あっさり醤油味のラーメンが好き

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あっさり醤油味のラーメンが好き
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 テレビで安定した視聴率を稼げるのは、スズメバチ駆除の話と、人気ラーメン店の紹介だという話を聞いたことがある。
 つまり、画面にハチかラーメンが映っていれば、「どの番組が面白そうかな … 」とザッピングしていた人の手が止まるということだろう。

 ハチは、まぁいいとして、ラーメンが画面に登場すると、私もついついテレビを見入ってしまうタイプである。
 つまり、ラーメンという食べ物は、映像を見るだけで、それを口に運んだときの汁の濃淡や辛さ、麺の食感、具材の味わいなどを想像しやすい食物になっているということなのだ。
 要は、カレー、ハンバーグ、寿司などという人気食をさらに陵駕するほどの頻度で食べられている “国民食” なのである。

 で、私の好きなラーメンは、あっさり醤油仕立ての “東京ラーメン” 。
 若い頃は、九州系の濃厚な豚骨味とか、北海道のこってり味噌味などを好んで食っていたけれど、齢(よわい)60歳を超えたあたりから、さっぱりした醤油ベースのラーメンじゃないと食べる気がしなくなった。

 年とって、胃が脂っぽいものを受け付けなくなったというわけではない。
 いまだにトンカツはロースだし、ハンバーグなんかも、バターの切れっぱしを上に載せて食べている。ハムサンドなどは、「これでもかぁ !」というほどマヨネーズでまぶす。

 だが、ラーメンに限っていえば、あっさり醤油の “東京ラーメン” のうまさがようやく理解できるようになった。

 で、下のラーメンは、吉祥寺南口(東京武蔵野市)にある「おおむら」のラーメン(650円)。

 井の頭公園に向かう改札口の階段を降りて10秒。
 駅の真正面にある店だ。

 なんと、私はここに50年近く通っている。
 店舗は1回だけニューアルされたものの、味は昔のままだ。

 麺は潅水がほどよく効いた中程度の太さの縮れ麺。(最近はうどんみたいな太麺を食べさせるラーメン屋も増えたが、私はそういう麺をうまいとは思わない)

 具材は、チャーシュー1枚、メンマ少々、ナルト1切れ、海苔1枚、ネギ少々という、まぁ東京ラーメンの定番ともいえるシンプルさが特徴。
 「もう少しメンマが多いといいなあ … 」 
 とか、
 「海苔をもう1枚 … 」
 などと思うこともあるのだけれど、トッピングの選択肢はなし。
 しかし、食べ終わる頃には、各具材の量が計算されたちょうどよいものであることが分かる。

 で、ここのメニューのもう一つの看板が、チャーハン(800円)なのである。
 この味も絶妙。
 米が一粒ずつふっくらと立ち上がっている感じで、口に入れたときの玉子のまろやかさと、塩味の配分と、脂の乗り方がもう芸術品の域に達している。
 肉片として、刻んだチャーシューが入る。
 これがまたうまい。

 悩むのは、ラーメンもしっかり食いたい、… けどチャーハンも食いたいと二択に迫られたとき。

 
 
 そんなお客のために、ここでは「ラーメン+半チャーハン」(950円)というセットが用意されている。
 店内で見ていると、実際にこのオーダーがいちばん多く通っている。
 誰もがこの店のうまいものをよく知っているのだ。

 もうひとつお薦めは、やきそば。
 これもハマる。
 味が単純なソース味ではない。
 醤油をベースにして、ラードやごま油などで味を調えている。
 この味の作り方も神技だ。
 
 基本的に、チャーハンややきそばは、夕方5時半から入店する店長のつくったものがうまい。
 私は、この店長がまだ子供だった時代に、店の手伝いをしていたときから見ているが、店をずっと守ってきた姿勢は立派だと思っている。

 で、餃子も悪くない。
 ただ、白いご飯と合う味なので、チャーハンをオーダーしてしまうと、お互いの味が相殺されてしまい、すごくもったいないことになる。
 むしろ、ラーメン+餃子の方が相性がいい。
 しかし、そうなるとトータルの金額が1050円になってしまい、「ラーメン+半チャーハン」のセット料金より高くなる。
 ここが悩むところだ。
 
…………………………………………………………………………

 下は、東京・三鷹駅南口から歩いて2分程度のところに店を構えている「みたか」というラーメン屋である。
 ここにもときどき顔を出す。
 雑居ビルの地下にある店だが、そこに降りる階段に、いつも常連客が列をなしている。

 この店に通うようになって、やはり40~50年は経つ。
 店の名前は、以前は「江ぐち」といった。
 オーナーが変わったが、味は先代の味をそのまま踏襲している。
 というのも、先代が「江ぐち」を閉めるとき、それを惜しんだ常連客の一人がその味をなんとか世に残したいということで、修行に励み、店を引き継いだからだ。

 この店のラーメンも、あっさりした醤油ベースの “東京ラーメン” 。
 麺は多少太めで、どちらかというと和風味。だから醤油ベースのスープとの相性はいい。
 ここはトッピングの自由度が高くて、チャーシュー、メンマ、もやし、玉子などを別オーダーできる。
 ただし、この店にはラーメン以外のメニューはない。

 私が頼むのは、メンマを増量したチャーシューメン(写真上)。
 「江ぐち」の時代から、常連客はこれを「竹の子チャーシュー」と呼んだ。
 だから、私もそうオーダーする。
 で、「メンマ入りのチャーシューメンね」とか頼んでいる客を見ると、心のなかで「お前はまだ新参者だな」とバカにすることにしている。もちろん顔には出さない。

 ここのチャーシューは好きである。
 脂身が多いのだが、それがうまいのだ。

 ただ、チャーシューをかじりながら、麺をすするときの配分が難しい。
 なにしろ、ここのチャーシューメンを頼むと、もうドンブリの中に麺が入っていることが分からないほど、表面が大量のチューシューで覆われる。
 だから、普通のラーメン屋で出されるチャーシューメンの配分で食っていくと、後半になって、チャーシューだけが大量に残ってしまうことになる。

 だから、多少「贅沢だな」と思いつつ、麺と一緒に大量のチャーシューを一気に口に入れてしまった方がいいのだ。
 そうすると、スープを飲みほす後半戦になって、麺とチャーシューが同じ配分で減っていくことが確認できて気持ちがいい。
 
 東京の吉祥寺駅・三鷹駅近くに住んでいらっしゃる方で、まだこの2店に足を運んだことがない人がいらっしゃったら、一度お試しあれ。
 
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

あっさり醤油味のラーメンが好き への2件のコメント

  1. 木挽町 より:

    ラーメンはあっさり醤油味に限ります。冬の東京にピッタリです。和風そば屋の中華そばが抜群にうまいかも。さっさと食べてさっさと次に遊びに。いいですよね。モヤシそばも美味しい。北海道の味噌ラーメンもうまいし、横浜のサンマーメンもうまいです。あ、そういえば、忘れちゃならないのは六本木の鳥そばもありましたっけね。

  2. タイムジャンクション より:

    ラーメンとチャーハンどちらも甲乙つけがたく迷います。迷う時はだいたい、その地域に昔からあるような『食堂』でです。たいてい両方頼んでしまいます。。

タイムジャンクション への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">