月別アーカイブ: 10月 2017

“昭和的” なるものとは?

  ドラマ『陸王』に見る昭和の高度成長とバブル  「平成の若者が昭和歌謡に夢中 … 」みたいな記事を書いているときに、ふと思ったことがあった。  今の人たちが、「昭和」という言葉からイメージしているものって、いったい何だ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

中国式世界帝国の未来

   日本のメディアが衆院選の話題で盛り上がっていた頃、東アジアでとてつもない地殻変動が起こっていた。  中国共産党の「共産党大会」が開かれ、習近平主席の権力基盤の空前絶後の強大化が図られたのだ。  その大会で宣言された … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

惨敗の責任を小池代表に転嫁するのはおかしい

   すでに終わった衆院選の結果について、もうこれ以上書くこともないと思うのだが、やっぱり最後に一言だけ触れておかなければ気が済まないのは、現在の政治家たちのどうしようもない劣化だ。  「劣化」というのは、何も不倫疑惑と … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

無類に面白かった衆議院選挙

   エンターティメントとして、今回の衆議院選挙は、けっこう面白かった。  結果は、マスコミの予想通り自民党の圧勝となったが、そこに至るまで、さまざまな人間ドラマがあった。    「政治」というのは、つくづく “見世物” … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 9件のコメント

米中戦争が起これば、中国が勝つ ?

   5年に1回の中国共産党大会が開かれ、習近平主席の独裁的権限が一層強化されたようだ。    習近平主席は、大会中の演説において、  「2050年までには社会主義国家としての “強国” となり、世界に大きな影響力を持つ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

若者の間に昭和歌謡ブーム

    「昭和歌謡」に興味を抱く、平成世代の若者が増えているという。  ネット情報によると、NHKで放映される「のど時間」では、昭和歌謡を歌う中高生の姿が目立つようになってきたとか。  NHKの同番組では、吉田拓郎の『落 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 音楽 | 10件のコメント

感染性胃腸炎だって

   ここ10日ほど、実は病床に臥せっていた。  病名は「感染性胃腸炎」。  恥ずかしい話だが、まぁ、ウィルスによる食中毒のようなものである。  しばらく外食に頼ることが多かったから、どこかの食事から拾ってしまったのかし … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

フェイクニュースはなぜ生まれるか

   トランプ米大統領が、自分に批判的なマスコミの報道を「フェイクニュース (fake news)と切り捨てるようになって以来、この言葉は流行語となった。    しかし、評論家の荻上チキ氏によると、この概念はけっして新し … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

小池旋風失速

   この日曜日(8日)から月曜日(9日)にかけて、衆議院選挙に挑む各党の政権公約が出そろい、両日ともテレビ番組は朝から連続して党首討論会を放送し続けた。  そこで感じたこと。  リアルな政治感覚を維持している党と、リア … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

「内面」を持たない政治家(小池百合子)の誕生

   僕は、ここ最近ブログのテーマに小池百合子女史のことを取り上げる機会が多いと思っているのだけれど、いったいそれは何故なんだろう? と自問してみると、けっきょく僕自身が小池女史にものすごく興味を感じているということなん … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 5件のコメント

悲劇のヒロイン

   2017年の衆議院選挙は、まだ公示前だというのに、およその勝敗が決したような気がする。  小池新党(希望の党)の予想外の大敗。  たぶん、そんな決着を迎えそうな気がしてならない。  もちろん、マスコミはそう予想して … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