作詞のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 作詞のコツ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 夕食を食いながら、テレビで「日本作詞家大賞」の選考会を兼ねた歌番組を観ていた。

 大半が演歌である。
 テロップに流れる歌詞だけ眺めていると、どれもたいしたことのない詞に思える。
 ありきたりの言葉だけが連なる何のヒネリもない詞ばかり。

 ところが、曲が流れて、歌手がその詞をメロディーに乗せていくと、何かが変わってくる。

 何がどう変わっていくのか?
 最初はそのカラクリが分からなかったが、途中から、おぼろげながら視えてきたものがあった。

 演歌の詞においては、ドキッとするような鋭い言葉は必要ないのだ。
 むしろ平凡な、当たり障りのない言葉の方が良い。

 どこにでも転がっている平凡な詞だからこそ、どんな人間からも受け入れてもらえる “幅の広さ” が生まれてくる。
 
 「♪ あなたに会えて、私は幸せ」

 それでいいのである。
 好きな人に出会うことができた人間は、その言葉だけで、今の自分の気持ちをストレートに表現した言葉に出遭える。
 平凡な言葉が、世界にたった一人しかいない自分という人間の気持ちを100%代弁してくれる言葉に変わる。
 
 

 それでは、プロの作詞家が出る幕などないではないか、という人もいるかもしれない。
 そこがやっぱり、プロは違う。
 どこにでも転がっている平凡な言葉を、意外な文脈で使ってくる。

 「♪ 夢をかなえてくれる人よりも、夢を追っている人が好き」

 “かなえる” という言葉と、“追う” という言葉の順序が絶妙。
 もし、これが逆で、
 「♪ 夢を追っている人よりも、夢をかなえてくれる人が好き」
 ということになれば、
 “夢想ばかりしている無能な人よりも、現実をしっかり見極めて、着実な人生設計のできる人が好き” という意味になって、平凡な世界観しか生まれない。

 ところが、「夢をかなえてくれる人」よりも、「夢を追っている人が好き」というひっくり返しによって、ドラマが生まれる。 
 それは、どういうドラマか?
 「愛が生まれた」 
 というドラマなのだ。
 
 愛というものは、相手の “負の部分” に賭けてみようという気持ちを呼び覚ます。
 “負の部分” が見えたからこそ、「助けてあげたい」という、相手の心に寄り添う自分のスペースを、二人の間に発見することができる。
  
  
 もう一つ気づいたことがある。
 もし、演歌の詞を考えるとしたら、それは言葉をひねるよりも、むしろその歌を聞く人が置かれた環境を考えることが大事だということ。

 たとえば、年末になっても仕事が忙しくて、家族のもとに帰れない人がいるとする。
 そういう人が、雪の降る町外れの居酒屋で、一人でテレビの紅白歌合戦を聞きながら、手酌酒を飲んでいるとしよう。
 
 

 そのときに、「もう一本、これは私からのサービスだから」といって、ママさんがカウンターの端にポンと置いてくれるお銚子は、どんなに心が温まることか。

 で、さっそく詞を作ってみた。

 ♪ もう一本、もう一本、これは私の気持ちなの。
 だけど調子に乗らないで。ただのお銚子一本だから。
 そんなぁ、私の気まぐれ酒に、付き合う貴方はお人よし。
 お勘定は、しめて7万5千円。
 お金がないのなら、せめてコートは置いてって。
 ハァ、チョンチョン ♪
  
  
 演歌はいいよね。
 どんな演歌も、みな応援歌になる。
 悲しいときには、とことん悲しい歌ほど、人の気持ちにピタッと寄り添ってくる。

 「判で押したようなステレオタイプ化された歌詞」
 という人もいるけれど、普遍性というものは、案外そんな単純な形を取っているものなのだ。 
 
 
参考記事 「演歌の時代は終わったのか」
 
参考記事 「実は演歌が好き」
 
参考記事 「歌謡ブルースの謎」
 
参考記事 「本当はエッチな昭和歌謡」
 
 

カテゴリー: 音楽   パーマリンク

作詞のコツ への4件のコメント

  1. 木挽町 より:

    漫画が交えてあったり、微笑ましくて読んでいて楽しい軽快な文章なのに、それでいて核心をついていて、あっぱれです。うれしくなります。演歌もいいですよね。民謡もいいし。少なくとも個人的には神田川系よりは好きです。

    • 町田 より:

      >木挽町さん、ようこそ
      演歌とか民謡というのは、日本の “SOUL MUSIC” なんでしょうね。土着的だけど、一本芯が通っていて、心の琴線に触れるところがあります。
      そう考えると “神田川系” の歌は、やっぱりひ弱な感じがしますね。

      私が演歌が好きなのは、そのものすごいポジティブ志向なところなんですね。
      「♪ 振られて、捨てられて、さびしい」とか歌っていても、「こういうときは、夜汽車に乗って北国でも旅に行くか」…みたいは、常に次の行動をうながす契機を宿しているんですね。
      そのあっけらかんとした “さびしさ” の強調が、逆に骨太の力強さを感じさせてくれるように思います。
       

  2. 始めまして いつも楽しく拝読させていただいています。私はキャンピングカー(キャブコン)歴8年目です。一年のうち10カ月近く全国演奏ツアーをしていますが、生まれつき片耳に障害を持ち、そんな中でも それらの問題を乗り越え、プロのJAZZチェリストになりました。その後、キャンピングカーで生活しながらホール・コンサート公演や学校音楽鑑賞公演、お時間がある時には日本中の障害者施設をボランティア慰問演奏をしています。その以前はUSA/NYに住んでいました。約5年間弱アメリカで演奏活動し、日本に帰国、そして現在に至っています。今月末、2016年1月30日(土)NHK/Eテレ「ろうを生きる・難聴を生きる(全国放送)」・「自由に音を奏でたい」~チェリスト・吉川よしひろ~ 放送日:1月30日(土)20時45分~21時・・2月5日(金)12時45分~13時(再放送)このTV放送の中でキャンピングカー生活しながらの様子が映し出されます。結構、詳細に 自身の生い立ちから 現在にいたるシーンが表現され、私のキャンピングカー内部も詳細に紹介させれます。是非とも この番組をご覧になっていただければ幸いです。 チェリスト吉川よしひろ・・(PS キャンピングカーに興味ある方、また、障害を持っても、こんな風にキャンピングカーに乗りながら全国を10カ月近く演奏活動&障害者施設でのボランティア活動しながらの様子が映し出されます。是非 ご覧になって頂けたらと思いました。)感謝。

    • 町田 より:

      >吉川よしひろ さん、ようこそ
      こちらこそ、はじめまして。
      コメント拝読し、吉川さんがコンプレックスを克服されながら、ご自分の可能性を高めていかれた過程を知り、感動いたしました。

      しかも、その公演や障害者施設の演奏活動などにキャンピングカーを使われているとのこと。きっとキャンピングカーユーザーも、そういう吉川さんの活躍ぶりを誇りに思うことでしょう。

      NHKのテレビ放映は1月30日ですね。
      録画の予約をとっておきます。

      この放映がきっかけとなり、キャンピングカーの社会的な認知度がさらに高まることを期待しております。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">