愛車自慢 コマンダーGT(再録)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 愛車自慢 コマンダーGT(再録)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 昔、「愛車自慢」というタイトルで、自分が乗っている「コマンダーGT」というキャンピングカーのことを書いたことがある(2007年7月1日)。
 しかし、一度クラッシュした旧ブログなので、画面が立ち上がるまでに時間がかかり、画像が抜け落ちた部分もあるので、「キャンピングカースタイル」というWEBサイトでこの車が紹介されたことを機に、多少リライトして、ここに再録する。


 
 
コマンダー開発秘話
 
 この車は、2002年(平成14年)に、横浜のキャンピングカーショップ(元)「ロッキー」から発売された。
 シャシーが韓国ヒュンダイ製。
 バンテックがそのシャシーを輸入し、ロッキーが企画を練り、バンテックのタイ工場で造られたキャブコンという意味では、東アジアを股にかけて製作された国際的なキャンピングカーともいえる。

▼ コマンダー(初期型)

 スタイル的な特徴といえば、かつてアストロをベースにした輸入モーターホームとして一世を風靡した「タイガー」を彷彿とさせるところ。プロポーションもタイガーだし、ストライプの走り方もタイガーを意識している。
 これは当時の「ロッキー」の社長がアメ車好きであったことに由来する。

▼ アストロタイガー(後期型)

 
 しかし、この企画を受けたバンテックの社長 故・増田紘宇一氏は、ヨーロッパ車が好きだったせいもあって、アメ車テイストの車をつくることには内心苦々しい思いを持っていたともいわれている。
 ただ、そこはバンテックのヒット商品を次々と発表していた増田氏のこと。ロッキー側の依頼を受けて、見事にアメリカンテイストのフォルムを造形した。

 ちなみに、増田氏がヨットを趣味としていたこともあって、その人間関係から、ボディ造形には日本を代表するヨットデザイナーの横山一郎氏が関わったといわれている。
 

 
 このコマンダーを購入するときの、選択肢としての基準は、5m未満のキャブコンで、車両本体価格が500万円未満(当時)。
 … ということであったが、実は、ベース車のヒュンダイSRXトラックにすごく興味があったからだ。

 なにしろ、このトラックは、商用車の分野でも国際マーケットへの進出を目指していたヒュンダイ自動車が、ヨーロッパのフィアット・デュカトの競合車として設計したトランスポーターだといわれている。
 つまり、アウトバーンでの走行も念頭においたもの !?
 … となると、当然走りを期待したくなる。

 このベース車を日本に導入するとき、バンテックがあちらこちらの国産ビルダーに、売り込みをかけた。
 それを受けたビルダーさんの反応が様々であった。

 某メーカーA社長。
 「いいシャシーですよ。ただ韓国製ということで、うちの営業は全員反対でしたね。エンジンブロックなどの構造が日本の三菱系とはいっても、不具合が出たらどうするか。未知の部分が多すぎて … 」

 某メーカーB社長。
 「シャシーはいいけれど、日本では売れないと思うよ。売れない理由が3拍子揃っている。ひとつは左ハンドル。次はディーゼル。そして、やっぱり韓国車はまだ日本では市民権を得ていない」

 某メーカーC社長。
 「これはいいシャシーだよ。ディーゼルだけど、やかましくないんだよ。それに、運転席が乗用車の雰囲気じゃない? しかも、ドアを閉めると、バタッと重厚感があって、トラックじゃないよ、あれは … 」

 某メーカーD社長。
 「韓国製っていうから、それほど期待していなかったけれど、実際走らせたらびっくり! カムロードなんかよりパワーがあるし(当時)、直進安定性もいい。ワイドトレッドなどをわざわざ設定しなくても、ベース車自体が広いから安定感がある。キャンピングカーにしたら良いクルマができると思うよ」

 某メーカーE社長
 「バンテックさんが入れるというので、ヒュンダイの工場まで試乗に行ったんですよ。そうしたら、思ったより完成度が高かった。まぁ、トヨタほどの完成度ではないけれどね。ターボの回り方はいいので、走りは軽快。ホイールベースも長くて安定しているし、トレッドも広いので、コーナリングの不安がない」


 
 … というように、架装した車両が生まれる前から、かなりの情報を得ることができた。
 賛否両論だったわけだが、逆にそのことで、ものすごく興味をそそられた。
 このシャシーを使ったバンテックのアトムSRXのプロトタイプが出たとき、当時バンテックにいたベテラン営業マンが面白い話をしてくれた。
 
 「ショーに出したら、みんな珍しがって寄ってくるんですよ。コレかっこいいねぇ。どこのクルマ? って。
 だけど、韓国製って言ったら、みんなサァーって引いていく。日本人はまだ、大昔の、ドアのバリが取れていないような韓国車しか知らないんだね」

