大阪の「ユニバーサルスタジオ」などを思い浮かべるはずだ。

 その二つは、それぞれ人気もあり、集客力もすごい。
 ドキドキ、ワクワク、ルンルン。
 華やかで、ゴージャスで、スリルもあり、およそ人間が熱狂できるすべてのものがてんこ盛りになっている。

 しかし、私なんかの場合は、あまりそういったものに興奮しない。
 年を取ったから、… というわけでもなく、昔からそうだった。
 ヘソ曲りの性格なのかもしれない。
 人が見捨ててしまったような、さびしいテーマパークの方が好きなのだ。
 
 そういう自分の嗜好で “心のアルバム” を開いてみると、一番先に浮かんでくるのが、「白子ラクダの国」なんである。

 「聞いたことがない」という人が大半だろうな。
 気になって、さっきネットで探してみたが、廃園になって久しいらしく、詳しい情報がほとんどない。(当然、かつて訪れた人のレビューらしきものもない)

 施設のあった場所は、千葉県・外房の“波乗り道路”(九十九里有料道路)の白子インターから降りたところだった。
 千葉県・長生郡白子町のHPを開いて、町の歴史のページをたどってみると、「昭和50年 6月 ラクダの国開園」と、そっけなく1行載っているだけで、その後どうなったのかは、もう触れられていない。

 昭和50年(1975年)というと、40年も前の話だ。
 世でいう「テーマパーク」が日本に続々と誕生してきたのは、1990年代に入ってからだから、70年代に作られたこの施設は、もちろんそんな言葉で呼ばれるわけもなく、単に「遊園地」と言われていたのだろう。

 どんな遊園地か。
 砂漠に見立てた砂浜で、ラクダの引く荷車のような物に子供を乗せて楽しませるという施設である。
 ほかに、どんな見世物があるのか。
 ラクダ以外の生き物としては、ヤギもいるという。

 ラクダとヤギを見せることがメインの施設のようだから、だんだん飽きられて、観光客も次第に減少していったのは容易に想像できる。
 そして、町の記録にも残らないほど、ひっそりと幕を閉じたのだろう。

 私がここを訪れたのは、1983年である。
 雑誌の「観光スポット紹介」という企画で、外房エリアの取材地の一つとして、撮影に行ったのだ。
 
 その日、外房でサーフィンを楽しむ若者たちを撮影し、「Goddess」の千葉店を取材した後、「鴨川シーワールド」、「行川(なめかわ)アイランド」に寄り、最後の目的地である「白子ラクダの国」を目指して、陽が西に傾き始めた九十九里有料道路を走っていた。

 それにしても、千葉になぜラクダが?
 おそらく、そこから近い御宿の町が、童謡の『月の沙漠』の発祥の地だとされていたからだと思われる。

 1932年に録音されたという加藤まさを作詞・佐々木すぐる作曲のこの童謡を、現在知っている人がどれくらいいるのだろうか。

  ♪ 月の砂漠を はるばると
    旅のラクダが 行きました
    金と銀との くら置いて
    二つならんで 行きました

 2頭のラクダに王子様とお姫様がそれぞれ乗り、
 「おぼろにけぶる月の夜に、砂丘を、とぼとぼと越えて進んでいく」
 と歌詞は伝える。

 いったいどういう状況が語られているのか、幼い頃さんざん聞いた歌ながら、私には、いまだにこの2人が砂漠を越えて行く理由が分からない。
 
 王子様とお姫様なら、ふつう護衛の兵がいっぱい付くだろうに。
 … ということは、
 逃避行なんだろうか?
 駆け落ちか?
 
 よく分からん。
 とにかく、歌からは、ロマンチックなものより、心細さの方が伝わってくる。
 王子様とお姫様が、あまりにも仲良さそうに歌われているため、その先に待ち構えている不幸が想像されそうな気がするのだ。

 途中で強盗団などに襲われても、この王子様はあんまり強そうに思えないし。
 それに、「金のくら」と「銀のくら」をこれ見よがしに露出させたまま旅するなんて、この2人には危機管理意識がなさすぎる。

 それでもこの歌は、「世代を超えて支持される歌の一つとなっている」(Wikipedia情報)ということで、御宿や白子町では、ご当地ソングとして尊重されていたようだ。
 要するに、この界隈の「町おこし」のテーマソングだったわけだ。

 う~ん …… だとしても、それが理由で「生きたラクダを展示する」というのは、発想にヒネリがない、と思わないでもなかった。

 「とにかく行ってみるべぇ」

 波乗り道路の左には沈みかける夕陽、右は昇りかける月。
 ほぼ一直線の単調な道が、右左に分かれる「夜」と「昼」の間をぬって、どこまでも続いている。

 白子インターで降りる。
 が、この近辺の重要な観光スポットであるはずなのに、案内板らしきものが一つも見当たらない。

 ヘルメットを被って道路工事をしていたお兄ちゃんに尋ねてみる。

 「うん? 白子ラクダの国? …… もしかしたら、あっちの方にある建物がそうかなぁ」
 兄ちゃんも自信がなさそうだ。

 言われるままに、車が一台も通った跡のない灌木まみれの砂地を走り続ける。
 やがて、荒涼とした埋め立て地のような場所が現われた。
 その片隅には、錆びたブルドーザーがうち捨てられており、その向こうに、朽ち果てたアラビア風の屋根を持った建物が見えてきた。

 「いやぁ、これはもう立派な廃墟だ」
 もし、ただ遊びで来ただけなら、その光景を見ただけで引き返していたかもしれない。
 でも、仕事が目的。
 それに、好奇心も湧く。


 
 さらに前に進む。
 ますます怪しげな建物に見えてくる。
 車を降りて、徒歩で近づく。
 やせこけた小さなヤシに、半分錆びついた自転車が一台。
 切符売り場には人影もない。
 
 「あんた、お客さん?」
 ややあって、ゴム長をはいた背の低いオジサンが切符売り場とは反対の方向からにゅっと顔を出した。

 「営業しているんでしょうか?」
 「ああ、やっているよ、いろいろ見ていくかい?」
 … と言われても、“いろいろ” といえるほどのものが揃っているわけではない。
 切符売り場の裏手に、縄につながれたラクダが2頭。あとはヤギとロバ。
 その横には、倉庫のような建物。

 それだけ。
 これで、入場料を取るのだろうか?

 「はい、大人300円」
 オジサンは、(なぜか)片手にスコップを持ち、空いた片手でグイと入場券を突き出す。
 料金と引き換えに手渡された入場券は、しわしわに汚れ、おまけに砂がこびりついていた。

 とりあえず、カメラを掲げて、バシャバシャとラクダを写す。
 「あんた、仕事かね?」
 私の背中越しに、のんびりとオジサンが話しかけてくる。
 「はい、観光ドライブ記事を書いている者ですけど」

 そう言うと、オジサンは親しげに私の隣に並び、
 「今日はあんたが最初のお客さんだよ」
 という。
 “言われなくても分かってますよ … ” という言葉を呑み込んで、オジサンの話に耳を傾ける。

 「昨日は、青森から来たという親子連れ一組だけだったな」
 人ごとのように、淡々と語る。
 「でも、あんたは運がいいよ。混んでないから自由に写真が撮れるしな」
 …… 冗談なのだろうか。
 この施設が、混むなんてことがあるのだろうか?

 黙って視線を向けたオジサンの顔に、人なつっこい笑顔が浮かぶ。
 人なつっこいのはオジサンだけでなく、ラクダやヤギも珍しそうにこっちを見ている。
 時が止まったような、静かな空気が流れていく。

 ラクダの隣には、椅子を並べた荷車のようなものが、砂に埋もれている。
 それを指し示しながら、オジサン、
 「あの車をラクダが引いて、子供たちが乗って騒いだときは、ここはほんとうににぎやだったんだ」
 と、遠くを見るような目でつぶやく。

 「今、人を乗せることのできるラクダはもう一頭だけだが、そいつもトシでね。それが死んだらここも閉鎖だね」

 煙草をくゆらしながら、そう語るオジサンの目は、超然と時の流れを見つめるラクダの目とそっくりだ。

 「ここは食事もうまいと評判だったんだよ」
 今度は、切符売り場の奥にたたずむ廃墟を指し示す。
 レストランだったという。
 それが、うち捨てられた工場のように腐り始めている。

