作成者別アーカイブ: 町田

愛車自慢 コマンダーGT(再録)

   昔、「愛車自慢」というタイトルで、自分が乗っている「コマンダーGT」というキャンピングカーのことを書いたことがある(2007年7月1日)。  しかし、一度クラッシュした旧ブログなので、画面が立ち上がるまでに時間がか … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 7件のコメント

トレーラー販売店最大手の「インディアナ・RV」の歴史

   キャンピングトレーラーの専門ショップ「インディアナ・RV」がこの春にリリースした「エメロード406」は、輸入トレーラーのなかでも左エントランスドアを実現した日本仕様モデルとして話題を呼んでいる。 ▼ エメロード40 … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 3件のコメント

井の頭公園駅前の喫茶店「千」

   ▼ 井の頭公園の桜  散歩コースとして気に入っているエリアの一つに、井の頭線の「井の頭公園駅」(東京都・三鷹市)がある。  そこから600mの距離に、中央線では屈指の繁華街として知られる「吉祥寺」が控えているという … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

キャンピングカー業界が迎えた激動期をチャンスに変える

   トイファクトリー 藤井昭文 代表インタビュー 2018  キャンピングカーの取材・報道の仕事に24~25年携わってきて、今ほどキャンピングカーそのものが大きく変わろうとしていることを感じたことはない。  その変化は … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

息子の中学時代最後の旅

   1994年に、「ギャラクシーⅢ」という1台目のキャンピングカーを買った。ピックアップトラックのトヨタハイラックス4WDに架装したキャブコンであった。  このとき、長男はすでに中学1年生。13歳。  親と一緒にキャン … 続きを読む

カテゴリー: campingcar, 旅&キャンプ | コメントをどうぞ

キャンパー鹿児島「レム レポーズ」誕生

  リチウムイオン電池を搭載した キャンパー鹿児島の新キャブコン  業界でもいち早くリチウムイオンバッテリーを搭載したキャンピングカーの実用化に踏み切ったキャンパー鹿児島。  同社が開発した「KULOS(クロス)」という … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

ハイエース用ウィンドウ スマートシェード

   お洒落なコンパクトキャンピングカーを開発するメーカーとしてユーザーから一目置かれている「ホワイトハウス」は、また人々の意表を突く商品開発を行う会社としても知られている。  ホワイトハウスの視線は、常にヨーロッパキャ … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

ハイマーML‐T・4WDインプレッション

   ハイマーML-T570・4WD(輸入元RVランド)という車のインプレッションを語り合うという企画がキャンピングカーの総合WEBサイト「キャンピングカースタイル」で行われ、3月初旬、キャンピングカーライターの岩田一成 … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

軽キャンパー「テントむし」人気の秘密

   今やキャンピングカーのジャンルのなかで、人々の注目をもっとも引き付けているのが「軽キャンピングカー」だ。  価格や維持費が安い、取り回しがいい、スタイルが可愛いなどと、軽キャンパーの魅力はいくつも上げられるが、人気 … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 4件のコメント

ベンツの4WDシャシーを使ったハイマーの魅力

  ハイマーML‐T570を岩田さんと語る    キャンピングカーライターの岩田一成さんといっしょに、ハイマーML‐T570の試乗印象を語ることになった。  私もキャンピングカーメディアの仕事を24~25年ぐらいやってき … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

ナッツRV 荒木社長の企業戦略

  大量生産は「量」を増やすことだと思うと、 勘違いする。それは「質」の進化をうながすことだ      今年2月初旬に開かれた「ジャパンキャンピングカーショー2018」の会場にて、国産キャンピングカーのトップビルダーであ … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

北朝鮮美女たちのメランコリー

   平昌(ピョンチャン)オリンピックが終わって、日本選手のメダルラッシュに日本中の人々が湧いたが、私が感じたこのオリンピックは、妙に異様な空気に満ちた大会であった。  そう感じた理由は、北朝鮮の関与である。  応援にか … 続きを読む