 この話を聞いて、逆に、
 「面白いじゃん!」
 と思った。

 誰でも誉めるシャシーなんて、あんまり魅力がない。
 「よし、次のキャンピングカーを買うなら、このベース車のやつを … 」
 そう密かに心に決めた。
 
 
車両サイズ
   
 この「コマンダー」がデビューした2002年当時。ヒュンダイSRXベースの国産キャンピングカーは全部で3台あった。
 1台は、輸入元のバンテックが開発した「アトムSRX」。
 もう1台は、フィールドライフの「フランク」。
 翌年になると、マックレーの「エンブレム」が登場することになるが、2002年ではまだ「エンブレム」はなかった。
 
▼ バンテックのアトムSRX(初期型 2002年モデル)

▼ フィールドライフのフランク

▼ コマンダーGT

 その中で、このコマンダーを選んだのは、ずばりサイズ。
 5m未満。
 アトムSRXは、全長5585mm。
 フランクは、全長5670mm。
 それに対して、コマンダーは4980mm。
 
 悲しいかな、わが駐車場 … といっても月極だが、そこに収まるのは5m未満のコマンダーだけだった。

 実は、ベース車のヒュンダイSRXトラックの全長は5415mmなのだ。
 それをわざわざフレームの後部をカットしてまで、ショートボディにこだわったのが、コマンダーだった。

 理想的といえば、理想的。
 頑丈なフレームを残したベース車だから、ボディ剛性もしっかり確保された上に、衝突安全性も保証される。
 それでいて、全長5m未満。
 もう、それだけで、ほぼ自動的に購入車両は決まった。
 
 結果的に、この5m未満ボディのおかげで、旅行に出ても駐車場選びで困ることはなかった。
 なにしろ、キャブコンでありながら、コインパーキングに収まってしまうというのはやはり便利だ。


  
 スタイルにこだわれば、プロポーションが美しいのはフランクだった。もちろんアトムもきれいなフォルムをしていた。
 しかし、当時のわが駐車場は、立て込んだ民家の塀をかすめる感じで、斜めにバックしながら入れなければならなかったので、リヤオーバーハングが長い車は、もうそれだけで候補から外れた。
 その点、リヤオーバーハングがなく、全長も5m未満のコマンダーなら、切り返しを必要とすることなく駐車スペースに入った。
 
  
走行性能
 
 走りは、正直にいって「拾い物!」という感じだった。
 実は、「カムロードよりよく走る」という評判は聞いていたのだが、それほどのことはあるまいと、タカをくくっていた。 
 当時のカムロードは91馬力。
 SRXのスペックデータは、103馬力(初期型)だったから、それほど大きな差があるわけではない。だから、実際に走らせるまで、大きな期待はなかった。
 
 しかし、ターボの力あなどりがたし。
 キックダウンして回転数が上がるまでは、ディーゼルトラック特有のもたつきがあるが、ターボが効きだしてトルクバンドに乗ってくると、かなり胸のすく走行フィールが味わえる。
 ある販売店のスタッフが「乗用車フィール」と言っていたのも、よく分かった。

 高速道路では、軽々と120km巡航ができるので、最初のうちは得意になって飛ばしていたが、燃費はガタっと落ちる。
 
 ちなみに、市街地では5.8~6.8kmリットル。
 高速道路では、平均8.6kmリットルぐらい。
 しかし、100kmを超える巡航を継続していると、高速道路でも市街地並みの燃費に落ちる。
 そのため、急ぎの用がないときは、高速でも80~90km走行。
 80kmをキープしていればリッター10kmは走る。

 直進安定性もいい。
 なにしろ、ホイールベースが3280mm。これは、カムロードの2545mmを軽くしのぎ、ハイエースのスーパーロング(3110mm)よりもさらに長い。
 そのため、高速道路で100kmを超えても4輪(後輪ダブルだから正確には6輪?)がピタッと地面をトレースしている感触が伝わってきて、ハンドルがまったくぶれることがない。
 
 左ハンドル車を持つのは、実は初めてだった。
 だけど、幅2mを超えて、この車のように2.15mぐらいになってくると、やはり左ハンドルは悪くない。
 左いっぱいに寄せられるので、狭い道のすれ違いなどは、かえって右ハンドル車より有利に思える。
 ただ、最初のうちは、右席に乗った同乗者は、対向車線の車が飛び込んで来るように見えて、かなり困惑していたようだった。
 
 難点があるとしたら、右側から迫ってきた車に追い抜かれるとき、一瞬の死角が生じること。
 それを解消するのには、天吊りミラーが効果があるようだ(私は付けていない)。
 この “一瞬の死角” は、この車の納車が始まった頃から、すでに問題になっていたもので、何台かは補助ミラーをつけて納めたという話は聞いた。私は、「事前の注意と慣れ」でなんとかしのいでいる。
 
 
レイアウト
 
 「コマンダー」というキャンピングカーの外形的特徴をいうと、“鼻付き” であることだ。つまり、ボンネットがバン! っと前に突き出ている。
 
 ボンネット型キャンピングカーは、確かにカッコはいいけれど、5mクラスのキャブコンとなれば、このボンネット部分にスペースを取られてしまう分、居住空間が狭められてしまう。
 つまり、長さの割りに、室内が狭い。

 これを「損」と取るか、「贅沢」と取るか。
 私は、「贅沢」と取った。


 
 ただ、正直にいうと、家族の多いユーザーには向かない車だ。
 カタログで謳われている乗車定員は9名。就寝定員は6名だが、それは人間を動かないマネキン人形のように考えて、肌と肌を密着させた状態で詰め込んだときの数値で、実質的には夫婦2名+小さな子供2名というのが許容限度。
 理想をいえば、夫婦2人の車だ。

 息子は、いま身長が180cmを超えるが、こいつが一人乗り込んでくるだけで、室内があっという間に半分に縮小されちゃったのか? と思えるほど窮屈になる。
 でも、今はほとんど夫婦2人で使っているので、まったく問題がない。

 ボンネットなどという “無駄メシ喰らい” のスペースがあるため、室内空間は狭いのだが、それを感じさせないところが、この車の妙である。
 理由は、バックエントランス。

 エントランスドアが、ボディの真後ろにある。
 エートゥゼットのアミティRRがこれを採用し、評判を取った。
 その昔は、日本人が企画した車ではアストロスター、イーグルなどというキャブコンがあり、輸入車ではシヌークがあったが、いずれにせよ、このレイアウトは少数派だ。
 
 トラックキャンパーでは、構造上このスタイルしか取れないわけだから、それはやむを得ないとして、キャブコンでこれを採用する車が少なかったのは、出入口がオーニング下からずれるし、リヤにキャリア類が付けられない … などというデメリットがあったためだろう。
 
 でも、そういう不便さを気にしなければ、これは無類にスペース効率の良いアイデアだ。
 フロントエントランスにせよ、リヤエントランスにせよ、ボディの横に入口がある車は、その入口まわりに家具を置くことができない。つまり、エントランスステップが “デッドスペース” になってしまうわけだ。
 
 コマンダーは、バックエントランスを採用したため、運転席からリヤエンドまで真っ直ぐに伸びる純粋なキャビンスペースを確保している。
 そのため、“生意気にも” シャワー・トイレルームさえ実現している。

 (写真上)ボディサイドにエントランスドアがない分、室内には、ドーン! と優雅なサイドソファが通っているのが特徴。
 足の長さなど自慢できない奥ゆかしい私なんぞは、このサイドソファがあるだけで、(フロアベッドを作ることなく)そのまま寝っ転がることができる。

 トラックベースに見えない運転席周りも気に入っているところのひとつ。
 乗用車っぽくハンドルが立っている。
 運転席・助手席とも、肘掛けが付いていて、快適だ。

 下は、キッチンスペース。
 さすがに狭いけど、いちおう2口コンロ付き。
 コンロの上には換気扇があって、煙草を吸っていたときは、この下で煙を吐き出すと同乗者のカミさんに迷惑をかけることがなかったので助かった。

 12V仕様の電子レンジ(↓)も最初から標準装備だった。
 これもけっこう便利。AC電源が取れなくても、冷凍モノを温めたりできるので重宝している。

 ゆったりしたダイネットシートに座り、窓の外に広がる港の夜景などを眺めながら、気に入った音楽を流し、ウィスキーなどをすすっていると、最高の気分である。


  
  
 ※ キャンピングカーライターの岩田一成さんとの対談による “愛車自慢” に関しては、下記のサイトをどうぞ。
 https://camping-cars.jp/usage/3986.html
(キャンピングカー総合WEBサイト「キャンピングカースタイル」) 
 
 
コマンダーGT(初期型モデル)主要諸元

ベース車両 ヒュンダイSRXトラック
全長 4980mm
全幅 2150mm
全高 2700mm
エンジン種類 インタークーラー付きターボディーゼル
排気量 2476cc
最高出力 103ps/3800rpm
最大トルク 24,0km/2000rpm
ミッション 4速AT(アイシン精機製)
駆動方式 2WD(FR)
ホイールベース 3280mm
トレッド(前) 1570mm/(後)1408mm ※後輪ダブルタイヤ
最小回転半径 6.3m
燃料タンク 70㍑(軽油)
発売当時価格(初期型) 4,600,000円
 
