消えていくテクノロジーがノスタルジーをくすぐるのは何故か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 消えていくテクノロジーがノスタルジーをくすぐるのは何故か?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

   
 1年に1回ほど会う友人がいる。
 出身校は違うが、同年齢だ。
 団塊世代の少し下という世代である。

 その友人は、昔からクルマの好きな男で、マニアックな知識をいっぱい蓄えている。
 駆動系を自由に改造できる時代に車にのめり込んでいた人なので、「ボアアップ」とか、「ソレックスの3連」とか、「2T-G」とか、もう私が30年も遠ざかっていたボキャブラリーが飛び交うような会話で盛り上がった。

 その彼が、「自動ブレーキ」が定着しつつあるような風潮を嘆き始めた。
 「ドライバーが自分で危険を感知し、緊急回避できないような車に乗るぐらいだったら、もう免許なんてお上に返上してしまった方がましだ」という。

 さらには、「車が便利になりすぎて、“白物家電” のようになってしまったから、若者の車離れが始まった」とも。
 そして、最後は「我々はいい時代に生きた」という結論になった。

 ま、そうではあるのだが、私個人としては、古いテクノロジーに親しんできた人間が、新しいテクノロジーに違和感を持つのは常であって、「我々」だけが良い時代を生きたということではないように思うのだ。 
 … が、そのとき彼にはそうは言わず、「ほんとうにそのとおりだね」と相槌を打った。

 しかし、たぶん20~30年後には、今のEVや自動ブレーキの運転感覚に慣れた人たちだって、その後の新技術を搭載した自動車に違和感を感じるはずだ。
 そして、そのときには、「昔は良かった。俺たちはいい時代を生きた」などとジジ臭いことをいうのだろう。
  
 
 なぜ、われわれは、古いテクノロジーに郷愁を感じるのか。
 真空管のアンプに凝ったり、ターンテーブルを回してレコードをかけることに生きがいを感じたり、古いネジ巻き式の柱時計を収集したりしている人も後を絶たない。
 誰もが、自分が生まれて最初に手にしたテクノロジーに、生涯そこはかとない郷愁を抱き続けるのは、いったいなぜなのだろう。

 それは、人間の感受性というのは、実はその人間が成長期に接したテクノロジーによって左右されてしまうからだ。

 普通、ヒトの感受性は、絵画だとか、小説とか、音楽のようなアート系の文物の影響を受けると思いがちである。

 しかし、絵画や文学というものは、すべての人に影響を与えるとは限らない。
 そういうアート系の教養は、それを趣味として楽しめる人でないかぎり、「感受性」とは無縁の存在にすぎない。

 それに対し、テクノロジーは、個人の趣味や教養などと関係なく、否が応でもその人の生き方を変えていく。

 電話機が固定電話からスマホに変わっていくように。
 レコードやCDで聞いていた音楽がネット配信に変わっていくように。
 フィルムカメラが、いつの間にかデジカメに変わっていくように。
 テクノロジーは、個人の趣味とは無関係のところから舞い降りて来て、強引に個人の趣味を変えていく。

 だからこそ、テクノロジーはひとつの時代を生きた人間の郷愁をそそるのだ。

 自分の青春時代を彩ったテクノロジーが「お役ごめん」となって消え行こうとしている姿を見て、それに密着して生きてきた人々は、そこに時の推移の非情さを感じ、物質のはかなさを発見する。
 そこにノスタルジーが生まれる。


 
 しかし、そのようなノスタルジーを誘う古いテクノロジーでさえも、実は、それが普及する前には別のテクノロジーを葬り去っていたことは忘れられている。

 SLにノスタルジーを感じるファンは多いが、そのSLだって、19世紀の中ごろに「馬車」というそれまでの移動手段を排除して、世に広まったものである。
 
 作家の中には、今でも紙の原稿用紙に向かって手書きの文字を書くほうが、パソコンやワープロを使うよりも小説がうまく書けるという人が多数存在する。
 だが、その原稿用紙を構成する紙だって、一般庶民が手に入れられるような現在のスタイルが確立されたのは、15世紀ぐらいからである。

 しかし、そのことは忘れられており、あたかも紙は、古代エジプトあたらりから連綿と続く人類の文化遺産のような価値を与えられている。

 そして、それはさらに神格化され、電子メディアでは実現できない人間の “温かみ” を伝えるコミュニケーションツールのようなイメージを付与されている。
 しかし、そのようなイメージも、やはりテクノロジーの産物にすぎない。

 テクノロジーの変化によって、新しい感性が生まれる例を、もっと卑近な例からあげてもいい。
 たとえば、ロックミュージック。
 エレキギターが登場した頃の初期のロックンロールの音と、いろいろなサウンドエフェクトが多用されるようになったジミヘン以降のギターサウンドは全然違う。

 ビートルズにおいても、4トラックで録音していた時代のものと、多重録音に移行した後期のものとでは、表現される音が違うだけでなく、背後にひかえている世界観まで異なっている。
 当然、その差異は、聞き手の音楽に対する感性をも変えていく。
 
 われわれの感性というのは、新しい時代が来れば捨てられる運命にある現在のテクノロジーによって支えられている。
 しかし、そのことを自覚するのは、たいてい自分の感性を育てたテクノロジーがこの世から消えようとしているときである。
 
 

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

消えていくテクノロジーがノスタルジーをくすぐるのは何故か? への8件のコメント

  1. タヌ山 より:

    町田さん、こんにちは^^

    ノスタルジーといえば、先日ネットで面白い記事を見つけました。
    2030年以降に需要が発生する職業を予測するという内容なんですが、その中にあった「ノスタルジスト」というものが気になったので、原文を抜粋してみます。

    ●ノスタルジスト/Nostalgist
     裕福な高齢者向けのインテリアクリエイター。高齢者は変化に対応するより、自分の長い人生経験から一番幸せだった時代を知っている。よって裕福な高齢者がそれぞれ思い入れのある年代を再現したインテリア空間をデザインするのがノスタルジストの仕事となる。完全に過去を再現するというものではなく、その時代が与えた影響や効果を演出することが大切な要素となる。従ってノスタルジストは、セラピスト、インテリアデザイナー、歴史研究者の役割を兼ね備えている。

    歴史研究者を兼ね備えている、という文言にちょっと笑ってしまったんですが、あながち的外れな商売でもなさそうですよね。一定の需要はありそうな気がします。笑

    話は変わって、僕は今年34になる世代ですが、個人的にはカフェより喫茶店が好きだったり、音楽も松任谷由実さんや中島みゆきさんが好きだったり、懐古主義っぽいところがあります。なので、バブルも大好きです。
    また、ここ20年くらいの変化を見てみますと、携帯が完全に普及したのが高校を卒業する頃だったと記憶しています。インターネットは2000年代半ば頃でしょうか。なので、僕らの世代はそういったものが出てきた時代と、それ以前の時代と、両方を知っていることになります。

    ただ、どちらのほうが豊かな時代なのかと問われると、正直難しいところですね。。。

    すでに鬼籍に入られましたが、ノートルダム清心学園の渡辺和子氏は、今の時代は“文明災”に見舞われているとおっしゃっていました。また、松任谷由実さんも今の時代についてタワレコのインタビューで「情報過多。選択肢が多すぎてみんなが迷っている時代」と分析されていて、何となく言わんとしているとこは共通しているように思います。

    最近とても好きなamazarashiというアーティストさんがいまして、彼は「虚無病」という楽曲の中でこんなふうに歌っています。
    「諸行無常未来都市 輪廻の環状線 抜け出せない因果と
    去勢に至る 未来無き未来 選択肢なき幸福
    感染 反戦 我に返るも 手遅れ 潜れ 潜れ
    オーバーテクノロジーと心中して 生け贄 犠牲 人間性

    “選択肢なき幸福”や“オーバーテクノロジーと心中”という部分が、いろいろ示唆しているように思うのですが、この曲を聴いたとき、町田さんだったらこのフレーズはどんなふうに受け止めるのかなぁなんて考えてしまいました。この楽曲もたしかYouTubeにあるので、もしお時間あれば聴いてみて下さいね^^

    まとまりのない文章ですみません。汗

    • 町田 より:

      >タヌ山さん、ようこそ
      ≫「2030年以降に需要が生まれるという『ノスタルジスト』という職業」の話、とても興味深く拝読いたしました。
      そういう職業が現実のものとなるかどうか、今の段階では何ともいえませんが、タヌ山さんがおっしゃるように、少なくともニーズはあるように思えます。

      現在「34歳」ということですが、それはまさに「昭和」と「平成」が切り替わった時期と重なるということなんですね。
      比喩的にいえば、「昭和の文化」と「平成の文化」が交じり合うという時期ということなんでしょう。
      それが、「カフェ」より「喫茶店」、今の「Jポップス」より「松任谷由実さんや中島みゆきさんの歌が好き」というところに表れているのかもしれませんね。

      おっしゃるように、「今の時代は情報過多、選択肢が多すぎてみんな迷っている時代」というのは言い得て妙だと思います。
      選択肢が多いということは、今までは豊かさの象徴といわれてきましたけれど、選択肢が増えすぎてある時点を超えてしまうと、それは逆に「無」に転化するということなんでしょう。

      amazarashi の「虚無病」は YOUTUBEで探し、とても興味深く拝聴。
      タヌ山さんが抜き出された歌詞の印象からは、ちょっと押井守の『イノセント』(あるいは「ゴースト・イン・ザ・シェル」)の未来都市の情景を思い浮かべました。
      そして、彼らの歌詞というのは、オーバーテクノロジーにまみれた現代社会を風刺し、嫌悪し、批判し、告発するという視点を持ちながら、同時にそのオーバーテクノロジーが人間の知覚を変容させ、万華鏡の幻惑に似た快感を紡ぎ出しているという両義性を描き出しているとも感じました。

      いま我々が向き合っている “世界” は、まさにオーバーテクノロジーによって生み出された社会ですよね。AI、ロボット工学、クローン技術。どれも20世紀的なテクノロジーの限界を突破してきたものばかりです。

      たぶん、これらのテクノロジーは、人間が歴史的に構築してきた「宗教」と「哲学」を変えていくのだと思います。

      これまでの「宗教」と「哲学」は、「人間はいつか死ぬもの」という前提で考え抜かれてきたものばかりで、その延長線上に、「死ぬべき運命にある人間には手を伸ばしても届かないもの」として “永遠” という観念が生まれてきたはずなのですが、その前提が崩れ去りそうな時代になってきました。

      そうなると、どうなるのか。
      「永遠」という概念が死滅して、代わりに「虚無」が生まれてくるわけですね。
      どちらも、“無限の広がりを持つもの” というイメージを共有していますから。
      amazarashi の「虚無病」という歌は、そういう時代を歌ったものではないかと思いました。
       

  2. Racet より:

    アナログ人間のRacetです(*^-^*)

    私も、昔のテクノロジーにノスタルジーを感じるというか、
    昔のテクノロジーに拘り続けています。

    ここ20年位ですが、世の中が急速にデジタル化していきました。
    その結果、人の技量や判断、趣向や意志が介在していたアナログの世界から、
    人によって結果がバラつかないデジタルの世界に変わっていきました。

    アナログのデジタル化に関して、恐らく最近の若い人たちは、便利になったと感じるのだと思いますが、中年層以降は、面白味が無くなったと感じるのだと思います。

    私は、エコ、自動運転の時代に、ターボエンジン搭載のMT車に乗ってますが、やはり、自分でエンジンやミッションを操作して、クルマを操るのが愉しいと感じます。
    しかし、大概の人は、エコなHV車でミッション操作が不要なクルマの方が楽で良いみたいです。

    音楽に関しても、CDをカセットデッキでカセットに録音して聴きます。
    バイアスや録音レベルで、音はキツクも優しくもなりますし、カセットテープのアナログの音の方が耳に優しいので、私はアナログの音が好きです。
    しかし、殆どの方は、ネットでデジタル音源を落として、シャリシャリキンキンする音楽を聴いています。どこでも音楽を聴けるので、便利なようですね。

    人間が自分の技量や趣向を反映できるという意味で、アナログなテクノロジーは愉しいと思うのですが、言い換えれば、人間の技量や趣向で、アウトプットが変わってしまいます。
    しかし、デジタルなテクノロジーは、人間の技量や趣向に関係なく、誰でも同じアウトプットを得られるので便利です。

    アナログなテクノロジーからデジタルなテクノロジーへの技術革新の中で、アナログなテクノロジーの愉しさを体感している人間としては、ノスタルジーを感じるのだと思いますし、デジタルなテクノロジーに慣れた人間には、不便な過去の遺産にしか感じられないのだと思います。

    アナログなテクノロジーは、味があって良いですよね(´-ω-`)

    • 町田 より:

      >Racet さん、ようこそ
      ご指摘のとおりだと思います。
      アナログ文化というのは、まさにおっしゃるように、比喩的にいえば、“ゆらぎ” の文化ですよね。人の技量や判断力、意志や趣向によって著しく左右されてしまう文化ということです。

      それに対し、デジタル文化というのは、その “ゆらぎ” を徹底的に排除し、万人に対し、一様にデータ的な整合性を強要する文化です。

      おっしゃるように、自動車でいえばMT車というのが、“ゆらぎ” ですね。
      クラッチの応答性などを自分で確かめながら、自分が最適と思えるポイントでギアをチェンジする。そのタイミングはその人の運転技量や経験値、好みなどで変わっていきます。
      確かにギアチェンジは作業的には手間のかかる行為ですが、ミッション操作が不要な今の車に比べると、手間がかかった分、「うまく仕事をこなした」という達成感が得られます。それが「運転の愉しさ」につながるということなんでしょうね。

      CDをいちいちカセットに落として聞き直すというのも、バイアスや録音レベルをコントロールして、自分好みの音に修正するということですよね。
      そういう作業に面白さを感じた人は、ものごとがデジタル化していくというのは退屈なことに映るのでしょう。
       

      • Racet より:

        自動化、デジタル化の流れは避けられない世の中の動きの様に感じます。

        家事を例にしても、洗濯板で手洗いしていた洗濯物は、洗濯機で機械化され、掃除も箒と塵取りで掃除していたものが、掃除機で機械化されました。
        最近はお掃除呂ボットまで登場して、機械化から自動化に進んでいます。

        日本経済自体が、原材料を輸入して、製造業で付加価値を高めた製品を輸出して外貨を稼いで、農産物や資源を輸入しているという産業構造になっており、常に世界の最先端を目指して、工業化が進展しているので、やむを得ない流れだと感じています。

        日本の製造業の強みは、生産工学(インダストリアルエンジニアリング)を活用した機械化、自動化にあり、それが、産業の競争力を高めてきたのですが、最近はその流れが製造業の中に留まらず、国民の私生活の中にも取り入れられてきていると感じます。

        これからは、より一層、「ムリ、ムラ、ムダを省き」「個人毎のバラツキを取り払った」形でのデジタル生活化か進んでいくと思います。

        極論言うと、人間が運転するから、判断ミスで交通事故が発生したり、ブレーキの連続で渋滞が発生する訳で、自動運転車が普及すれば、交通事故や渋滞も無くなります。

        嘗ては、製造業のラインも、職人として周囲から尊敬されるベテラン社員が居て、製品を叩いて音で巣を発見したり、振動や異音で設備の異常を感知したりしていたのですが、それら暗黙知も全てセンサーやコントローラーに置き換わりつつあります。

        機械化、自動化に加え知能化が進めば、先の山陽新幹線の車台破断寸前のインシデントなども、未然にセンサーで感知出来る様になります。

        この様な産業界の機械化、自動化、知能化が、我々の私生活の中にも浸透していくと思います。

        何だか、アナログの世界(人の技量、技能、暗黙知、判断などがアウトプットを左右する世界)から、デジタルの世界(高度に機械化、自動化、知能化され、人によってアウトプットがバラつかず、均一化出来る世界)に変わっていくことは寂しいと感じることもありますが、私自身がそれを推進する立場のエンジニアとして禄を食んでいるのは、皮肉にも感じます(^-^;

        • 町田 より:

          >Racet さん、ようこそ
          まったく異論はありません。
          ≫「自動化、デジタル化の流れは避けられない世の中の動きである」

          まさにおっしゃるとおりですね。
          Racetさんも、≫「自分の好みとしてはアナログ機器に愛着を感じる」とおっしゃっていながら、エンジニアとしてのお仕事を考えると、産業の自動化・デジタル化を推進せざるを得ないというお立場ですよね。

          それはジレンマでもあるのですが、多くの現代人が抱えている共通したジレンマであるように思います。
          だからこそ、「今の時代は面白い」ということにもなるのでしょうね(笑)。

          現在の日本の産業が、付加価値のある洗練された製造業に特化して、それを世界に供給する代わりに、農産物や資源を輸入してくるという形になっているかぎり、自動化・デジタル化は生命線でありますから、その流れに竿をさすことは誰にもできないでしょう。

          ここで Racet さんが提示された例、すなわち自動車の「自動運転化」の流れは、今後高齢者ドライバーが幾何級数的に増えていくことを考えると、一刻も早く解決されなければならない課題ですし、山陽新幹線の車台が破断寸前だったという事例に関しても、より精密なセンサーを導入することで、大事に至らないチェックを行うことは至上命題です。

