ご生誕66周年

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ご生誕66周年
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 本日、東京都内において、町田厚成氏のご生誕66周年を祝う記念式典が奥様・お犬様など、総勢3名という多数のご家族ご列席のもとに、盛大に行われた。

▼ 式典に用意された直径10メートルのバースデーケーキ。屋敷内に入らなかったため、クレーンで屋上に上げ、ドローンに付けたカメラで撮ったという

 
 町田氏は、1950年(昭和25年)4月生まれ。
 ご生誕後、即座に「おぎゃあ」という完全なる日本語を発語して「天童」の異名をほしいままにし、0歳児でありながら「末は博士か大臣か」と当時の新聞・ラジオをにぎわせた。

 また、お誕生時に、右手で天を指し、左手で地を指して、
 「天上天下、唯我独尊(ゆいがどくそん)」
 とのたまわれたとも伝えられているが、この発言に関しては、本来の意味とは異なった「この世で俺さまだけが偉い」という意味の誤用を招くきっかけを作ったという批判発言もあり、今風にいう “炎上” しかかったこともあった。

 なお、このご生誕を祝うために、星に導かれて東方より3人の博士が来訪。
 「将来は人類を救うノーベル賞ものの大聖人か大富豪になるだろう」
 と予言したとの逸話もあるが、60余年経った現在、そのどちらも実現に至らず。

 いまだノーベル賞が実現していないことに関しては、「大器晩成なのだろう」との好意的な観測もあるが、氏の親御さんが博士たちの来訪を謝する意味で多額の謝礼金を支払ったという情報もあり、今風にいう「振り込め詐欺」に遭ったのではないかという説も有力。そのため「ノーベル賞もの」という評価そのものを疑問視する声もある。

 なお町田氏は、御幼少の頃には、「まことちゃんの再来」と騒がれ、マスメディアに採りあげられて評判となったが、後に楳図かずお氏の漫画『まことちゃん』の方が氏の誕生よりははるかに新しいことが判明。
 現在、町田氏の「まことちゃん再来説」は取り下げられている。

 また、今回の生誕66周年を機に、地元の人たちの間では駅前に銅像を建立したり、氏をモデルにしたゆるキャラをつくろうという話ももち上がったが、一部の市民からは、「理由が分からない」と疑問視する声や、「税金の無駄ではないか」という反対意見も提出されており、銅像やゆるキャラに関しては、現在見通してが立っていない。

▼ 銅像を作るためのサンプルに採りあげられた町田氏の画像。この画像そのものが「何かの誤解を招きそうだ」と反対される理由になったという説もある

 
 なお、町田氏自身は、ドナルド・トランプ候補に続き、アメリカの大統領選に出馬する意志を固めたという報道もなされたが、「自分はアメリカ国民ではなかった」というご本人の判断により、この出馬は断念されたようだ。
 
 氏自身の談話によると、『MHKスペシャル』という日曜日21時台の報道番組で、現在「町田厚成66年の歩み」という記念特番の制作が進行しているということだったが、NHKに問い合わせたところ、そういう事実はないことが判明。
 
 再度氏に問うたところ、「MHK」という局であるとのこと。
 ここ数日間、各記者が「MHK」なる放送局を捜索中だが、今のところ所在地の確認が取れていない。

▼ 政財界の表裏の大物を密かに護衛するSPの仕事をしていたという噂もあるが、本人は沈黙を保っているので、確認が取れていない。

 
  

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

ご生誕66周年 への18件のコメント

  1. スパンキー より:

    町田さんの誇大妄想癖については、私なんかより桐野夏生さんの旦那あたりが
    結構詳しいんじゃないですかね?

    現在の町田さんの体調を鑑みるに、真、腹の据わった根っからの物書き体質、
    そんな先輩がいて、心底心強い想いが致します。

    ダンディトーク、復活おめでとうございます。
    良かったですね!
    同時に誕生日おめでとうございます。

    お互い、あの頃からすっかりじじいになっちまいました。
    もうアウトドアなんかやめて、街の喫茶店でお茶飲もうか?
    なんてね…

    • 町田 より:

      >スパンキーさん、ようこそ
      どうもありがとうございます。
      気づけば、いつのまにか60歳代も半ばを回り、老人生活にどっぷり浸かってきている状態です。
      今後は、誇大妄想 “癖” に、一層拍車をかけて、誇大妄想 “症” を目指していきます。

      徳大寺さんの『ダンディー・トーク』の文庫化は、いいニュースでした。
      この本では、徳大寺さんに次のような後書きの原稿をいただいております。

      「(自分の生きざまを) 毎月『MOTOR AGE』に連載し、そのまとめの苦労をしていただいた編集部の御一同と、とくに町田氏には大いに感謝している。なによりも楽しい仕事であったから」

      この後書きは、草思社から出された文庫版にもしっかり収録されていました。
      うれしいですね。

      新緑の香る季節になり、アウトドアでもいいですよ。
      もちろん、街の喫茶店でもいいです。
      一度、お茶しましょう。
       

  2. Get より:

    Get です

    その節申し上げた糖尿病に関して。
    しかし進言も空しく、また一つ糖尿病リンクを広げられた様で。
    何ですか新たに  “誇大妄想 症” ですか?
    でも、空しいどころか大歓迎、この妄想症、先が楽しみです!

