ナッツRV感謝祭 2015

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ナッツRV感謝祭 2015
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 400台。
 キャンピングカーが400台も集まるということは、どういう現象を引き起こすことになるのだろうか。

 先週の土日(7日~8日)に、静岡県の渚園キャンプ場で行われた「第13回ナッツRV感謝祭」では、神奈川・愛知・京都店のナッツユーザー約400台のキャンピングカーが集合。同大会では過去最高の台数を記録した。

 ナッツRVは、今年の6月にも九州を中心とした西日本のユーザー130台を集めた感謝祭(12回大会)を開いているので、それを合わせると、2015年度の感謝祭は、のべ約530台の車両が参加したことになる。
 
 
 11月6日、渚園の大会を取材するために、前日の夕方に出発し、東名高速の富士川SAで車中泊した。

 日が暮れると、SAに次々と入り込んでくるのは、みなナッツRV車両。
 翌日、東名を西に向かって走り始めると、自分の車を抜いていくキャンピングカーはすべてナッツ車。
 浜松西インターで降りて、給油していると、GSのお兄ちゃんが口にするのは、
 「今日は途切れることなくキャンピングカーが通りますね。さっきは50台ほど行列で通ったかな。何か大会でも?」という言葉。

 やはり、400台というキャンピングカーが集まると、ひとつの社会現象のように、周辺の “風景” まで変えるようだ。

 
▼ 当日の会場は11時ということだったが、すでにキャンプ場前の駐車場は、会場を待って待機するキャンピングカーで満杯。
 ゲートが開かれ、会場がオープンすると、そこでも受付を通るための行列ができる。 
 

 
 
▼ 居並ぶ400台のキャンピングカー群。渚園の会場は高低差のないフラットな大地なので、そのスケール感を写真で表すのは難しい。


 
 
▼ 思い思いに遊ぶ子供たち。ナッツRVの感謝祭に参加するユーザーは比較的若いファミリーが多く、会場のどこを歩いても、子供たちの姿が目立つ。


 
 
▼ 場内には、キャンプグッズやキャンピングカー用品を販売する「キャプテンスタッグ」のお店も出店。販売スタッフにあとで聞いた話では、なにしろ用品を見に来る人が全員キャンピングカーオーナーなので、普通のキャンピングカーイベントよりも販売効率は高かったという。


  
 
▼ 今回からの新しい試みとして設けられた「キャンピングカー修理相談コーナー」。車検、架装、オプション追加などの相談にも応じるとのこと。
 その場で修理はできないが、内容を聞いて、後日購入店にユーザーが車両を持ち込むか、ショップのスタッフがオーナーの自宅を訪問したりして修理を行うという。
 当日持ち込まれた相談は14~15件ほど。「ガラス窓をアクリル2重窓に取り換えられないか」、「ドアのしまりが悪くなったが、修理できないか」などという相談があったとのこと。 


 
 
▼ 日頃キャンピングカーイベントでゆっくりナッツ車両を見学できない人のために、新品の展示車も用意。


 
 
▼ アトラクションの開始は、和太鼓の演奏から。長野県岡谷市を中心に活動している和太鼓演奏集団の「和太鼓若衆『音鼓(おと)』」の迫力ある太鼓打ちが披露された。
 「音鼓(おと)」は、20~30代の男性6名で構成されるグループ。2010年の「太鼓祭inくまがやドーム日本一決定戦」で準優勝。リーダーの横山隼人氏は、2014年度の「富士山太鼓まつり」の個人部門で最優秀賞を獲得。


 
 
▼ MCは、フリーアナウンサーで、タレントとしても知られる辻よしなり氏(写真左)が担当。ナッツRVの荒木社長と絶妙の掛け合いを披露。
 プロの司会者を起用したのは、「やはり、1,000人を超えるお客様を誘導するとなると、素人では無理だと思ったから」(荒木社長の弁)。
 さすがに辻さんは、軽妙なトーク力を発揮して、参加者の関心をそらさない。 

 
  
 
▼ クワガタムシ同士を戦わせる「クワレス」のイベントで子供たちに大人気の「ミヤマ☆仮面」(写真右)も登場。

 実は、ミヤマ☆仮面氏は、昨年の12月から悪性リンパ腫という血液のガンを患い闘病中。
 一時は絶望の淵に追い込まれたというが、キャンピングカーを使った温泉めぐりで湯治を開始。そのせいで免疫細胞が活性化するようになり、人前に立って話せるぐらいに回復してきたとか。
 この日は、ミヤマ仮面の病気完治を祈って、ユーザーたちの善意によるチャリティーオークションが行われた。 
 
 
▼ 闘病中のお父さんを助けるために、息子さんの「クワガタ忍者」(クワニン)が代わって大活躍。冬も越せるクワガタムシがゲットできるジャンケン大会をで子供たちを楽しませる。