          私が注目したかったのは、そのような産業上の要請で実現してきた数々の新テクノロジーが一般生活のなかに浸透することによって、我々の物に対する感受性がどう変化していくのかということでした。

          そうすると、多くの人は、新しいテクノロジーがもたらす生活の利便性を享受しながらも、同時に消え去ろうとしている古いテクノロジーに郷愁を持っているようにも見受けられました。

          なぜそこに「郷愁」が生まれるかというと、多くの人は、もうそういう古いテクノロジーが支えてくれた生活に戻りたくないからです。洗濯物を洗濯板で手洗いしていた時代に戻りたくないからですね。
          「SLがカッコいい」といっても、実際には、もう人々は窓を開けていると石炭の煤で顔が真っ黒になるような汽車には乗りたくない。

          だからこそ、「消えていくテクノロジー」は人々の懐古趣味をくすぐるわけです。
          そこには、「今は便利な時代になった」という無意識の安心感も反映されています。

          それを美化した映画が、「三丁目の夕日」でした。あそこに出てきたオート3輪トラックとか銀座を走る都電とかは、まさにノスタルジックな交通手段の象徴でしたね。

          あの映画が評判になったのは、「昭和の人間の活力が素晴らしかった」とか、「日本にも元気な時代があった」という感想の底に、人々の間に「あの不便な生活に戻りたくない」という気分も働いたからではないでしょうか。

          そんなことまで考えさせてくれる示唆的なコメント、ありがとうございました。
           

  3. タヌ山 より:

    虚無病、さっそく聴いていただいたんですね^^

    永遠という概念が死滅すると虚無になる。うっすらとわかってはいましたが、なかなか言葉にするのは難しいですね。物質的な豊かさと引き換えに、やがて我々は何を手放すはめになるのか………想像すると怖いです。

    僕は宗教や哲学に関しては素人ですが、人間はいろいろと足掻くけれど、最後には死んでしまうんですよね。死があるから生が輝くというか、結局はメメントモリ的なシンプルでプリミティブな結論に行き着くような気がします。

    正直、僕の世代(というか自分の周囲)にはあまりそういうことを深く考える人がいません。便利な世の中ゆえに考える力を奪われているというか。僕自身も書いたコメントを振り返ってみると、コピペのオンパレードですよね。汗 何一つ自分の考えを述べられていないことに愕然としました。語彙力も足りませんし。
    なのでいつも町田さんのブログは、僕にとって答え合わせのような場所なのかもしれません。

    何に対しても本質的なことをおっしゃられるので、とても勉強になっています。^^

    追伸:コメントにブログのURLを乗せました。だいぶひどい内容ですが、宜しくお願いいたします。`^ω^

    • 町田 より:

      >タヌ山 さん、ようこそ
      ここ10日前後、キャンピングカー関係の大きなイベントの取材で奔走し、かつその取材データをまとめたりする仕事に忙殺されて、お返事が遅くなりました。
      たいへん失礼いたしました。

      ブログも拝読。
      読んで面白いし、とても鋭い問題意識を保ちながら、社会を眺めている様子が伝わってきました。繊細なアンテナをお持ちの方とご推察申し上げます。

      最近(たまたま偶然なのでしょうが)、30歳中頃ぐらいの若い方からいろいろコミットしていただく機会が増えました。
      いずれも、このブログを読んでくださる方々です。

      30歳中頃というのは、実はその人間にとって、いちばん感受性が明敏な年齢ではないかと思うのです。
      よく、人間の感受性は、「10代の頃がいちばんみずみずしい」などと言われますが、10代の感受性というのは、本当の意味での「世界」と接したことのないナイーブな心の状態を指しているだけで、いちばん感受性が磨かれる年齢は、社会の構造が見えてきたり、自分とは異なる他人の能力が見えてきたりする30代ぐらいではないかと思っています。
      つまり、この年齢に達したときにはじめて、それまで本を読んだり、音楽を聞いたり、アートに接したりして蓄積してきた教養が、現実という試練を受けて鍛えら直されるわけですね。

      だから、人間というのは、30歳代が勝負かな…と。
      そして、30代に努力した成果が、40歳代に生かされるというように感じています。
      そのあとの50歳代から60歳代というのは、40代に蓄積した財産を食い尽していく過程のように思えます。

      つまらない説教じみた返信になりましたね。
      申し訳ないです。
      でも、タヌ山さんのお書きになるものは、豊かな後半戦につながるような能力を感じさせるものでした。
       

町田 への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">