映画「エクス・マキナ」の乾いた抽象空間

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画「エクス・マキナ」の乾いた抽象空間
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 「ロボット」が出てくるSF映画とかアニメに興味があって、その手の話題作があると、よく観る。
 映画によっては、「アンドロイド」とか「レプリカント」、あるいは「サイボーグ」などと言葉を与えられることもあるが、要は “人間そっくりさん” が出てくる作品だ。

 なぜ、そういった映画に関心が向くのか。
 それは、現代社会の大きなテーマになりつつある「人間とAI の違いは何なのか?」という問題を考えるときに、ヴィジュアル的なリアリティを与えてくれるからだ。

 つい最近観た映画に、アレックス・ガーランド監督の『エクス・マキナ』(2016年)、ルパート・サンダース監督の『ゴースト・イン・ザ・シェル(実写版)』(2017年)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『ブレードランナー 2049』(2017年)がある。

 この3者のなかで、比較的印象に残ったのは、『エクス・マキナ』(写真上)だった。
 このタイトルは、ラテン語の「機械によって」という言葉を意味するらしい。
 文字通り、他の二つの映画に比べて、ここに登場する女性型AI 搭載ロボットは “生々しく” 機械的だ。
 ボディの大半は半透明で、機械っぽい内部構造が透けている。

 その反動で、彼女が頭にウィッグをかぶり、人間女性の着るドレスを身に着けて登場すると、妙に艶っぽくて、ときにエロティックに見える。
 だから、主人公であるIT 企業のプログラマーの青年と恋のかけひきが始まるという設定にそれなりのリアリティが生まれてくる。

 はたして、「機械」と「人間」の間に恋愛は生じるのだろうか。
 これがけっきょくこの映画の根本的なテーマとなるのだが、その結末を言ってしまうと、「なぁ~んだぁ」ということになるので、あえてネタバレの展開は避けようと思う。
 ただし、「機械」と「人間」の恋が、ミステリアスなサスペンス劇になっていき、最後には劇的なエンディングが用意されているというところまでは明かしていいだろう。

 そのサスペンス的な要素を盛り上げているのが、舞台となる山岳の別荘(写真上)だ。
 ここではIT 企業の社長がたった一人でAI 搭載ロボットを開発しているのだが、その社屋は、徹底的に人間の生活臭を払しょくしたドライな幾何学的空間になっている。

▼ 「AI 人間」を開発する社長(右)と、「AI 人間」の完成度をテストするために山荘に呼ばれた主人公

 いってしまえば、この山荘は、人間が人間としての精神を保っていられるぎりぎりの生活空間であり、そこから先は、「人間型機械」でしか生存できないような乾ききった人工世界なのだ。


 
 「機械」と「人間」の恋が成立するのかどうか、というきわどいテーマは、こういう環境設定がないと成立しない。
 「人間」の方に、このような非人間的な抽象空間に耐えられる感性が用意されていないと、おそらく「人間」は、「機械」が告白する恋を信じることはできないだろう。

 つまり、この映画は、人間同等の脳活動を与えられたロボットが、人間固有のものと思われがちな「恋愛」感情を持ちうるか? というテーマを探るだけでなく、人間の方が、どれだけ人工物に心を寄せられるか? ということも描こうとしている。

 そういった意味で、本作は、「AI」の進歩に対する一つの示唆的な未来図を描くことに成功したが、観ていて、ちょっと息苦しくなってきたことも告白しよう。

 それは、この映画にリアリティを与えている幾何学的抽象空間に、私自身が耐えられなくなってきたからだ。
 登場人物は、AI 美女を入れてたった3人。(あと1人メイド型の人工女性がいるけれど)
 少数の人間たちが繰り広げる密室劇は、だんだん観客を酸素不足の状態に追い込んでいく。

 山荘のロケ地として選ばれたノルウェーのフィヨルドの風景も寒々としている。
 主人公と社長がときどき散歩に出かける別荘の外には、太古の人類が耐え抜いてきた氷河期の風景がそびえている。

 遠い将来、地球にもう一度氷河期が来るのだろうか? (そういう説もある)
 もし、そういう時代が来たら、そのときの人間にはもう氷河期を生きのびる耐性がなくなっており、生き抜いていけるのは、AI を搭載したロボット人類だけなのだろうか。
 ふと、そういうことまで想像させるようなロケ地が選ばれている。
 
 

カテゴリー: 映画&本   パーマリンク

映画「エクス・マキナ」の乾いた抽象空間 への5件のコメント

  1. Milton より:

    私なりに、人工知能に関する考えを述べると、、、

    以前、私は論理学の本を読んだことがあるのですが、そこで使われる文法は主に仮定文、それに接続詞と否定形で、 “And” “Or” “Not” “If 〜 Then 〜 Else 〜” “All, Some”…これらを記号化していきます。

    ここがポイントなのですが、論理的になるということは、「関数的」(ある値 に対して,ただ1つの値 が対応するような関係)になるということに通じるのではないか、ということです。

    たとえば私にとって、コールセンター(テレフォンオペレーター)は関数的な会話だし、学校のテストも関数的だと思います。

    さらに言えば、以前はエンパシー(共感や仲間意識)で成り立ってた社会的コミュニケーションが、どんどん関数的なコミュニケーションに置き換わっているような気がします。デジタル化ってやつです。

