RVランド 阿部和英社長インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - RVランド 阿部和英社長インタビュー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 キャンピングカー展示場としては国内最大級といわれる茨城県の「RVランド」。
 同社が広告で掲げる「キャンピングカーの楽園」というキャッチどおり、ここでは緑豊かな美しい空間のなかで、毎日掃除されてピカピカに輝く50台の展示車が来場者を待っている。 

 ここを統括しているのが、阿部和英社長(写真下)。
 1992年に先代(現・阿部和麿会長)が創設したこの展示場の運営を引き継ぎ、その事業内容を大幅に拡大・進化させて業界の発展にも大きく貢献。今やキャンピングカー業界をけん引する人材として将来を嘱望されている2代目社長だ。

 しかし、ここに至るまでの和英社長の歩んできた道は平坦ではなかった。
 一見、充実した資産を親から受け継ぎ、何ひとつ不安材料が見当たらない場所でスタートを切った人生だと他者からは思われがちだが、あまりにも大きな親の存在は、子供にとってはとてつもないプレッシャーになることがある。

 直接親から受ける厳しい叱咤もあっただろうし、その親の成功をねたんだ冷たい視線も業界の一部から放たれていたかもしれない。

 だが、それらを見事に跳ね除け、いまRVランドの2代目社長は、先代も、そしてキャンピングカー業界のこれまでの重鎮たちも果たせなかった大きな仕事をやり遂げようとしている。

 存在感のある人間のもとには、それを慕う人材も集まってくる。
 業界の若手グループの間で、いま和英社長に絶大な信頼と期待を寄せる人の輪は日増しに大きくなっている。

 このたび、その昇る朝日のような興隆期を迎えている同社長にロングインタビューを試みることができた。
 
 業界における現在のRVランドの “独走” は、先代が果たした偉業だけでは説明がつかない。
 そこには、2代目の和英社長の力が大きく関わっていたのだ。
 
 冷静に先を見つめ、慎重に情勢を分析し、果敢に決断する。
 経営者としての才覚をいかんなく発揮する同社長。
 その原動力となっているものはいったい何なのか?
 そこには、とてつもない波乱万丈のドラマが隠されていた。
 
 話の続きは、こちらで(↓)
 キャンピングカースタイル「メーカーインタビュー RVランド」
 
http://camping-cars.jp/taidan/2037.html
 
 
RVランドHP URL: http://www.rvland.co.jp/
 
 

カテゴリー: campingcar, news   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">