教科書から削除される歴史上の人物たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 教科書から削除される歴史上の人物たち
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 高校の歴史教科書から、坂本龍馬(↓)や武田信玄、上杉謙信といった有名な人物が姿を消すらしい。


 
 これは、11月14日(2017年)の朝日新聞で報道されたもので、高校や大学の教員からなる「高大連携歴史教育研究会」という機関が、「歴史の教科書に載る用語が多すぎるため、現在3,500語ぐらいで構成される歴史用語から1,500語ぐらい削除する」と言い出したという。

 同研究会によると、そもそも1950年代には、生徒たちが覚える歴史用語は1,300語程度だったそうだ。
 それがどんどん増え続け、今では3,500語に膨らんできた。そのため、子供たちが暗記しなければならない用語が多くなりすぎて、それが歴史を学ぶ楽しさをスポイルしているとか。

 減らされる言葉は、主に歴史上の人物名だという。
 現在候補に挙げられているのは、日本史においては坂本龍馬、武田信玄、上杉謙信、吉田松陰、大岡越前。
 世界史においては、クレオパトラ、マリーアントワネット、ガリレオ・ガリレイといった人たちらしい。

 それらの人名を削除する理由について、歴史教育に詳しい専門家たちは(ネット情報によると)次のように説明している。

 「坂本龍馬は、西郷隆盛や大久保利通に比べ、明治維新に果たした役割は小さい」
 「大岡越前はテレビドラマなどで有名だが、実際の大岡忠相という人物は裁判官として有名だったわけではなく、ドラマではかなり脚色されている」
 「武田信玄と上杉謙信が戦った “川中島の戦い” は、単なる地方大名同士の戦いに過ぎず、歴史の大勢に影響はなかった」
 「吉田松陰は教育者としては優れていたかもしれないが、思想家としては疑問符がつく」

 … などという判断が研究機関内部で固まりつつあり、上記の人々が歴史教科書から姿を消すことになるようだ。

 当然、ネットなどでは、賛否両論が生まれている。
 これらの歴史上著名人が削除されることについて困惑を隠さない人がいる一方、これを「是」とする見方もある。
 賛成を表明した発言には、次のようなものがある。

 「(教科書から吉田松陰や坂本龍馬の記述が削除されるのは、)賢明な判断だと思う。吉田松陰はテロを盛んに推奨し、坂本龍馬は単なる武器商人というのが最近の研究で明らかになってきたからだ」

 と、まぁ、自分の意見を、あたかも “世論一般” であるかのような体裁で書き込む人も出てきた。

 多くの人は、こういう動きをどう見ているのだろうか。 
 想像するに、若い人で、歴史に興味のない人は、覚えることが少なくなることを歓迎するかもしれない。
 歴史嫌いは、若者だけでなく、中年の主婦層にも広がっている。
 そういう人の大半は、次のようにいう。
 「人の名前を覚えるだけで大変。頭の中が混乱しそう」

 もちろん、そういう意見は、実際に私もよく耳にする。
 「NHKの大河ドラマみたいなものは1回も見たことがない」
 という人も多い。

 ただ、私のような歴史好きの人間からすると、自分たちが若い頃に慣れ親しんだ歴史上のスターたちが教科書から消えていくことはさびしい。
 やっぱり「高大連携歴史教育研究会」の考え方はおかしいのではないかと思ってしまう。

 繰り返しになるが、この研究会は「高校生が覚えなければならない用語が増えすぎて、歴史を学ぶ楽しさが排除されている」と言っているのだが、歴史上の “スター” を排除して、ほかにどんな楽しいことを学ばせようとしているのだろう。

 彼らは、名前を覚える価値のない歴史上の人物を削除する代わりに、「気候変動」、「グローバル化」、「共同体」といった現代的課題につながる用語を盛り込むという。
 それじゃますます “歴史嫌い” の子供たちが増えるだけではなかろうか。

 確かに、小説やドラマによって、その業績が誇張された人物はたくさんいる。
 現に、坂本龍馬という人は、司馬遼太郎氏の『竜馬がゆく』以降に人気が出てきた人で、司馬さんも、自分の書いた龍馬像にはたぶんに創作が混じっていることを認めている。
 だから、司馬さんの小説では、名前が「龍馬」ではなく、「竜馬」になっているのだ。

 しかし、それでもいいのではないか。
 実在した人間の実力以上に “能力” が盛られたとしても、国民の多くが親しんだ人物は、もう日本人の「文化」になっているのだ。
 その人物が、仮に歴史上に果たした役割が小さかったとしても、ドラマや小説によって盛られたロマンこそが、それに接した人々の情操を豊かにしていくのである。

 残虐な独裁者を “救国のヒーロー” として祭り上げるような歴史の捏造は許されないが、坂本龍馬の「わしは日本を洗濯しようと思っちょる」というセリフに滲んでいる気宇壮大なロマンに思いを馳せることは、十分に許される。

