キャブコンの疾走感に合うROCK

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャブコンの疾走感に合うROCK
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 「スピードに酔う」というのは、ある意味、人間の本能的欲求だ。
 どんなに健全な市民を自認する人だって、自動車を運転中、時には制限スピードを振り切って飛ばしてみたいという誘惑に駆られることがあるだろう。


 
 しかし、むやみな暴走は、反社会的で危険な行為につながるのみならず、省エネという観点からも好ましくない。
 そんなとき、スピードを上げなくても疾走感を楽しめる「媚薬」がある。
 
 音楽だ。
 


   
 世の中には、時速200㎞で走らなくたって、「200㎞の気分」を味わう音楽というものがある。
 たとえば、シニアドライバーならば、若い頃ディープ・パープルの「ハイウェイスター」などを聞きながら、高速道路を飛ばしたなんて経験を持っている人は多いのではなかろうか。
 あの曲の風を切るようなスピード感は、時速100㎞巡航でも、200㎞気分を味わえる媚薬として機能していたように思う。

 私は、最初はこの曲が大嫌いだった。
 基本的にブラックミュージックが好きだったから、“ブルースの波動” を伴わないロックを生理的に嫌悪していた。

 しかし、車を運転するようになって、ようやくこの曲の “趣旨” を理解できるようになった。
 「ハイウェイスター」
 つまり、これは、文字通りハイウェイ走行の高揚感を音にした曲だったことが分かったのである。
   
 で、ドライブを楽しむようになった頃はこういうハイテンションのロックサウンドを聞きながら高速道路を飛ばすのが好きだった。

 しかし、キャンピングカーを持つようになって、好みが変わった。
 乗用車のときに聞いていた、あの息をつくヒマもないようなハイスピードのロックが合わないことが分かった。
 音楽に、車体の運動性能がついていかないのだ。

 もちろん “キャンピングカー” といっても、ベース車によって走行感覚は変わってくる。
 乗用車ベースの小型キャンパーやハイエースクラスのバンコンの場合、音楽のテンポに “車が遅れをとる” ということはないだろう。

 しかし、私の場合は、トラックシャシーにシェルを架装したキャブコン。
 もちろん、同類のキャブコンの中では、そこそこ走りが自慢できる車なのだが、それでもワゴンベースや乗用車ベースのキャンピングカーに比べれば、動きが鈍重である。


▲ 愛車の「コマンダーGT
このクルマに関する詳細は下記にどうぞ(↓)
はてなブログ 「愛車自慢 初期型コマンダーGT」
 
 
 で、こういうキャブコンのスピード感に合う音楽となると、先ほどいったディープ・パープルの「ハイウェイスター」のような曲は、はっきりいってミスマッチである。
 その理由は、走りのトロさもさることながら、それ以上に、着座位置が影響してくる。


 
 トラックシャシーがベースとなる以上、大半のキャブコンの着座位置は高い。
 つまり、路面とドライバーとの視覚的な「距離」が生まれる。道路を見下ろす視線になるため、心理的な余裕が生まれてしまうのだ。
 その “余裕” が、逆にスピード感を鈍らせる要因になっている。
 
 つまり、「ハイウェイスター」のような曲は、バイクか、あるいはスーパーセブンのような、着座位置が低い乗り物に焦点を合わせた音楽といっていい。着座位置の高いクルマでこれを聞くと、かえって曲の方が間抜けに聞こえてしまう。
  
 
 では、キャブコンのスピードに合う音楽とはどんなものか。
 ミディアムテンポのロックである。
 それも、ベースとギターがユニゾンで、重厚なギターリフを響かせる音がいい。
 この重々しい “ゆったり感” が、特に、トラックベースのキャブコンのギヤ比と合う。

 その実例を挙げると、…… これも私の年齢(1950年生まれ)が出てしまうので、非常に古いサンプルしか思い浮かばないのだが、…… 先ほどのディープパープルの話を続ければ、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」。

 彼らの「ハイウェイスター」がピーキーなエンジン特性を発揮するスポーツカーに合う音だとすれば、トルクフルなトラックの走行感をサポートするのは、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の方である。
 
 
 この系統で、さらに私の好みを挙げれば、キャブコン系ドライブミュージックの一押しは、クリアデンス・クリアウォーター・リバイバルの「ボーン・オン・ザ・バイヨー」。


 
 ギターの緊張感あふれるイントロが流れると、絶妙のタイミングで、リズム隊がそれを追う瞬間など、もうアドレナリンが大噴出!
 そして、ジョン・フォガティのエネルギッシュなヴォーカルがかぶさってくると、80㎞ぐらいで巡航していても、気分は200㎞圏内に突入だ。
  