 陽が落ちかけて、建物の影が次第に長くなる。
 空漠たる風が砂丘に風紋をつくる。
 視界100メートルだけのアラビア砂漠は、今日も何事もなかったように暮れようとしている。
 ラクダとヤギを撮り終わると、もう写真に収めるものがない。
 
 「このお仕事長いんですか?」
 聞くことがないので、そんなことを尋ねてみる。
 
 それには答えず、オジサン、
 「好きじゃなきゃ、こんなことできねぇよ」

 捨てばちのような響きを持った言葉には、この施設に対するかすかな愛着が滲み出ていた。

 「またきなよ」
 そう言って、オジサンは、煙草の吸殻で砂浜を汚さないように、そって手でもみけしてポケットにしのばせた。

 
 「白子ラクダの国」を出て、再び波乗り道路に乗る。
 窓から流れ込む風が、さすがに冷たさを増している。
 ラジオのジャズが切れぎれに耳にとどく。

 車を走らせながらも、オジサンとラクダたちの人なつっこい顔が脳裏を離れない。
 
 たぶん、あのさびしさの中には、“詩” があったのだ。
 時代に置き去りにされたものが、静かに「終わり」を待っていることの寂寥感が、無性に詩心を刺激する。

 今はさびれても、かつては子供たちを楽しませたという記憶を温めながら、誰も来ない場所で、ひたすら客を待ち続けるオジサンとラクダ。
 彼らにとって、人を待ち続ける1日は、どのくらいの長さに感じられるのだろうか。
 身勝手な「旅人」である私には、そのへんの感覚がつかめない。

 蒼茫と暮れゆく外房の海。
 夕陽が、淡々と前に広がる道路を染めていく。
 
 
一人旅シリーズ
 
キャンピングカー旅行で「失われた旅情」を発見

「どうにかなるさ」
 
「キャンピングカーと風景と音楽の相関関係」
 
「さすらいの大工」
   
 

カテゴリー: コラム&エッセイ, 旅&キャンプ   パーマリンク

白子ラクダの国 への15件のコメント

  1. 木挽町 より:

    なんか笑えて、さみしい感がいいですね。キャラバンサライみたい。

    • 町田 より:

      >木挽町さん、ようこそ
      「笑い」と「ペーソス(悲哀)」は、喜劇の根幹をなすものとかよく言われますよね。
      >>「笑えて、さみしい」という言葉は素直にうれしいです。
       

      • 木挽町 より:

        こういうB級?(と言っては失礼かも)スポットの記事。楽しみにしています。お仕事柄、あちこちいろいろとご存知なのでしょう。煩わせるつもりはありませんが、ファンとして記事を楽しみにしております。

        • 町田 より:

          >木挽町さん、ようこそ
          大量宣伝で集客力を高めるウルトラA級スポットよりも、ひっそりと開いているローカルなB 級観光スポットの方が面白いという人はけっこういるみたいですね。

          その面白味というのも、いろいろな見方に分かれるようです。
          「つつましやかな風情があって癒される」というものから、「突っ込みどころが満載で笑える」というものまで、人によって楽しむ観点は違うみたいです。

          地方に突然登場する巨大な観音像なんかに出合うと、敬えばいいのか、驚いた方がいいのか。なんとも珍妙な気分になって、私はそういうのが好きです。

          ただ、いずれにせよB 級観光スポットを楽しむためには、その見学者の感性やら想像力が試されそうです。
          それがないと、ウルトラA級に比べて、どこもみな刺激のない古風で退屈な施設に思えるだけのような気もします。
           

  2. ようこ より:

    町田さん こんにちは

    先だって久しぶりにタバコ屋でキャメルを見つけて
    あ~ まだあるんだって思った
    若い頃は 雑誌の影響なのか あの駱駝のパッケージにちょっと渋い男の
    イメージを重ねていましたが、実際に喫ってる人を見たことがありません。

