RVビックフット「スウィング W 4.7」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - RVビックフット「スウィング W 4.7」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
オリジナルハイルーフのおかげで
標準ボディで4人就寝


▲ 新しく出たハイルーフバンコンの「スウィング W 4.7」

 バンコン人気のもっともベーシックな部分を支えているのが、ハイエース標準ボディのロールーフ(写真下)である。

 その特徴は、普段使いができること。
 駐車場を選ばない。
 見た目も低重心でカッコいいので、遊び心をくすぐられる。
 そして、そこそこの装備を盛り込んだ車種が300万円代から出回っており、400万円代まで手を伸ばせば、そうとう充実したキャンピングカーが手に入る。

 というわけで、ハイエースナローボディのバンコンは、ガテン系の若者からヤングファミリーのお父さんまで、けっこうな人気を集めている。

 バンコン/バスコンのプロショップであるRVビックフットは、古くからこの分野で先行しており、スウィング N 4.7という標準ボディのロールーフバンコンの販売を好調に続けている。

▼ スウィング N 4.7

 しかし、ロールーフバージョンの場合は、「寝る」という機能を追求するとなると、やはり十分な満足が得られない。
 ダイネットをベッド展開して得られる就寝スペースは、せいぜい大人2人。
 独身男性や若いカップルが、たまに車中泊を楽しむ遊びグルマとしてなら十分に機能するが、子供ができたりして家族単位で使うとなると、とたんにキャパシティ不足を感じてしまうものだ。

 それを解消するために、RVビックフットがこの春に開発したのが、スウィング4.7のハイルーフバージョン。
 「スウィング W 4.7」と呼ばれるこのニューモデルは、人気商品の「N 4.7」と同じ全長・全幅を維持しながら、同社がオリジナル開発したハイルーフで屋根上げされているため、全高で520mmアップ。室内高1800mmを達成し、立ったまま着替えができる居住性を獲得した。 

▼ スウィング W 4.7外形

▼ スウィング W 4.7内装

 
 この全高アップで何が実現されたのか。
 ルーフの内側に2段ベッドが設定できるようになったため、大人4名就寝が可能になったのだ。

▼ 2段ベッドが展開できるハイルーフ

 前述したように、全高以外のサイズは「N 4.7」と変わらず。
 すなわち、長さが4690mm、幅が1690mmなので、高さ制限のある立体駐車場以外なら、コンビニだろうが、コインパーキングだろうが、どんなところにでも駐車が可能。

▼ コインパーキングに収まるサイズ

 つまり、これ1台で買い物、通勤、子供たちの送迎となんでもこなしてしまうほか、もちろん4人就寝が可能になったことにより、車中泊やキャンプにも絶大な威力を発揮する。

▼ 頭上が高くなったので、リビング部の圧迫感がなくなった

  
▼ 右サイドのカウンターにシンク、冷蔵庫。左サイドのカウンター下に電子レンジなどが収まるスペースがある

 ルーフ高があるので、将来的にエアコンなどの様々な装備を組み込むスペースも維持される。
 ハイエースを作り続けてきたRVビックフットらしい、素晴らしい着眼点を持った新バンコンだ。
 
 
《 スウィング W 4.7 概要 》

ベース車 レジアスエース ロングバン
      (+RVビックフットオリジナル スーパーハイルーフ)
エンジン 直4DOHC ガソリン
排気量 1998cc 
最高出力 100kW(136ps)/5600rpm
最大トルク 182N・m(18.6kgf・m)400rpm
ミッション 6速AT
駆動方式 2WD(FR)
乗車定員 6(7)名
就寝定員 4名
全長 4695mm/全幅 1695mm/全高 2500mm
車両本体価格 4,770,000円(税抜き)
  
 
RVビックフット HP URL http://www.rv-bigfoot.com/
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">