主要装備
FRP一体成形ボディ/網戸付きペアガラス/バックエントランスドア/温水ボイラー/ファンタスティックベント/ギャレー(シンク&2口コンロ)/大型外部収納庫(左右)/給排水タンク(各94㍑)/3ウェイ冷蔵庫/12V電子レンジ/105Ahサブバッテリー×2/カセットトイレ/ベバストFFヒーター/サイドオーニング/バックアイカメラ/リヤラダー/大型凸面ミラー/走行充電装置ほか 
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

愛車自慢 コマンダーGT(再録) への7件のコメント

  1. 大沼 準 より:

    こないだはご苦労様です
    キャンピングカーは良いですね 自分も欲しいと思います 金と時間があれば 
    今度タイミングが合えば日帰りでもどこか行きたいですね 
    企画は田畑が何時も考えますがたまには此方で考えましょうか
    句読点うまく使えないのでごめんなさい

    • 町田 より:

      >大沼 準さん、ようこそ
      季節も春めいてきたので、確かに、今度はアウトドアで集まるというのもいいですね。日帰りでキャンプを楽しめる場所というのもたくさんありますよ。朝早く出る必要はありますけどね。
      田畑さんに一つ企画を考えてもらいますか。
      それではまた会う機会を楽しみに。
       

  2. 桜田 光 より:

    町田さん、大変ご無沙汰しております。
    だいぶ前になりますが、ロッキーさんでのActOnTVのBBQ取材の時にご一緒させていただきました、桜田です。ウチもまだコマンダーGT乗ってます。
     ( https://youtu.be/8VMiLOTL36o ←ActOnTVの番組の動画です )
    いい車ですよね、名車と思います。10年以上たちましたがほぼノントラブル、今でもロッキー2の周ちゃん栗栖さんが面倒見てくれているので安心です。これは自宅が近いからラッキーだったかもしれません。
    そろそろタイミングベルトやらなきゃね、と言われてます、ここから先は自分の体と一緒、大事にメンテしながら乗り続けたいと思っています。
    失礼ございましたらお許しください、まずはお声がけまで。

    • 町田 より:

      >桜田 光さん、ようこそ
      メールありがとうございます。
      10年以上乗られてノントラブルですか。SRXは基本的にトラブルの少ないシャシーだと思います。
      なかには、オイル漏れが止まらない機種もあって、早々と乗り換えたというユーザーさんの声も聞いたことがありましたけれど、桜田さんのケースと同じように、私の乗っているものもタイミングベルトを1回交換したぐらいで、基本的にノントラブルでここまで来ました。

      ただ、さすがに16年乗っていると、不具合個所も出てくるようになり、昨年の冬についにフロントエアコンが機能不全になりました。たぶんフロンガスが抜けてしまったのだと思うので、本格的な夏場が来る前に修理しなければならないと思っています。
       

      • 桜田 より:

        町田さん
        細かいところはちょこちょこ不具合あります。オイルはエレメントが緩むので時々手で増し締めします。これを忘れるとオイルが一滴二滴漏れることはあります。オイル漏れの機体当時私もロッキーさんで見せてもらいましたが、ウチのケースとは違い、あれは確かミッションからでしたね。
        エアコンは数年前に真夏に効かなくなりました。コンプレッサーが回らずさんざん調べてもらいましたが、結局なにか電気系のコネクタが緩んでおり接触不良から動かなくなっただけで、きちんと差したら直った、なんて事がありました。そこにたどり着くまでガス入れたりなんだりかんだり。というのも効いたり効かなくなったりの症状が2年ほどあったからなのですが。ご参考までに。同じケースならよいですね。
        ロッキー2さんで、桜田コマンダーのエアコン不具合と同じケースかどうか診てもらうとよいかもです。

  3. neko SRX より:

     こんばんは。
    以前、愛車自慢(コマンダー)に、コメントさせていただきました、neko SRXと申します。
    皆様方も、気に入った車両と出会えたのは、本当に素晴らしいですよね♪
    私も、大切にして行きたいと思っております。
    また、どこかでお見掛けいたしましたら、今度は、お声掛けさせていただきますので、よろしくお願い致します。

    • 町田 より:

      >neko SRXさん、ようこそ
      ご無沙汰しております。
      以前もメールをいただき、ありがとうございました。
      そのとき、「同じSRXをベースにしたキャンピングカーのオーナー同士が集まると面白いですね」とお話した記憶があります。
      そんなやりとりをしてから、すでに11年経ったわけですね。

      購入してから16年。
      シートもだいぶへたってきているし、カーテンなどもよれよれになってきているけれど、この車のコンセプトそのものはあいかわらず気に入っています。
      SRXの交流会も、いつか実現させてみたいものですね。
       

大沼 準 への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">