カテゴリー別アーカイブ: コラム&エッセイ

話題性よりも普遍性

   この「ホビダス」の趣味ログにアクセスできない時間が増えるにしたがって、仕方なく二つのブログを掛け持ちするようになった。    私以外にも、昔から活躍していたほとんどの「ホビダス」ユーザーがここから引っ越されて、別の … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

若い読者に向かい合う覚悟

   今の「ホビダス・趣味ログ」に投稿するのは、ひやひやものである。  画面を開いているうちに、ストンと凍結してしまうことがあるからだ。    私の場合、いったん下書き用テキストに入力しておいて、完成したらそれをブログ画 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 7件のコメント

「ホビダス」だけに頼らないように決めた

  他のブログサービスはこんなに豊かだ!       私がいま参加しているこの「ホビダス・趣味ログ」というブログサービスが、サーバーの容量不足のためか、ときどき不安定になることがある。  アクセスしても、自分の管理画面ま … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

ブログの時代は終わるのか?

    個人ブログの寿命というのは、いったいどのくらいなのだろうか。  それまで長く続けてきた人のブログが、ある日突然更新を止めることがある。  そして、そのまま時は流れ、最終更新日の日付の上に、いつとはなしに歳月が積み … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

AI に「心」は生まれるか?

       「シンギュラリティ」という言葉をよく聞くようになった。  「技術的特異点」と訳す。  原語そのものがむずかしいだけでなく、訳語もむずかしい。  知的レベルが高いことを自慢したがるインテリ好みの言葉に聞こえる … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

怖い短歌をつくる人

   知人の勧めに従って、「短歌の会」というのに入った。  月に一回程度、自作の歌を持ち寄り、合評会を開くという。  参加者は地元のご老人が中心。  知人がいうには、  「短歌などつくったことのない人ばかりの集まりなので … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

亡くなった親父の夢

   24年前、「阪神淡路大震災」が起きた日が親父の亡くなった日だった。  偶然の符号というのか、「関西で大惨事」というニュースが東京のワイドショーで一斉に速報される時間と重なるように、「親父が危篤」という知らせが病院か … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

朝鮮半島の悲劇

   韓国国民の83%が日本への圧力強化を支持     韓国の日本批判が激しさを増している。    韓国海軍による日本の自衛隊機に対するレーダー照射問題。さらには、元徴用工訴訟における日本企業への差し押さえ請求問題。   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

ますます盛況 オートサロン

   2019年の1月11日~13日まで開かれた「東京オートサロン」。  最終日に見学に行ったが、例年30万人を超える入場者を誇るビッグイベントだけに、会場の混雑具合はすさまじかった。   ▼ 入場者数もハンパない ! … 続きを読む

カテゴリー: campingcar, コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

平成とはコスパ思想が席巻した時代だった

       正月恒例の討論番組に、NHK・Eテレが主催する『ニッポンのジレンマ』がある。  2019年の年が明けた元旦の夜は、「コスパ社会を超えて」というテーマだった。  面白いよな、この問題設定。  「平成」という時 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

正月テレビ雑感

   歌番組  「寝正月」 … というのに近い。  テレビを観ながら、酒を飲んで、眠くなったらソファーに倒れ込み、毛布を腹にかけて寝る。  そんな自堕落な元日を過ごした。  居眠り半分に観ていたテレビだが、なんとなく気づ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 24件のコメント

40歳以上離れた若者たちとの対話

  路地裏のSOULバーにて    はじめて入った店だった。  “昭和的猥雑さ” を漂わせた飲み屋街の一角だった。  その店に行くまで、人ひとりが通り抜けられるような路地が迷路のように続いていた。  戦後の闇市の延長線上 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

インスタにハマっているのは誰だ?

