ケンカの仕方にお国柄が表れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ケンカの仕方にお国柄が表れる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 

 お昼時ぐらいに商店街を歩いていたら、私鉄の駅前で、何やら騒がしい一団が口角(こうかく)泡を飛ばして、激論していた。

 男1人に女2人。
 男を挟んで、左右の女が眦(まなじり)を決して、お互いを罵り合っている。
 その声のでかいこと、でかいこと !!
 そうとう遠くから中国語だと分かった。

 女2人の形相が凄まじい。
 お互いが相手を指差し、白目をむき出し、大地を踏み固めるように足を鳴らし、まるで京劇の格闘シーンのようなパフォーマンスを繰り広げている。
 
 ちょっと日本人のケンカと違う。
 「闘志」の形が “演技的” というか。
 一種の “口論ショー” という雰囲気もなきにしもあらず。

 あまりにも珍しいので、駅の時刻表を見るふりをして、しばらく観察した。
 眺めること10分。
 1人の女の方が黙りこみ、一方の女の罵倒がいっそう激しくなる。
 男は … というと、女たちの間にぼおっと立っているだけで、どちらの話にも加担しない。

 中国語が分からないので、何が争点なのか見当もつかないが、そこから歩いて10分ほどのターミナル駅まで歩いていくか、私鉄を使うかということで意見が分かれた … みたいな様子にも見える。
 いや、もっと深刻な対立が生まれたのかもしれないが、推測するすべもない。
 
 やがて、黙りこくっていた女の方が反撃に出た。
 つっ立っている男の方に向き直り、
 「あんたはどうなのよ」
 と、男を責め始めたのだ。

 するともう一人の女も男をにらみ、
 「そうよ。黙ってないで、この女にビシッと言ってやんなさいよ」
 という感じで、そっちの方も男に詰め寄っている。
 
 それに対して、男はだんまりを決め込んで、どちらの言い分も公平に聞いてやるという態度をとっている。
 泰然自若というか、開き直っているというか。

 「この男はダメだ」
 と、女同士は思ったのか、再び男を放ったまま罵り合いを始めた。

 淡白で気の短い日本人だったら、さっさと取っ組み合いになっていたはずだ。
 しかし、中国人たちはそれをしない。
 顔と、言葉と、ボディランゲージで相手を威嚇しながらも、ドツキ合いまでには至らない。

 驚嘆すべき粘り強さというか、言論に対する自信というか。
 日本人のような、すぐ殴り合いが始まるケンカの方が怒りが激しいように思われがちだが、実は違う。
 それは、口論で相手をぐったりさせる粘り強さが欠けているだけのこと。
 中国はディベートの国なんだな … と思った。
    
  
  
  
 日本人のケンカはそうはいかない。
 昔、朝の通勤電車内で女同士のケンカを見たことがある。

 ひとりはOL。もうひとりは女学生 というか専門学校の生徒風。

 「なんだ、このぉ!」
 「何すんだよぉ!」

 いきなり車内で怒号が飛び交ったかと思うと、アッという間に取っ組み合いが始まった。
 肩が触れたのか、カバンでも当たったのか。

 「今日はハッキリ決着をつけるわよ、私のカレと別れて!」
 … というような “ワケあり” のケンカでもなさそうで、単なる偶発的なドンパチだと思うが、もう、草原でしとめた獲物を争うハゲタカとハイエナの猛々しさ。

 すげぇんだ!
 髪の毛の引っ張り合い。
 もう、ホントにお互いの毛がちぎれそうなんだわ。
 
 こういうときに仲裁に入るのが、たいてい中年オヤジなんだけど、どうして女同士のケンカを止めに入る男って、みんな余裕ぶっこいたニヤニヤ顔なんだろう。
 
 「まぁ、みっともないから止めなさいよ。かわいい顔が傷つくよ」
 なんて、中途半端に “大人の男” を演じようとするから、かえって火に油を注ぐだけ。

 「消えろよ! ハゲ」
 と2人に言われて、あっさり引っ込んじゃうんだから、男の時代も終わったよな。
 
 あとは、もう人間のいないジュラ紀か白亜紀の大地。
 「このやろう、やったわねぇ!」
 「うるせぇ黙れ! このバカ」
 「てめぇ、逃げるんじゃネェよ、こいつぅ!」
 「死ねぇ、このバカやろぉ」
 
 言葉だけ聞いていると、もう男だか女だか分からない。
 取っ組み合った女同士は、そのまま転がるようにホームに降りて戦闘を継続していたけれど、残念ながら(?)、電車がホームを離れてしまったため、リングを変えた第2ラウンドは観ることができなかった。
 
 それにしても、男も女もイライラしている。
 みんな生きるのが大変な世の中になったようだ。

 人がキレやすい時代というのは、いったいどういう時代なんだろう。
 自分が巻き込まれるのはイヤだけど、野次馬としては、楽しみが増えた。
 
 
 こういう記事もあります(↓)
 「女が男を蹴っ飛ばす時代」
 
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">