    なので、それに対応できない人間は、「サイコパス」「コミュ障」「大人の発達障害」「情弱」といったカテゴライズを周りからされるか、むしろ自分からそれらを名乗りだすようになっていくのではないでしょうか。

    やや脱線気味になってしまいましたが、我々が、昨今の機能的(英語で「関数」は「Function(機能)」)な会話とは違った、本来の感覚的な会話を大切にしなくなってしまうような社会では、どんどん人間のポジションがAIに置き換わっていくような予感がしますね。

    例・・・コンビニのレジ業務は機能的、(地方の)商店街は感覚的な会話といった分類も可能かと思います。

    • 町田 より:

      >Milton さん、ようこそ
      とても面白いお話でした。
      論理学の論法がどういう展開になるのか、私の頭ではうまく咀嚼できませんでしたけれど、Milton さんが “関数的な関係” という言葉で表現されようとしたことは、なんとなくイメージすることができました。
      つまり、≫「以前はエンパシー(共感や仲間意識)で成り立ってた社会的コミュニケーションが、どんどん関数的コミュニケーション、つまりはデジタル化していく」ということなんですね。

      私は、AI の進化を語るときに、あまり人間サイドがセンチメンタルになってはいけないのではないかという気もいたします。すなわち、人間の “情動” とか “芸術的なひらめき” とか、そういうアナログ的な脳処理をあたかも「人間の特権」という言辞で神話化してはいけないのではないかと。
      というのは、近年の脳科学の進化により、人間の脳活動も微細なところまで遡れば、AI 的機能に還元されることが大半であると言われるようになってきました。

      で、「人間とAI の違いは何か」というテーマの結論は、そうとう先にいかなければ答が出ないという気もします。
      そのときに、人類はもう死滅していて、人間の意志を継いだ「AI 人類」だけが生き残っているかもしれません。
      それくらいの長いスパンで考えたときに、ようやく結論が出てくる。
      だから、これはSF作品の永遠のテーマになるように思います。
       

  2. Milton より:

    ああーすいません、仮定文ではなく、条件文です。

  3. Milton より:

    これはあくまで私が、近現代の数学史から得た浅い知識なのですが、現代数学の基盤はドイツの数学者ダフィット・ヒルベルトの「形式主義」によって成り立ってるんですよね。

    では、その形式主義とは何か。私にとってそれは、数学を「意味抜きされた記号配列のパズル」として捉えるドライな認識なんですよね。

    さらにここから一気に飛躍しますけど、ネット上における我々のデータは「意味抜きされた記号配列のパズル」でしかなく、それがSNSで単にパズリングされている(意味抜きされた記号操作)だけに見えなくもない。

    集合論もちょっとかじってるのですが、深入りすると恥をかきそうなので、この辺で止めておきます(笑)

    つまり何が言いたいのかといえば、AIの思考回路もまさにそれではないのかと、そう思ったりするわけです。もっと人間の感性を素直に信じていいような気もします。

    ただし、それだけだとまずい社会になってきているのも、確かですよね。最低限、高校数学ぐらいは出来ないと世間で通用しなくなるような時代が、すでに来ているような気もします。

    • 町田 より:

      >Milton さん、ようこそ
      面白いご指摘、ありがとうございました。
      要するに、こういうことですよね。

      ≫「現代数学の基盤はドイツの数学者ヒルベルトの『形式主義』によって成り立っている。形式主義とは、数学を『意味抜きされた記号配列のパズル』として捉えるドライな認識をいう。AI の思考回路もまさにそれである。
      もっと人間の感性を素直に信じていいような気もするが、それだけだとまずい社会になってきているので、最低限、高校数学ぐらいできないと世間で通用しなくなるような時代がすでに来ている」

      わぁおう ! 私は高校数学で脱落した人間です。すなわち、もう世間では通用しない人間になりかけているということなんですね(笑)。
      まぁ、おっしゃるように、そういう時代になってきたんでしょうね。

      AI の思考回路がどこまで緻密化されてきたのか、私たちにはまだ十分つかめていないところもありますが、少なくとも、現実生活において、私たちの生活はすでにAI 的なものに侵食されつつあるようです。
      というのは、AI 搭載のロボットが人間から仕事を奪うだろうという予測がいろいろな報道で取り上げられてきているからです。

      では、どういう職業が「AI ロボット」に奪われてしまうのか。
      これまでは、あまり頭脳を使わない単純肉体労働だといわれてきましたが、面白いことに、最近ではそれとは逆に、ある程度熟練した技術が要求される肉体労働の方が、単純頭脳労働よりもロボットに仕事を奪われにくいということを言う人が増えてきました。

      つまり、人間の身体が無意識のうちに覚えてきた肉体労働というのは、まだそう簡単には、「AI 搭載ロボット」に習得できないのだそうです。
      それよりも、ルーティン化された頭脳労働者の方が先に淘汰され、その次にはいよいよ “人間の聖域” とされた芸術部門に携わるクリエーターたちが淘汰されると言われ始めています。

      AI のつくり出す芸術が、今までの人間が造り出してきた芸術を陵駕することができるのか。あるいは、“AI アート” は、人類がこれまで芸術として認めてきたものを根幹から変えるようなものになるのか。
      そのへんのテーマが、私には興味があるところです。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">