 習った歴史が史実と異なることを探る作業は、大人になってからやればいいだけの話だ。
 それよりも、人間として最初に習う歴史は、ワクワクする “物語” であっていい。

 イタリアの歴史を題材にした読み物を書いている塩野七生氏は、日本の歴史教育の貧しさを、「物語性」の排除に見出している。

 日本では、子供が小さい頃から、教師が「歴史はロマンではなく学問だ」と教える。
 つまり、日本人教師は、小説やドラマに出てくるような話を、「そんなものは入学試験には出ないから」といって話題にすることすらしない。
 結果的に、それが歴史を無味乾燥な学問にしてしまう。

 塩野七生氏は、「ヨーロッパ人は歴史を<物語>として楽しむ」という。
 それが彼らの基礎的な教養となり、家庭内の話題や友人同士の会話の豊かさを保証していくことになる。

 「高大連携歴史教育研究会」は、必要のない歴史上の人物を覚えることが子供たちに、過酷な暗記を強いていると主張しているようだが、人間は、楽しい物語の主人公の名前など忘れないものだ。
 むしろ、歴史の時間に、「気候変動」とか「グローバル化」、「共同体」などという言葉を覚えさせられることの方が苦痛だ。
 
 近年、歴史嫌いの子供たちが増えてきたのは、教師たちの無味乾燥な歴史教育の結果だと言い切ってもよさそうだ。
   
 
関連記事 「坂本龍馬の実像」
 
 
 
  

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

教科書から削除される歴史上の人物たち への2件のコメント

  1. Milton より:

    私もこの件についての記事を読みましたが、何とも言えないところはありますね。歴史好きですけど。

    ただ、塩野さんが指摘するように、「ヨーロッパ人は歴史を<物語>として楽しむ」のが事実であれば、そこにはもしかすると聖書やギリシャ神話の影響も少なからずあるのかもしれませんね。

    しかしながら、それはこの二十年間の(過度な)グローバル化による、大量の移民流入「以前」のヨーロッパ人的な発想なのかもしれませんが・・・コモンセンスの喪失とダイバーシティへの変容。

    なんであれ、ハイデガーの主著『存在と時間』(1927)には、歴史観に関連した面白い記述があるので、抜粋しますね。

    「運命を蔵する現存在が、世界=内=存在として本質的に他者たちとの共同存在において実存している以上、現存在の歴史生起とはまたともに歴史生起することであり、命運である定めにある。(中略)同じ世界の内で相互共同存在し、また一定の可能性に向けて果断に在る中で、それらの運命には初めからすでにともに歩む道連れがいる。ともに分かちあい闘う中で初めて、命運が秘める威力は自由に解き放たれる。」

    この記述は、ハイデガーとナチズムの関係を予感させるような議論を呼ぶ箇所ではあるのですが(ナショナリズム)、しかしながら、「ヨーロッパ人は歴史を<物語>として楽しむ」要素が感じられるような箇所でもありますよね。

    そこを日本に置き換えたとき、日本人としてどう判断すべきか、と言ったところでしょうか。

    • 町田 より:

      >Milton さん、ようこそ
      塩野七生さんが、「ヨーロッパ人は歴史を<物語>として楽しむ」とおっしゃっていたのは、『海の都の物語』(1980年代)を書いていらっしゃった頃ですから、確かに、もう30年以上前の話になります。
      そういった意味では、Milton さんがご指摘されたように、移民が大量に流入する “以前” の話といえるでしょう。

      もちろん、聖書とギリシャ神話というのは、昔からヨーロッパ人全体のアイデンティティであり、国を超えた共通の教養になっています。それは今のEUの精神にもつながっていますね。
      だから、現在、移民問題でEUが揺らいでいるとしたら、ヨーロッパ人たちも「歴史を<物語>として楽しむ」などという悠長なことを言っていられなくなるかもしれません(笑)。

      塩野さんがハイデガーまで意識されていたかどうか分かりませんが、その頃の彼女のイメージとしては『プルターク英雄伝』とか、ホメロスの『イリアス』、『オデッセイア』などがあったのではないでしょうか。

      実際に、こういう一連の物語は、異国の私が読んでも面白い。
      イリアス、オデッセイアなどは中学生の頃に呉吾一さんの訳で読んで、興奮したことがあります。
      あと、シャルルマーニュ伝説、ニーベルンゲンリード、アーサー王伝説なども小さい頃から読んでいました。
      だから、「<物語>としての歴史を楽しむ」というのは、私などには実感として納得できることなのです。

      もちろん、<物語>の大半は、実証性の乏しい伝承に過ぎませんから、学問とはほど遠いものも多いでしょう。
      でも、少なくとも、そこに「面白さ」を感じたからこそ、後になって無味乾燥に思える学術的歴史考察にも興味を持続できるようになったと思います。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">