『真田丸』面白いよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『真田丸』面白いよ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 今年より始まったNHKの大河ドラマ『真田丸』が面白い。
 

 まだ放映されて2回目だが、2回観た限りでは、ドラマとしてなかなか小気味よいテンポで進められていて、この先も期待できそうだ。
 三谷幸喜のシナリオも、笑いに落とすところと、緊張感を盛り上げるところのバランスがうまく配分されていて、メリハリの利いた展開を実現している。

 だから、『真田丸』は私にとって、久しぶりに「次回が楽しみ」という大河ドラマになったといえる。
 
 思えばここ数年、NHKの大河で、毎回しっかり観たのは『龍馬伝』ぐらいのものだった。
 その次の『江』は、ヒロインの上野樹里の演技や脚本が好きになれなくて、ほとんど観なかった。
 『平清盛』も、期待倒れに終わり、これも観ない方が多かった。
 『八重の桜』も、ほとんど観なかった。
 『軍師官兵衛』はけっこう観たが、観ない回があってもさほど気にならなかった。
 『花燃ゆ』は、ついに一度も観なかった。
 
 
 NHK大河ドラマのような、歴史ドラマの成否を決める条件とは何か?

 当たり前かもしれないが、やはりそれは、主人公も含めた役者たちのキャラクターがキラキラと輝いたものになっていることである。

 もちろん、キャストたちの魅力は、シナリオや監督・演出家の解釈によって肉付けされるものであるから、役者がどんなに魅力的であろうと、脚本や演出家の世界観がプアだと、魅力的な主人公は生まれない。

 その点、『真田丸』に出てくる役者たちは安心して観ていられる。
 三谷幸喜のシナリオを演出家がよく咀嚼(そしゃく)し、役者たちもそれを理解した上で、しっかりと役作りをやっているようだ。

 特に、主人公(真田信繁)の母を演じる高畑淳子さんの役作りが素晴らしい。
 公家出身の世間知らずの女性の役を演じて秀逸。
 女性といえども、生活力のたくましさが要求される戦国時代に、宮廷に住む公家のような現実離れした生活感覚を持って生きている女性をうまく表現しており、彼女の生活感覚のチグハク振りが笑いを誘う。

 もう、この先の出番はないのだが、武田勝頼を演じていた平岳大(ひら・たけひろ)さんも良かった。
 悲劇の武将の哀しさと、信玄の息子であるという凛とした矜持が滲み出ていて、良い演技だと思った。


  
 
 武田勝頼には、やはり悲劇の武将としての美しさがある。
 歴史小説にもたびたび登場する人だが、おおむねは、鉄砲を使う織田信長の近代戦術を見抜けなかった思慮の浅い田舎大名のような扱いを受けて、可愛そうである。

 だから、なかなか小説の主人公としては取り上げられないのだが、彼を主人公にした小説としては、新田次郎の『武田勝頼』(全3巻)が有名だ。

 それによると、武田勝頼は、けっして近代戦術を理解できないような愚鈍な武将ではなかった。
 むしろ、鉄砲に関する関心は、関東以北の大名の中ではかなり高い方であった。

 しかし、海外貿易都市としての堺を掌握して、火薬に使う硝石を海外から大量に輸入し、鉄砲を生産する工房もしっかり押さえた織田信長に比べ、山深い甲斐の国に住む武田家は、鉄砲を兵器として使う条件が十分に整っていなかった。

 武田家滅亡のきっかけになったといわれる長篠の戦いにおいても、武田勝頼が鉄砲を並べた織田・徳川連合軍に、無謀な騎馬特攻を試みたというのは当たらない。
 勝頼は、鉄砲にも関心が深かったから、その威力というものも十分に把握していたといっていい。
 
 敵側の鉄砲の威力を知りつつも、騎馬突撃を敢行したのは、1発目の銃弾を受けることさえ覚悟すれば、2発目を装填しているあいだに騎馬武者が敵陣営にたどり着けると計算した上でのことであったろう。
 
 事実、武田側の将兵は、敵陣内の前で馬を降り、織田方の設けた柵内の内側まで切り込んで、長時間に及ぶ白兵戦を挑んでいる。
 だから、武田が負けたのは、織田側の鉄砲の威力というよりも、武田側の3倍ほどの兵力を用意した織田・徳川連合軍の兵力差の前に力尽きたというべきか。

 武田勝頼が武人としての戦術的な才能に恵まれていたことは疑いのないことだが、いかんせん、親父が信玄という稀代な大軍略家であったことが災いした。
 信玄に使えていた多くの老臣たちは、ついつい勝頼を信玄と比較してしまうために、勝頼のやることをいちいち批判的に見てしまうクセが付いていた。

 新田次郎の『武田勝頼』という小説では、勝頼の苦労の大半が、信玄が残した老臣たちとの対立であったことが明かされている。

 「政治家」としての勝頼の才能はどうであったか。
 これも決して悪かったとは思わない。
 長篠の戦い以降の政治判断としては、父親信玄の時代には宿敵であった越後の上杉家と組むなど、織田方の膨張に対する対策をしっかり講じている。

 ただ、これも織田信長というグローバル感覚を備えた稀代の政治家をライバルにしたことが悲劇だった。
 なにしろ、信長はバテレンの宣教師がもたらした地球儀を視て、「地球は丸い」という宣教師の説を瞬時に理解したほど、国外に対する理解力を持っている。
 信長には、日本を統一した後には海に乗り出すという発想があったのだろう。

 織田家と武田家を比べると、「海」に対するスケール感の違いが明暗を分けたという気がする。
 武田家も、信玄の時代に海洋進出を図って、いっとき駿河湾に達するルートを確保したことがある。

 しかし、堺を手に入れて海外貿易を射程に置き、安土城を築くときも、琵琶湖の水運を活用しようとした織田家と武田家の水上交通に対するイマジネーションの違いは大きい。
 甲斐という山深い土地から発した武田家の場合は、水運がもたらす経済力へのイマジネーションが乏しかったという気がする。

 織田方の甲斐侵攻に対して、まともに戦える兵力を持たなかった武田勝頼は、築城して間もない新府城を敵の手に渡らないように自ら焼き、撤退戦を繰り返していく。
 その間、逃亡する将兵の数も甚だしく、信玄以来の重臣たちの裏切りにも合う。
 
 最後は、わずかな供回りに囲まれたまま武蔵との国境に近い天目山まで逃れ、そこで織田方の追撃に遭い、自害する。

 中央高速を走っていると、笹子トンネル付近の山々を眺め、「天目山というのはあの山々のどこかなんだろうなぁ … 」と、いつも勝頼の最後に思いを馳せる。

 勝頼の最期は、悲しくもあり、美しくもあり。

 中央道を使って西へ行く旅は、いつも武田家の悲劇を想像することから幕を開け、帰路は、勝頼の悲劇に思いを馳せることで、幕を閉じる。 
 
 
関連記事 「NHK『真田丸』」
 
参考記事 「姉川の合戦(実況中継)」
 
 

カテゴリー: 映画&本   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">