人類はなぜネズミを可愛いと思うのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人類はなぜネズミを可愛いと思うのか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 
 2020年。
 今年の干支は「子(ネズミ)」である。

 ネズミがなぜ干支の動物に選ばれているかは諸説あるらしいが、一つは、「子供をどんどん産んで数を増やす」という特性から、「子孫繁栄」の象徴とされるらしいからだ。

 しかし、歴史的にみると、ネズミが個体数を増やすことは、人類の生存を脅かす不安材料でもあった。
 特に、人類が農耕を学んでからは、ネズミの増加によって、人類は穀物(麦・米等)を奪われるようになり、彼らは「害獣」として駆除の対象にされるようになった。

 しかし、そんな “悪辣なネズミ” の姿を、われわれ人類はなぜ「可愛い」と思うのだろうか。

 おそらくそれは、「ネズミ様」が、われわれ人類の遠い祖先だからである。

 これまで人類は、長い間、霊長類の猿から進化してきたと思われてきたが、近年の研究によると、猿も含めた哺乳類がこの世で栄え始めたのは、ネズミ一派の必死な生き残り作戦の結果ということになるらしい。 

 なにしろ、哺乳類が活躍する前、この世は恐竜たちのパラダイスだった。
 しかし、よく知られているように、約6,500万年前に隕石の衝突で、地球上から恐竜が消えたとき、実はそれまで生きていた哺乳類の大半も死に絶えたらしい。

 唯一生き残ったのが、小型の爬虫類と小型の哺乳類だったという。
 そのときに生き延びた哺乳類というのは、基本的には “ネズミのグループ” で、虫を主食にして生き延びた貧弱な四つ足生物にすぎなかった。

 しかし、そのうち彼らは様々な進化を遂げ、驚異的な多様性を帯びるようになっていく。

▼ 初期の “ネズミグループ” のイラスト

 “ネズミ一派” にそれが可能になったのは、一つは、個体の生命が比較的短いこと。
 そして、もう一つは、多産系であったこと。

 つまり、この二つの要素が噛み合って、突然変異の確率が高まり、より環境に適合した新種がどんどん生まれていったということになるという。

 その進化の果てに、猿、人類、ウマ、シカ、クジラといった雑多な哺乳類が現れるようになっていく。

 われわれ人類が、ネズミの姿にどこか愛嬌を感じ、害獣であるにもかかわらず “可愛い” と思うのは、彼らがご先祖様であるという事実が人間のノスタルジーをくすぐるからだろう。

※ 続きはこちらで ↓
https://campingcarboy.hatenablog.com/entry/2020/01/02/234512?_ga=2.208929362.1969445072.1577810078-1246710101.1482475952

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">