 さらには、自分たちが出演する映画(写真下)の広報も。
 タイトルは『日本ローカルヒーロー大決戦』(11月14日より公開)。日本中のローカルヒーローたちが、ミヤマ☆仮面を応援するという意味を込めて、ミヤマ☆仮面をポスターの中心に据えているとのこと。


 
 
▼ 約1,300人の参加者が一堂に会した記念撮影。後ろの方の人の顔はもう見えない。


 
 
▼ オークション、ジャンケン大会、ビンゴゲームなどに参加するファミリーで埋め尽くされたメインステージ前空間。
 老いも若きも、人もペットもみな楽しんでいたが、さすがにこれだけの人数が集まると、迷子になってしまった子供たちも数組現われた。


 
 
▼ 毎回人気を集めている “エリア対抗” 綱引き大会。
 「関東」「東海」「関西」など、参加者の出身地によるチーム構成となるが、実は、どこに入ろうとも自由。強そうな人たちが集まるチームにこっそり紛れ込んだ人もいたかも。


 
 
▼ 夕暮れが迫ると、プロの歌手が歌うフォークソングの夕べとなる。流れるのは、1970年代あたりのフォークの名曲ばかり。シニアの人には懐かしい時間帯になった。


 
 
▼ フードコートで、焼きそば、から揚げ、肉うどん、ポテトフライなどの食事が配給された後は、子供たちのための縁日がオープン。射的、輪投げ、ダーツなどそれぞれの夜店にも子供たちの行列が。


 
 
▼ 夜のアトラクションは、ますます興奮と熱気の渦に。
  いよいよ、メインステージ前の広場中央にはキャンプファイアが登場。
 … といっても、ここは直火禁止のキャンプ場であるため、中に電灯をともした “キャンプファイア風?” の篝火(かがり火)が焚かれ、それを中心にフォークダンス大会が開催された。


 
 中高年にはなつかしいフォークダンス。その音楽を聞いただけで、学校のイベントで、男子生徒と女子生徒が手をつないで踊った昔を思い出した人は多かったはず。
 
 
▼ フィナーレには、なんとナッツRV社員がダンスを披露。
 演目は、AKB48のヒット曲『恋するフォーチュンクッキー』。
 ナッツスタッフが踊り始めると、ヤングママや子供たちもステージ前に飛び出し、大ダンス大会に。
 「町田さんも踊りませんか」と誘われても、俺、AKBの振り付けなど知らんがな。
 ワシの知っとるのは、ツイストかゴーゴーぐらいだ。


 
 
▼ アトラクションが終了し、夜が更けると、みなそれぞれの車に戻り、家族単位、あるいは仲間単位で思い思いの談笑にふける。


 
 
 翌日は、小雨の中をオークションの続き、ビンゴ大会が開かれ、相変わらずの盛り上がりぶりを示す。
 名物のナッツカレーが参加者に振る舞われている間、荒木社長に今回の大会の総評をお聞きした。


 
 
【荒木】 お客様に「出会いの場の提供」と「新しい遊びの提案」をテーマに、これまで13回の感謝祭を行ってきましたけれど、年々充実してきたように自分でも感じます。
 感謝祭というのは、もちろんお客様に喜んでもらうために開いているわけですが、スタッフの教育にもなっているんですね。
 フードコーナーひとつとっても、自分たちで食材を調達し、調理をし、接客する。これが、実はお客様に喜んでもらうための勉強の場になっているんです。
 しかし、今回は社員にも楽しませるような企画も織り交ぜてみました。
 夕べの最後に披露した『恋するフォーチュンクッキー』をみんなで踊るというのも、そのひとつなんです。
 最初は、「えぇ !?」っと社員も驚いていましたよ(笑)。でも、「やるぞ !」と決めてからは、みな休み時間などを使って、慣れないながらも振り付けの練習をしていました。知らない人間は、知っている人間に教えてもらったりしてね。
 でも、そういうことで社員同士の親睦も図れたし、結束もより固まったように思います。
 なによりも、お客様が喜んで、一緒に踊ってくれたことがうれしいですね。今回は成功した大会のひとつだと思います」

 社員もユーザーも一緒に楽しめる「感謝祭」。
 そういう企画を組めることが、ナッツRVの力の源泉になっているのかもしれない。
 
 
関連記事 「ナッツRV感謝祭 2014」

関連記事 「ミヤマ仮面インタビュー」

関連記事 「ナッツRV感謝祭 2013」

関連記事 「ナッツRV感謝祭 2012」

参考記事 「ナッツRVがトップに立っている秘密」

参考記事 「ナッツRV クレア・ダブルエックス」

参考記事 「ナッツRV ラディッシュカーゴ」
 
 

カテゴリー: campingcar, news, 旅&キャンプ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">