月別アーカイブ: 9月 2016

歌声喫茶

   「歌声喫茶」という喫茶店がある。  ロシア民謡とか昔の小学唱歌のような歌を、店に居合わせたお客たちが一斉に合唱する喫茶店のことだ。 ▼ 「歌声喫茶」 BSフジ『昭和は輝いていた』より    そういう店が都内にもたく … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

選ばなかった方の選択肢

      人間の不幸のはじまりは、常に、過去の選ばなかった方の選択肢にこだわることにある。  「あのとき、ああすれば良かった …」  という思いは人間には誰にでもある。  選ばなかった方の選択肢は、いつまで経っても “ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

トンデモ時事解説

  【司会】 今日は、最近の話題のニュースを、このブログの主宰者である町田さんに解説してもらいます。町田さん、よろしく。 【町田】(↓) はい、町田です。 【司会】 まず、中国の海洋進出が活発な動きを示しておりまして、東 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | コメントをどうぞ

90年代に何が起こっていたのか ?

      あらゆるものが変わっていった1990年代  「1990年代の後半に、日本はあらゆる面で劇的に変わった」    という井手英策教授(慶応大学)の言葉が、ずっと耳に残っている。  「96年から97年にかけて、日本 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

雨月物語

  黄金色に輝くモノクロ画像 シネマ漂流(映画感想記)No.12 『雨月物語』      前回の映画レビューでは1958年の作品を取り上げたが、今回も昔の作品を。  今日は邦画。  『雨月物語』。  1953年に溝口健二 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

人造アザラシがソファーで寝ている時代

   人間とロボットが共存する時代というのが、もうそこまで迫ってきている。  実際に、オフィスの受付嬢をヒト型ロボットに代理させたり、家政婦ロボットが家庭の調理を代行したりする実験はすでにあちこちで始まっている。  その … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

灰とダイヤモンド

  祝祭(ダイヤモンド)と死(灰)   シネマ漂流(映画感想記)No.11 『灰とダイヤモンド』        『灰とダイヤモンド』という言葉から、今の人たちは何を想いうかべるのだろうか。    2013年に、ももいろク … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント

若者の心をつかむ“昭和の歌謡曲”

   たまたま朝のワイドショーを観ていたら、小倉智昭さんがキャスターを務める『とくダネ !』(フジテレビ)で、「若者の心をつかむ “昭和の歌謡曲”」(真相チェイス)という特集をやっていた。    最近の若者の中には、いま … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | 6件のコメント

祭りでウルウル

    涙腺がウルウルする … って、年齢とかに関係ないのかな。  俺は、若い人がよく「この映画泣けました、感動しました !」とか言っているのを見ると、「ケッ !」とか思う方。  安っぽい感動するなよ、って、その映画も知 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 3件のコメント

仲良し親子はなぜ生まれるのか?

     「最近の若者たちが変わってきている」  というような話を、あちらこちらで聞くようになった。    何がどう変わってきたのか?  「仲良し親子が増えてきた」  と、みな口をそろえていう。  BS-TBSの『外国人 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

小池百合子は名知事になるか?

   「肺血栓症」の外来診察をすませ、医師の用意した処方箋を携えて、病院前の薬局に行ったときのことだった。  この時期、患者が多いのか、薬を待っている客が多い。  私が服用する薬は、エリキュース、アデンパス、オプスミット … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

ふられた気持ち

   いまカラオケで歌ってみたいなぁ … と思っている曲がある。  1964年に、ザ・ライチャス・ブラザーズによって歌われた『ふられた気持ち(You’ve Lost That Lovin’ Fee … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

シニアマーケットはなぜ停滞するのか

   前回のエントリーでは、「若者の消費意識」について、最近のテレビのトーク番組などで語られている傾向を紹介してみた。  今回は、「シニアの消費意識」の現状に触れたみたい。 ▼ “老人大国” を迎えようとしている日本   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

若者の消費が拡大しない理由

  大人たちが「若者」に関心を持ち始めた  「若者が変化している」  という論調で構成されたテレビのトーク番組を、このところ立て続けに見た。  もちろん、意図してそういう番組を追いかけたわけではなく、たまたまである。   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント