振り込め詐欺

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 振り込め詐欺
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 「私は絶対に引っかからない」
 と思っている人ほど、案外コロリと騙される「振り込め詐欺」。
  
 子供を装って、「俺だよ、俺」って電話をかけてくることが多いので、“オレオレ詐欺” などとも呼ばれている。
 
 カミさんが、ランチ仲間の奥様から聞いた話だ。 
 
 その奥様のところに、ある昼下がり、「俺だよ、俺」っていう電話がかかってきたというのである。
 彼女は、一瞬自分の子供だと錯覚したらしい。
 「タカオちゃん?」
 「そう、そう。タカオだよ。実はちょっと困ってね」
 相手の声がせっぱつまった感じなので、
 「いったい、どうしたの?」
 と緊張したという。

 「脇見運転していたら、追突事故を起こしちゃってさ」
 と、電話口の “タカオ” はそう答える。
 「それでどうしたの?」
 「相手方のドライバーが、ある程度の損害賠償を払えば、警察に通報しないで、事を穏便にすませてやる、っていうんだ」
 「それって、いくら必要なの?」
 「30万円でいいと言っている」
 
 そこでその彼女、ようやく自分の息子が、車を運転するどころか、免許すら持っていないことに気が付いた。

 ―― はは~ん、これが今はやっている “振り込め詐欺” というやつか ……、と彼女はすぐに悟った。
 そう分かれば、心に余裕が生まれる。

 「あなた、ほんとうにタカオ?」
 「ああ、そうだよ、もちろんだよ」
 相手が動揺した気配が伝わってきた。

 「タカオなら、昔飼っていた犬の名前が分かるわよね。言ってみて?」
 しばらくの沈黙のあと、息子を装った男が答えた犬の名が、
 「…… ポチ」。

 それを聞いて、その奥さんは思わず噴き出したそうだ。
 
 
 「ポチ」はないだろう。「ポチ」は …
 
 確かに、「ポチ」っていうのは、犬の名前の代名詞として、誰もが思い浮かべる愛称だけど、実際にそういう名前で呼ばれている犬は、現在は非常に少ない。

 いま犬の名前では、「チョコ」、「マロン」、「ココア」、「クッキー」、「プリン」、「ミルク」、「クルミ」、「アズキ」といった食べ物系が主流。
 「ポチ」は、民話の『花咲爺』に登場し、童謡にもなっているから、それだけ知名度は高いのだが、人の名前の「太郎」や「花子」と同じで、実際にはそう名付けられる犬はきわめて少ない。
 
 知人の息子に成りすました男は、きっと犬など飼ったこともなければ関心もなかったんだろうな。
 
 
 ただ、これが、実際に自分の飼っている犬からの電話だと、また事態は変わってくる。
 

 
【夫】 大変だぁ! いま散歩に連れ出そうと思ったら、玄関をすり抜けて、クッキーが外に飛び出してしまった。
【妻】 あら、早くつかまえないと。
  
【夫】 もう姿が見えないんだよ。
【妻】 家出かしら …
 
【夫】 お前がいじめるからだよ。
【妻】 行き先は分かるかも …。さっき原宿の竹下通りが出てくるテレビをじっと見ていたから。
 
【夫】 年頃だもんなぁ。
【妻】 だけど、どうやって行く気かしら。電車など乗ったことがないのに。
 
【夫】 道々、匂いを嗅ぎながら歩いて行くんじゃないか。
【妻】 何日もかかるわよ。足が短いから。
 
【夫】 2~3日分のエサを風呂敷に包んで、背中にしょってけばいいのにな。
【妻】 可愛いわね。
 
【夫】 … とにかく捜しにいかないと。
【妻】 もう夕方で寒いから、明日昼間の温かい時間帯にでも。

【夫】 あれ、電話だ ! どこからだろう?
 
【夫】 大変だぁ! クッキーが野犬狩りの人に捕まったらしい。
【妻】 うっそぉ。
 
【夫】 明日までに、保健所に30万円振り込まないと、犬殺しの注射を打たれちゃうんだって。泣きながら、そう言っている。
【妻】 本人からの電話?
 
【夫】 もちろん、そう。
【妻】 変ねぇ … 。いつ人間の言葉覚えたのかしら。
 
  

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

振り込め詐欺 への2件のコメント

  1. 木挽町 より:

    爽やかなユーモアがうれしくなりました。ポチも笑えるし、ワンコもかわいい。普段着でありながら独特の雰囲気のあるナイスでチャーミングなユーモアをありがとうございました。

    • 町田 より:

      >木挽町さん、ようこそ
      ありがとうございます。
      “ポチ”の話はほんとうのことで、カミさんからその話を聞いたとき、こちらも笑ってしまいました。
      いきなり、犬の名前など聞かれた “振り込み詐欺” の犯人も、突然のことでとまどったのでしょうね。
      相手に同情する気もないけれど、その困った気持ちを想像すると、ちょっとほほえましい気分にもなってしまいます。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">