日大アメフト事件で浮かび上がった日本的組織の正体

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 日大アメフト事件で浮かび上がった日本的組織の正体
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

  
顔のない組織が権力を握っている
 
 日本大学と関西大学のアメリカンフットボールの定期戦において、日大選手の悪質な違法タックルを行い、関学のクォーターバックの選手が負傷したことが社会問題にまで発展している。
 ニュースなどを見ていると、日大の監督・コーチがその違法タックルを選手に指示したのかどうかということが争点になっているようだ。

 昨日、その違法タックルを行った日大の選手が記者会見を行い、被害者に謝罪するとともに、その悪質違法タックルが監督・コーチの指示によるものであったと明言した。
 にもかかわらず、日大の広報は「選手と監督の間に意識の乖離があった」という言い訳を繰り返すのみで、謝罪するでもなく、開き直るわけでもなく、得体のしれない軟体動物のように、じりじりと後ずさりしているだけである。

 すでに多くのメディアが言及しているとおり、日大は今回の事件に対して、誰に責任があるのか、誰が事態を収拾できるのか、まったくそれを明らかにしていない。
 つまり、日大という組織が「顔」のない組織であることが浮かび上がってきたのだ。

 あるメディア解説者によると、そもそもこの日大という学校は、いちばん偉いのは学長なのか、それとも理事長なのか、それすらはっきりしない学校だという。

 つまり今回の事件は、日本においては、相変わらず「顔」のない権力が強大な実権を握っているという、きわめて古典的な組織構造が “健在” であるということを明示した。
 
 これは日大だけに限らない。
 言葉をかえていえば、「忖度(そんたく)による権力システム」がさまざまな日本的組織を動かしていることがはっきりしてきた。

 命令系統をはっきりさせない。
 誰かの指示があったかどうかを明確にしない。
 命令の伝達経路をあいまいにしたまま、それでも強大な権力が動いていくことを人々が空気として察知するように仕向ける。

 今回の日大アメフト部の違法タックル騒動は、同部の指導層がそのとおりに動いていたことを明らかにした。
 問題を起こした学生は、直接監督から指示を受けたわけではない。
 直属のコーチから間接的に、「監督の意向はこうだ」という説明を受けたにすぎない。
 
 そのコーチも、選手に対しては、「相手チームのクォーターバックを負傷させろ」という具体的な指示を出したわけではない。
 「つぶせ」
 「こわせ」
 などという情緒的な言葉で誤魔化して、その意味を選手自身が汲み取るように仕向けたのだ。

 今の日本の権力構造はそういう形で成り立っている。
 けっきょく、こういう権力構造がいちばん支配力を強化できるようになっている。
 なぜなら、トップに立つ人間を神格化できるからだ。

 “神” は語らない。
 語れば、人間側から反論を繰り出される余地が生まれてしまう。
 だから、“神” は語らず、人間たちに「空気で察しろ」という態度を取り続ける。
 それが日本的組織の恐怖政治モデルとなる。
 
 今回の一連の報道で、ある報道解説者が、「日大アメフト部は監督の内田氏を神格化して、選手のみならず、コーチ陣に対しても絶対服従の空気をつくった」というような意味のことを述べていた。

 けっきょく、“森友・加計学園” 騒動に代表される政治の世界で進行していることは、今回の大学スポーツ組織でも同じように進行していたということになる。
 両者に共通しているのは、「組織の下の者は、上の意向を空気として察知しろ」ということだ。

 「KY」
 “空気の読めないヤツ” という言葉が、周辺との協調関係を乱すという否定的な意味で使われたのは、もう10年ぐらい前のことになるのだろうか。

 いつのまにかこの言葉は使われなくなったが、それは消滅したのではなくて、「生き抜くには忖度が大事」という強固な教訓に変化して、人々の日常生活に根を下し始めていたのだ。 

 「忖度」だけが肥大化していく組織は、どうなってしまうのか?
 硬直化してしまう。
 
 組織の中に生きる人間の想像力などは、たかが知れている。
 上の者の心の憶測を推測したところで、組織のなかでは誰もが自己防衛を中心に考えているわけだから、上の意向を忖度するということは、その相手の人間の自己防衛に手を貸すだけのことなのだ。
 そんな組織が活性化することなどありえない。
 

 記者会見を開いた日大アメフト部の選手は、途切れ途切れに、必死な思いで記者団に自分の心境を説明していた。
 その表情にはありありと苦悶の相が浮かんでいた。

 しかし、なんと晴れやかな人間の顔か。
 そう思った。
 国会で、「政権に対する忖度のあるやなしや」で答弁する官僚や国会議員たちの表情を欠いた人形のような顔に比べ、この青年の顔には、苦しい峠を越えて生還してきた人間の表情が浮かんでいた。
 
  

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

日大アメフト事件で浮かび上がった日本的組織の正体 への4件のコメント

  1. Take より:

    まさにおっしゃる通り。多分僕だけではなく多くの読者が「然り」とうなずきながら読まれたと思います。
    末は博士か大臣か。そんな言葉が昔ありました。神童と言われた子どもを期待する言葉だったでしょうが、皮肉にもその博士と大臣を生む国会と大学で同じような忖度不祥事。
    残念です。
    中世ヨーロッパでは、腐敗したキリスト教社会に対してリバイバルブームが起こりましたが、日本でももう一度「人としての正しさ」をリバイバルしてほしいものです。

    • 町田 より:

      >Take さん、ようこそ
      ありがとうございます。
      実は、この記事を書いたタイミングでは、まだ日大アメフト部の監督とコーチの記者会見は行われていませんでした。
      もし、それを先に見ていたら、こういう書き方はしなかったかもしれません。
      監督とコーチの会見があまりにも無残だったため、記事の書き方も、もっと直接的な怒りをあらわにしたものになっていたように思います。

      アメフト指導部の会見を見て感じたのは、こんなリーダーたちに指導をゆだねていた学生たちがあまりにも可哀想だということでした。
      選手たちに対する愛もなければ、リスペクトもない。のみならず人を指導する能力もない。

      特に、彼らの想像力の貧困には目を覆うものがありました。
      あのような会見を行ってしまえば、そのあとどんな非難やバッシングが自分たちを襲うことになるのか。そういうことに対する想像力がまったく欠如していることに憐れみさえ感じました。

      ただ、あの監督は自分の保身を計算する配慮だけはあるようですから、世間のバッシングをどれだけ受けようと、膨大な年収と絶大なる権力行使を約束された日大の理事というポジションだけは確保しておきたいということだったのでしょう。

      そういうさもしい打算を働かせたところも含め、“絵に描いた” ような見事な茶番会見でした。おそらくどんな脚本家の書くドラマの筋書きも、これほどドラマチックな会見にはなり得ないように思えます(笑)。
       

  2. Milton より:

    まったくおっしゃるとおりだと思います。「和を以って貴しとなす」とはよく言ったもので、その精神が日本社会に根強く息づいているのは確かですよね。

    それが良い方向に働けばいいのですが、悪い方向に働くと、各自が組織の利益を最優先に考えるようになってしまい(勝利至上主義)、組織のリーダーが作り出す空気感を乱すことそれ自体が悪になってしまう。

    その一方で、日本社会というのは意図的に和を乱す人間を面白がるところもあります。ホリエモンが典型ですよね。そういった炎上系の「時の人」を社会全体で担いで、閉鎖的になりがちな社会のガス抜きをおこなっていると思っています。

    そういう意味では、なかなかしたたかというか、たくましい社会だと思います。

    もしかしたら、人々は政治に対する鬱屈した感情を、今回の(秩序をを逸脱した反則行為に端を発する)日大の件で発散しているのかもしれませんね。

    • 町田 より:

      >Milton さん、ようこそ
      お返事遅くなって、申し訳ございません。
      ご意見拝読し、なかなか含蓄のある発言と感心いたしました。
      ≫「日本社会は、全体の和を尊ぶ風潮を持ちつつ、和を乱す人間もまた面白がる」
      というご意見。これはその通りですね。
      だから、日大アメフト事件の報道に対する人々の反応を見て、≫「政治に対する鬱屈した感情を、今回の(秩序を逸脱した反則行為に端を発する)日大の件で発散しているのかもしれない」というMilton さんの観測は、正鵠を射ているようにも感じます。
      この構図は、その後の “紀州のドンファン殺人疑惑事件” にもそのまま引き継がれましたね。
       

町田 への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">