    唯我独尊に付きましては。
    多分御誕生式典で入ったファミレスで、、、。
    ”あのー、済みません。ここのテーブルいいですか”?
    と、読みましたが、、、。

    2千万ユーロのランボルギーにエァーストリームを牽引、大風呂敷を広げる旅に颯爽と徘徊。
    どっとはらえ!記を期待しています。

    誕生日おめでとう御座います。
    いよいよ中期高齢突入ですね。

    • 町田 より:

      >Get さん、ようこそ
      ご指摘されたとおり、空しき誇大妄想により一層磨きをかけて、残り少ない人生を妄想三昧で楽しむ所存でおります(笑)。

      ランボルギーニでエアストリームを牽引。
      現実性はともなく、そのイメージ、すごく詩的ですよね。
      なんだか徘徊の究極の理想形であるように思えてきました。

      とにかく、誕生日にいただいたメール、ありがたく拝読。
      今後ともよろしくお願い申し上げます。
       

  3. 木挽町 より:

    え?66?かっこいい66歳ですね。あこがれます。

    • 町田 より:

      >木挽町さん、ようこそ
      いやぁ、木挽町さん、ありがとう !

      これまで人に、「憧れます」なんて言われたことがなかったんです。
      私も年をとっちゃったけれど、憧れてもらえるような老人になれたのだとしたら、年を取るのも悪くはないかな。
       

  4. クボトモ より:

    お誕生日おめでとうございます。
    最後に添えられている2枚のお写真は町田さんなのでしょうか。
    私がお会いした町田さんと同一人物とは思えない・・(笑)
    寄りかかっておられる車は、一瞬セリカ1600かなと思いましたが、
    これはマークⅡでしょうか?妙なところが気になってしまいました。

    • 町田 より:

      >クボトモさん、ようこそ
      いやぁ、恥ずかしながら、そのとおりです !
      最後の方に添えている2枚の画像は、若い頃の自分ですね。

      白い服を着ている画像の後ろにある車は、ご推察のとおり、マークⅡの兄弟車である初代チェイサーSGSです。初代といっても、マイナーチェンジ後の後期モデルですね。

      実は、この車のオーナーインタビュー記事を書くに当たって、なかなか取材対象が見つからず、仕方なく自分で自分の車の記事を書くことになったのですが、この画像はそのために “付けヒゲ” で変装したものです。ただ、当時の編集長判断で、記事は掲載になりましたが、写真の方はボツになりました(笑)。

      下のサングラスの画像も、これもまた何かの記事のモデルを務めることになって変装したものですが、やはりこの写真もボツになりました。
      まぁ、自分が編集長だったら、やはりこんな写真が回ってきたら、自分もためらわずにボツにしていたと思います(笑)。
       

  5. ようこ より:

    おめでと~う 町田さん

    66才、若いといえば若いし~ ^__^。 微妙な年齢 ですね
    でも木挽町さんもおっしゃってるし、かっこいい66才という事に。
    では、お馴染みのバースディソングといきやっしょう!
    https://www.youtube.com/watch?v=inS9gAgSENE

    • 町田 より:

      >ようこ さん、ようこそ
      素敵なバースディーソングのプレゼント、ありがとうございます !
      スクリーンにネルソン・マンデラ氏の画像が映っているので、これはマンデラ氏の功績をたたえるイベントか何かの画像なんでしょうね。
      そんな画像で祝ってもらえるなんで、とても光栄なことです。

      66歳。
      若い頃、「ルート66」のテレビドラマを見て育ち、10年ぐらい前も、レンタルモーターホームでルート66をたどる旅行を経験したりして、「66」という数字にはちょっと感慨深いものがあります。

      まだ若い、といえるのか。それとも、やっぱりもう老人なのか。
      確かに、ビミョ~な年齢ですね(笑)。
      一つの記念すべき節目の年として、大事に過ごしていきたいと思います。
       

    • 木挽町 より:

      わ!ひさしぶりに聞きました。スティービーワンダー「はっぴバスデーつーや」。ようこさん、ありがとうございました。

      • ようこ より:

        木挽町さん お久しぶりで~す ♪

        私もしばらくぶりに聴いたのですが
        あの頃は、どこでもよくかかっていましたね
        あっ
        リタイアされるそうですね、おめでとう ございます!^ O ^/
        町田親分の縄張りをお借りしてお祝い申し上げます。

        • 町田 より:

          >ようこ さん、ようこそ
          そうなんですよね、木挽町さんがリタイアの決意をされたみたいです。
          これは、きっと木挽町さんの第二の人生の “祝福されるべき門出” になるでしょうね。
          お祝いしたいと思います。
           

      • 町田 より:

        >木挽町さん、ようこそ
        このコメ欄を通じてのようこさんとの交信は、久しぶりなのではないですか?
        今後とも、このスペースを活用して、素敵な情報交換を楽しんでください。
         

  6. ようこ より:

    おっはよう 町田さん

    人みな眠るこの時間に返コメ書いてるとこ見つけた~
    いらっしゃいますよね、そこに、 うふふ
    わっ恐

    • 町田 より:

      >ようこさん、ようこそ
      ギョギョッ !!
      今コメントの返信を書いたと思ったら、もう次のコメントをいただくなんて !

      おはようございます。

      そちらは、今いったい何時頃なのでしょう?
      こちらは日本時間の明け方4時50分です。

      土曜日なので、ちょっと夜更かし中でした(笑)。
       

  7. ようこ より:

    町田さん

    あは、只今7日午後12時48分です
    夜更かしがお身体にさしつかえなければ良いのですが>__<

    • 町田 より:

      >ようこ さん、ようこそ
      ほぉ~ !
      お昼なんですね。
      ということは、昼食を摂られたばかりという時間帯でしょうか。
      こちらは、少し寝てから、朝食の予定です。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">