 
 ZZトップもサイコ-!
 ZZトップでは、特に1979年のアルバム「皆殺しの挽歌」に収録された「アイ・サンキュー」が絶品。元歌を歌っていたサム&デイブの音よりもドライブ向きだ。
 腹の底にネジ込むようなドライブの利いたブギのリズムが、腹の臓腑を突き破って、脳天まで駆け上がってくる感じ。

▼ ZZトップ 「アイ・サンキュー」

 
 ZZトップは、アメリカのサザンロックのなかでは、いちばんヘビーな音を出すバンドである。
 そういった意味で、軽快な疾走感を大事にするオールマン・ブラザーズバンドなどの対極に位置するグループといっていい。
 
 重低音の秘密は、ベースラインとバスドラのコンビネーションの巧みさにあるが、白く長いヒゲとサングラスというお決まりのビジュアルも、いかにも「重い音を出すぞぉ~ !」的な演出効果を高めるのに貢献している。 

 彼らの「アイ・サンキュー」が車のなかで流れると、ついついアクセルを煽り気味になる。
 気づかないまま、前の車との車間距離をつめたりしたら大変だ。
 それこそ “煽り運転” になりかねない。
 ZZトップを聞くときは、前方に車がいないことを確認してからということになる。
  
   
 ブリティッシュロックの雄フリーは、だいたいどの曲もキャンピングカーのスピード感に合う。
 特に、ライブアルバムが素敵。
 あの70年代的な暗さが、なんともたまらない。

 

 「オール・ライト・ナウ」
 「ファイアー・アンド・ウォーター」
 といったミディアムテンポとスローの中間ぐらいのリズムが、意外と高速走行と調和する。
 子供たちがリヤ席で眠りこけ、奥さんも助手席で高いびきという状況の、孤独なお父さんの深夜ドライブにぴったり。

 そのフリーのアルバムの中で、個人的に好きな曲は、「ビー・マイ・フレンド」。
 スローテンポのバラードだが、ポール・ロジャースのヴォーカルに合わせて、アンディ・フレイザーのベースがずしんとはらわたに落し込まれると、フロントガラスにゾンビの顔が貼り付いたような戦慄が、身体中を駆け巡る(ほめ言葉ね!)。

 フリーの “引きずる” ような粘りを持ったサウンドは、トレーラーをけん引しているときにも似合うかもしれない。
  
  
 そのフリーを敬愛しているアメリカのレーナード・スキナードも、キャンピングカー向けのミディアムテンポの名曲を数多く残している。
 レーナード・スキナードは、「サザンロック」というカテゴリーで語られるグループだが、オールマンやZZとは異質。

 イギリス風の暗さとアメリカ南部のアンニュイが混じりあった、独特のダルい雰囲気をかもし出している。
 お勧めは、「ザット・スメル」。そして「サーチング」。 
  
 
 ビートルズで1曲選ぶとすると、初期の名曲「ユー・キャント・ドゥ・ザット」。
 ジョン・レノンの不良っぽいシャウトが、カウベルの小気味よいリズムに煽られて、グイグイ乗っていくところが絶妙。「ドライブ・マイカー」と並んで、ビートルズの曲中もっともドライブの利いたサウンドになっているのではなかろうか。

 Tレックスのマーク・ボランが歌う「ゲット・イット・オン」のブギリズムも、なかなかトラック系キャブコンと合う。
 
 少し時代が下った頃の音では、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「リラックス」。
 あるいは、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「パワー・オブ・ラブ」。
 そして、ブロンディの「ラプチャア」。
 さらに、シャーデーの「スムース・オペレーター」。

▼ シャーデー

 80年代の音としては、このあたりのリズムもトラックシャシーのキャブコンと相性がいい。ただし80年代のロックは、ディーゼルではなく、ガソリンエンジンの感覚だ。
 
 ブラックが奏でるR&BとかSOUL MUSICは、スピードを追うドライブミュージックとは合わない。
 好きなジャンルだけど、あれはダンスビートが根底にあるので、リズムに上下動感覚が残り、ハイウェイ走行の水平移動とはシンクロしない。
 R&B 系は、「飛ばす」という心境とは違う心の状態のときに、楽しんでいる。
 
 勝手なことを書いた。
 すべて個人的な趣味の話。
 古い曲ばかりで、若い人には知らない曲が多かったと思う。
 1曲ぐらい、知っている曲がありましたか?
 
※ 爽やか系の音がお好きな方は、こちらを(↓)
https://campingcarboy.hatenablog.com/entry/2019/03/03/052947
   
 

カテゴリー: 音楽   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">