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ | 5件のコメント

「SINOBI」和室仕様の圧倒的迫力

    今もっとも外国人が好きな空間  それは「和室」      「ジャパンキャンピングカーショー2018」に登場した日本特種ボディー株式会社(NTB)の「SINOBI(しのび)」は、そのシェルのなかに、完全な和室空間を … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 2件のコメント

ウィネベーゴ フューズ23T上陸

  ニートRV扱いのクラスC「フューズ」 に新レイアウトが追加  2月初旬に開かれた「ジャパンキャンピングカーショー2018」で、ニートRVが扱う「ウィネベーゴ・フューズ23T」の2019年モデルがデビューした。  「フ … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

リチウムイオンバッテリーのさらなる進化

  日産のリチウムイオン電池車 に2018年モデル登場  今年2月初旬に開催された「ジャパンキャンピングカーショー」は、これまで各キャンピングカーメーカーが研究を重ねてきた新技術が、より実用的なレベルにまで高められたこと … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

テリー伊藤さん、フロットモビールの高森社長と懇談

   芸能人のなかにはキャンピングカー好きな人がいる。  もともとキャンピングカーというのは、カーテンを閉めたり、ブラインドを下ろしたりすれば、外から覗かれることのない個室になるため、芸能人がロケ地で出番待ちをするときの … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

マクレントジャパンついに本格的に始動

   現在、日本のキャンピングカー業界を突き動かしている大きな潮流を一言で言い表せば、それは「グローバル化」である。  つまり、この業界が、国内マーケットだけで充足しているような営業規模から脱しようとしているのだ。  グ … 続きを読む

カテゴリー: campingcar, news | コメントをどうぞ

V670で日本のキャンピングカーシーンが変わる

  ジャパンキャンピングカーショー2018総括  早いもので、2月初旬に幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2018」から10日経った。  このショーを見学するために、開催日前日(車両搬入日)から現地に … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 6件のコメント

鬼塚雅さんのキャンピングカー

   最近の若いアスリートは、とにかくカッコいい。  男性はイケメン。  女性は美人。  「平昌オリンピック」を目前に控え、ウィンタースポーツ系のニュース番組をよく見るようになったけれど、スノーボードで優秀な成績を収め、 … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 4件のコメント

消えていくテクノロジーがノスタルジーをくすぐるのは何故か?

     1年に1回ほど会う友人がいる。  出身校は違うが、同年齢だ。  団塊世代の少し下という世代である。  その友人は、昔からクルマの好きな男で、マニアックな知識をいっぱい蓄えている。  駆動系を自由に改造できる時代 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

米国ストックトン銀行カレンダー2018

   アメリカ在住の日本人シンガーサミー(茅野雅美=ちの・まさみ)さんより、今年もアメリカのカレンダーを送っていただいた。  このカレンダーは、サミーさんが住んでいらっしゃるカリフォルニア州ストックトンの銀行が毎年発行す … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

小田原城ロマン

    うちのカミさんは、小田原の出身である。   神奈川県・小田原市といえば、戦国時代は関東最大の城郭都市。  いま “人口一番” を誇っている横浜市などが、100戸足らずの半農半漁の寒村であった時代に、北条五代の城下 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

ムード歌謡オジサン

   知り合いに、カラオケの大好きなオジサンがいる。  70歳ぐらいの方だ。  ときどきご一緒させてもらっている。  その人は、基本的にはカラオケバーとかカラオケパブといった店が好き。  つまり、おしゃべり上手なママさん … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話, 音楽 | 6件のコメント

トランプ暴露本から見えてきたもの

   トランプ大統領とその側近たちの “赤裸な” 実態を追求した暴露本がアメリカで話題を呼んでいる。  ライターは、ノンフィクション作家のマイケル・ウルフ氏。  その彼が、トランプ政権が発足するまで関係していた重要人物や … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

バブル復活でダンスブーム勢いを増す

   アメリカの好景気に支えられ、日本も空前の好景気に沸き始めている。  2018年明けの日経平均株価は、昨年の年末に比べて、741円上昇し、26年ぶりに 2万3,500円台を回復したとか。  現在のアメリカの好景気は、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント