キャンパー鹿児島「レム レポーズ」誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャンパー鹿児島「レム レポーズ」誕生
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
リチウムイオン電池を搭載した
キャンパー鹿児島の新キャブコン

 業界でもいち早くリチウムイオンバッテリーを搭載したキャンピングカーの実用化に踏み切ったキャンパー鹿児島。
 同社が開発した「KULOS(クロス)」というリチウムイオンバッテリーは、発電容量がケタはずれに大きく、従来の鉛バッテリーの7倍~10倍の寿命を保ち、しかも重量が軽い。
 このバッテリーで車内のエアコンを駆動させたとき、8時間から13時間程度の連続運転できるようになっている。

 さらに、同バッテリーの場合はそれまでのリチウムイオンバッテリーとは異なり、キャンピングカーに搭載した場合は走行充電が可能であるのみならず、アイドリング充電も可能という画期的なもの。現在、メディアやユーザーの間で大反響を巻き起こしている。

 しかし、同バッテリーはこれまではバンコンにしか搭載されたことはなく、キャブコンへの採用を期待するユーザーの声は高かった。 
 「レム レポーズ」は、そんなユーザーのリクエストに応えて、キャンパー鹿児島がはじめてリリースした「クロス」を搭載したキャブコン。

 ユニークなスライドアを装着して、明るく開放的なエントランスを実現している。
 室内は、バンコン開発で培ってきた同社の洗練された内装でまとめられ、高機能な装備とハイセンスなデザインが融合したチャーミングなキャブコンに仕上げられている。



詳しい情報は、こちらをどうぞ (↓)
https://camping-cars.jp/camping-car-news/3838.html
(キャンピングカースタイル「リチウムイオンバッテリー搭載キャブコン レム レポーズ」)
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">