    え~と、ずうっと駱駝のこぶには水がたまっていると云う迷信を信じていたので
    あのこぶが脂肪で 水分は血液中に多いのだと聞いた時にヘエ~ × 10でした。

    さびれてしまった遊園地の人なつこい老いた駱駝、ほんと、
    このお話はちょっぴり笑えてさみしい。

    • 町田 より:

      >ようこ さん、ようこそ
      「キャメル」という煙草は、ちょっと苦いんですよね。
      トルコ産の葉が使われているという話を聞いたことがあります。バージニア系の葉が使われる甘い「ピース」なんかの対極にある味ですね。
      香りはいいんです。
      でも、煙を吸ったときに、舌の上に焚き火が燃え上がったような感じ。
      だから吸っている人が少ないのかもしれません。

      駱駝って、見ていると面白い形をしていますよね。
      あのコブのせいか、軽快な走りが得意でないように思えますが、走るとけっこう速いんですね。
      昔、『アラビアのロレンス』という映画を観ていたら、馬に乗っていたアラブの兵士たちと一緒に、駱駝部隊が負けじと走っていたのを見て、びっくりしました。
       

  3. Take より:

    ご無沙汰をしております。
    僕も「お金を払う代償に遊んでもらっている」テーマパークは好きじゃあありません。なんだか札束でほっぺたをはたきながら、ほれ金をやるから楽しませてみろ、って感じで、向こうも、てやんでぃ、こちとらプロでぃ。絶対楽しませてやる的な感じを秘めながら、お互い大人の笑顔で対応、って感じのような気がします。
    自然はいくらお金を積んでも雨の時は雨だし、出たとこ勝負の中どう対応するかが、自分の感性やスキルのような気がして…。
    らくだもしかり、茨城にはダチョウ王国があったりと珍しい動物で売っている施設も数多くあります。
    津久井にある服部牧場は、ディキャンプしているテーブルの下に動物が来たりする「自然さ」がおもしろかったです。

    • 町田 より:

      >Take さん、ようこそ
      さすがに、良いことをおっしゃる。

      >>「自然はいくらお金を積んでも、雨のときは雨だし、出たとこ勝負の中でどう対応するか、自分の感性やスキルのような気がして」

      まさにその通りですね。
      旅をほんとうに楽しめるかどうかは 最後はその人の感性やスキルに尽きると思います。
      特にキャンピングカー旅行の場合は、それがはっきり現われるように思います。

      相手が動物の場合もそうですね。
      こっちがいくら仲良くしようと思っても、相手はお腹がすいて、エサを待っているときかもしれないし、「可愛がるならエサをくれ」と無愛想なこともあるでしょう。

      「自然はけっして人間の思う通りには反応してくれない」
      だからこそ、それを相手にするときは、感性もスキルも要求されるだろうし、それが実ったときの充実感・達成感も得られるのだろうと思っています。
       

  4. Get より:

    今日は。

    早速この童謡を検索してウルトラ答えにヒットしました。
    これを一読したら、幼い頃よりの疑問が解けました。
    金の鞍も銀の鞍も、月も星も、二人はどこへ?も全て意味があったんですね。

    それにしても、この詩の真意を子供の心に印象を残すのには少し重すぎです。
    それで謎々のように綺麗な言葉が連なります。
    それでは何か、この謎に満ちた描写が子供心の想像力を掻き立てるに十分なのか?
    或はサッパリ意味不明のままで、心の隅に記憶された幼い頃の童謡の一つなのか?
    聴き手の解釈によりますね。
    私はこれに、何か子供心では解釈できない淋しさを感じていました。
    でも美しい淋しさ。
    冷え冷えとした荒涼たる中を二人並んで、ワンウェイチケットの旅だったんですね。

    御ブログ写真を拝見しながら。
    大人になった今、なおさらにこの歌詞に対してこみ上げるものを感じました。

    http://www.office-goda.co.jp/column/nazotoki-008.html

    もう一つ。

    http://www.office-goda.co.jp/column/nazotoki-008.html

    これは演奏も良し、歌も良し。
    でも何故かミスマッチですね。

    60年代に訪日していたジャズプレーヤー。
    この童謡の最初の4小節を彼等のインプロに良く取り入れてましたっけ。

  5. Get より:

    Get です。

    済みません、重複です。
    うかつにも同じリンクを貼りました。
    正しくはこちらです。

    http://www.yourepeat.com/watch/?v=xhqhi-gevx8

    ”二つの甕は それぞれに 紐(ひも)で結(むす)んで ありました”