     いまスマホを使っている人口のなかで、インスタグラムを活用している人の比率はどのくらいなのだろうか。  自分はインスタどころか、LINEにも、Facebook にも関心がないので、そういうことにまったく疎いのだけ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

あおり運転殺人 石橋被告の内面

   テレビネタで恐縮だが、東名高速で「あおり運転」を繰り返し、結果的に事故を誘発させて、夫婦2人を死亡させた石橋和歩(かずほ)被告の事件報道に接して、少し複雑な気分になっている。  地裁の裁判長が下した処罰は「懲役18 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

「平成」とは第二の「大正」である

    1年の最後に、その年の世相を表す漢字というものが決まる。  今年は「災」であった。  なんかいやな漢字だな、とは思うが、これは20万票ぐらいの公募によって決まるのだから、世の中の多くの人が、「災」という言葉を選び … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

平然とウソをつける独裁者(トランプ)の誕生

   世界史のページには、一つの世紀に、必ずその世紀を代表する独裁者の名が刻まれる。  近現代史においては、18世紀のルイ14世、19世紀のナポレオン、20世紀のヒットラーとスターリン、そして、21世紀のドナルド・トラン … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 映画&本 | コメントをどうぞ

未来社会に輝く「いのち」とは何だ?

   「2025年万博」の開催地が大阪に決まった。  そこで掲げられるテーマのキャッチは、  『いのち輝く未来社会のデザイン』  だという。  それを聞いて、あまり心が弾まなかった。  きれいな言葉が並んでいるけれど、胸 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 映画&本 | コメントをどうぞ

枝野幸男氏の成蹊大学 講演会

    自宅から歩いて30分程度の場所に、成蹊大学(東京都・武蔵野市)がある。  この大学には立派な欅(けやき)並木があって、ウォーキングしていると実に気持ちがいい。  そのため、天気が良いときに散策するお気に入りのコー … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

カルロス・ゴーン失脚とグローバリズムの終焉

   平成最後の大事件 !?     日産自動車のカルロス・ゴーン会長の逮捕は、この年末の最大のニュースとなりつつある。“平成最後の大事件” などと評する人もいる。    当初、ゴーン氏の逮捕は、「有価証券報告書の虚偽記 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

成蹊大 今井貴子教授の50周年記念ゼミ

   2018年11月18日、成蹊大学(東京・武蔵野市)で法学部の「創立50周年記念行事」として、同校の法学部諸教授によるゼミが開かれた。  これに参加する機会を得たが、とても刺激を受けた。  全部で18項目におよぶゼミ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

“ワンピース原理主義者” たちの思想

   ずっと昔の話になるが、このブログで、アニメ『ONE PIECE(ワンピース)』のことを書いたことがある。(『ワンピース』ってどこが面白いの? 2016年8月23日)。  いまだに、このタイトル名を検索して閲覧してく … 続きを読む

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ, 映画&本 | コメントをどうぞ

ペッパー君が会社の社長になる日

    街を歩いていると、ペッパー君をよく見かけるようになった。  この連中、ほんとうによくしゃべる。  飲食店の前に立っているヤツは、  「おいしいお食事をご用意しました。どうぞお立ち寄りください」  とか呼び込みをや … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

ロシア絵画の不思議な奥行き

   「東京 富士美術館」(東京・八王子市)で開かれている『ロシア絵画の至宝展』という美術展を観に行った。  今回集められた絵画の大半は、19世紀中頃に描かれたもので、テーマはロシアの自然を描いた風景画、および庶民の日常 … 続きを読む

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

「GoGo-GaGa!」というWEBメディアがすごい!

   自動車、オートバイ、自転車といったモビリティツールを “日常性” や “実用性” という視線から解放し、魔法のような光彩を放つ “異次元のビークル” として眺め直す。  そういう試みが、若いライターを中心に始まって … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

マイケル・ムーアが語る「民主主義」の危機

   トランプ大統領の記事を書いた夜、『華氏119』という映画を制作したマイケル・ムーア監督(写真下)のインタビュー番組をテレビで観た。  テレビ朝日の『報道ステーション』で、同番組のメインキャスターである富川悠太アナが … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