改めてブログの意味を問う

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 改めてブログの意味を問う
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 

 ここ数日、「ホビダス・趣味ログ」にログインできる状況が安定している。
 いつまでこの状態が続くのか分からないけれど、このまま維持してくれるのなら、ホビダスも続けていきたい。

 1ヵ月前から平行して運営している「はてなブログ」の読者にもだいぶなじんでもらったが、やはり読んでくださる読者の数が違う。
 「はてな」では、(現在のところ)1日のアクセス数が平均100しかない。
 最初の2週間ぐらいは、1ケタ台がずっと続いた。

 それに対し、「ホビダス」では1日平均800アクセス。PVでいうと、1日3,500PVある。
 このことは、今までそれほど意識してこなかったが、「はてな」と比較してみてようやく気づいた。
 今日までずっと「ホビダス」の記事を読んでくださった読者に対しては、改めて「ありがとう」と言いたい気分である。

 現在、「はてな」の方では、この「ホビダス」の過去ログから抜き出したものを転載するにとどまっている。
 しかし、サーバーの安定感を比較してみると、やはり「はてな」の方が上なので、「長く残したいもの/広く広報したいもの」は、「はてな」中心にならざるを得ないように思う。

 キャンピングカー関係の記事も、できれば「はてな」に新しいサイトを設けてみたいと考えている。
 そうなった場合は、この「ホビダス」の過去記事と連携を保ちながら進めていくことになると思う。

 
 「はてな」の読者投稿を見ていると、参加者たちが、自分のブログのアクセス数をそうとう強く意識していることが伝わってくる。
 とにかく、「ついに2,000アクセス達成 ‼」というような報告がやたらと多い。

 私もブログを始めた直後は、そうとうアクセス数を意識していたから、「はてな」は、それだけ初心者が多いということなのだろう。

 ブログのアクセス数というのは、SNSの「いいね!」みたいなものだから、増えれば増えるほど、自己承認欲求が満たされる。
 それは人間の性(さが)みたいなものだから、文章表現を磨くことによって自己承認欲求を満たそうという方向は健全なことかもしれない。

 前にも書いたが、「はてな」の記事に訪問してくれる読者は圧倒的に若い人が多く、みな「文章による自己表現の向上」みたいな目的を持っている。

 私のブログには、子育て中の主婦の固定ファン層ができてきたのだが、そういう方々の記事に目を通してみると、子育ての記録を「よい文章にして保存したい」という気持ちがしっかり感じられる。
 若い主婦層の向上心は「ハンパない!」ということに気づいた。

 そういう読者に喜んで読んでもらえる記事となると、今のところ、「文章上達法」の書籍を紹介するようなものが中心となる。
 あとは、現代文学と大戦直後の昭和文学を比較したような記事。
 それと(意外だったのは)、西洋古典絵画の解説。
 思った以上に、読者はハードなテーマを求めていると感じた。
 
 個人ブログの運営は、もちろん書き手の自己承認欲求を満たすという目的がいちばんだが、やはり、自分の書いたものが、どこかの読者の役に立っているという実感を得ることも大事だ。
 子育て中の母親が、西洋古典美術の解説などに☆マークをたくさん付けてくれたりするのを見ると、その人が、そこから生きる上でのなにがしかのヒントをつかんでくれたのかもしれないと思う。

 今までとは違う読者の存在に気づいたことによって、書く記事にも責任を持たなければいけないと改めて感じた。
 文章表現の正確さとか、情報の精度といったことと並んで、書き手の誠実さみたいなものも問われるように思った。

 真面目くさった原稿を書けばいい、ということではない。
 ふざけるなら、徹底してふざける。
 そのかわり、大いに笑ってもらう。
 そういうブログに育てていきたい。
  
 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

改めてブログの意味を問う への4件のコメント

  1. イトヤン より:

    おはようございます。
    ホビダスさん管理人さん不在なんでしょうか
    傘下が変われば仕方のないことですが
    頑張って持続して欲しいと思います。
    確定申告作成でそれどころでない私ですが(笑)

    • 町田 より:

      >イトヤンさん、ようこそ
      確定申告たいへんですね、ご苦労様でございます。

      「ホビダスの趣味ログの担当者が不在なのではないか?」という話、確かにこのブログに参加されている方から、そのような推測が提出されていましたね。

      そのへんの確かなことは分かりませんが、ブログサービスのメンテナンスもたいへんですし、費用もかかると思いますから、スタッフにたいへんな負担がかかっていることは推測できそうです。

      私も、公式フォーマットと、昔お世話になったときの方の個人メールと両方で趣味ログの現状に対する質問をしてみたのですが、どちらからも返信はありませんでした。
      たぶん昔担当された方は、部署替えされたか、退職されたのではないかと思います。

      公式フォーマットへの書き込みに対する返信がないのは、今後このブログサービスをどう運営していくのか、そういう社内調整の最中だからではないのでしょうかね。

      ただ、アクセスが安定している日もありますから、このまま順調に推移してくれることを期待したいですね。
       

      • イトヤン より:

        そうなんですね 
        ホビダス オフィシャルブログはちゃんと動くのですかね
        ・・・とコメントしようと思いましたが2012年で更新8月20日でさいごでした
        またランキングスタッフ皆さん終わってました

  2. 町田 より:

    >イトヤンさん、ようこそ
    ホビダス・趣味ログのトップページを見るかぎり、いまホビダスさんはWEBマガジンの『IN THE LIFE』に全力投球されているみたいですね。
    「ブログ」への関与はますます遠ざかりつつある感じがします。

    その証拠に、「ブログをはじめよう!」というコーナーで広報される「趣味ログってどんなブログ?」というボタンをクリックしても、『IN THE LIFE』の案内しか出てきませんし、「ブログの使い方」というところを開いても、2016年4月の情報を最後に運営されている気配はありません。

    「趣味ログ新規開設」への案内は2013年以降受け付けている様子がありません。

    以上のことから、ブログを担当するスタッフがすでにいないのか、あるいは、いても、新しい取り組みに対してそうとう消極的であるという様子が浮かび上がってきます。
    こういう表現は(ホビダスさんに対して)はなはだ失礼なのかもしれませんが、このままブロガーがみなお引越しして、ブログサービス業務が自然消滅をするのを待っていられるのではないかと勘ぐってしまいます。

    ただ、かつては趣味を究めた「大人のブログ」として人気を誇ったブログサービスなので、このままフェイドアウトしてくのは残念に思います。
    なんとか頑張ってほしいという気もします。
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">