    とは何やら、江戸人情本 「手鎖心中」 に考えが結びつきます。

    • 町田 より:

      >Get さん、ようこそ
      リンクを貼ってくださったネット情報拝見。
      このサイトは面白そうですね。他にも気になるような童謡がいっぱい取り上げられていました。

      で、『月の沙漠』。
      王子と姫は、死出の旅に出たということなんですね。
      護衛兵もつかない二人だけの砂丘越えの情景から、「逃避行」とか、「駆け落ち」と解釈したことも、そんなに外れてもいなかったのかもしれません。

      この歌には、確かにGet さんがおっしゃるように、>>「何か子供心では解釈できない淋しさ」というものがあります。
      でも、子供は、歌の「意味」は分からなくても、歌の底に漂う根源的な哀しさみたいなものを見抜きます。
      特に、子供には理解できない大人の世界の哀しみは、子供に自分の想像力を働かせる機会をつくることでしょう。
      だから、「哀しみ」は、詩の原点でもあるかもしれません。

      「さとのうた」の演奏、いいですね。
      金のくらと銀のくらにひもで結ばれた二つの甕(かめ)。
      しかも、2人とも白装束。
      それも、目指す方向は「月」。
      江戸人情本の世界かぁ … 。
      なるほど。この歌には、情死行のメッセージが溢れているんですね。
       

  6. クボトモ より:

    あれだけ時代を牽引してきたマクドナルドが、あちこちで閉店してます。
    時代の象徴とも言うべきものが、時代の象徴ゆえに消えてゆく。
    そんなニュースを彷彿とさせるレポートでした。

    お久しぶりにコメントいたします。
    このレポートに、得も言われぬ何かを感じました。

    • 町田 より:

      >クボトモさん、ようこそ
      「栄枯盛衰」という言葉がありますけれど、それは人間の歴史だけでなく、この地球上に生を受けたすべての生物の宿命であるようにも思います。

      古生物の話を読んだり聞いたりしていると、ある時代に、もっとも進化して、食物連鎖の頂点に立ったような生物が、進化し過ぎたことによって、時代の変化に対応できずに滅びていくことの繰り返しだったそうですね。
      カンブリア紀のアノマロカリスなどといった生物が、その代表らしいです。

      マクドナルドが縮小していっているのだとしたら、それはファーストフード時代の “進化の頂点” に君臨したものが、次の時代の覇者に道を譲ろうとしているのかも。

      ファーストフード時代の次に来るものが何なのか、よく分かりませんけれど、クボトモさんの、この次のコメントにあるように、「効率」とか「利便性」だけでは語れない食文化が見直される時代が来るのかもしれません。
        

  7. solocaravan より:

    先日、おそらく当時ラクダの国があったであろう場所の付近を通りかかったので立ち寄りました。今では多少建物が増えたものの、荒涼とした砂浜と殺風景ともいえる海岸線をさえぎる障害物はほとんどなく、まぎれもない九十九里そのものでした。

    太古も今も100年後も変わることがなさそうな風景。時が止まったかのようなこの感覚はどこからくるのでしょうか。きのうまでそこにラクダの国があったかのような錯覚にとらわれました。賑やかなテーマパークよりも、ちょっと寂れたラクダの国のほうがここにはふさわしいし、魅力的だと思います。

    • 町田 より:

      >solocaravan さん、ようこそ
      外房というのは、どこか取りとめもない広がりと、不思議な寂寥感があって、一般的な観光客にはさびしく感じられるところかもしれませんが、その茫洋とした感じが私は好きです。

      solocaravan さんの表現にある「時が止まったかのような感覚」って、いいですよね。それを感じられる場所を探し出すことも、旅のだいご味のような気もします。

      コメントを拝読し、「ラクダの国」が、まるでゴビ砂漠の砂丘の下に埋もれてしまった古代王国の遺跡のように思えてきました。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">