カテゴリー別アーカイブ: コラム&エッセイ

小田原城ロマン

    うちのカミさんは、小田原の出身である。   神奈川県・小田原市といえば、戦国時代は関東最大の城郭都市。  いま “人口一番” を誇っている横浜市などが、100戸足らずの半農半漁の寒村であった時代に、北条五代の城下 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

トランプ暴露本から見えてきたもの

   トランプ大統領とその側近たちの “赤裸な” 実態を追求した暴露本がアメリカで話題を呼んでいる。  ライターは、ノンフィクション作家のマイケル・ウルフ氏。  その彼が、トランプ政権が発足するまで関係していた重要人物や … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

バブル復活でダンスブーム勢いを増す

   アメリカの好景気に支えられ、日本も空前の好景気に沸き始めている。  2018年明けの日経平均株価は、昨年の年末に比べて、741円上昇し、26年ぶりに 2万3,500円台を回復したとか。  現在のアメリカの好景気は、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

コミュニケーションロボット市場の可能性

     この 1月11日から、ソニーのロボット犬「アイボ」が発売となる。  昔は、こういうものにまったく興味がなかった。  しかし、今は多少だが、食指が動いている。  というのは、昨年の夏に、10年飼っていた愛犬に死な … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

ニッポンのジレンマ 2018

   元旦の深夜から、テレビでいろいろな討論番組を観た。  その手の番組の代表格が、田原総一郎が進行を務める『朝まで生テレビ』。  今回のテーマは、憲法問題や北朝鮮への対応。沖縄の基地問題など。  これまでも何度かこの番 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

「平成」の終わりに思うこと

   「平成」という時代も、30年目を迎える来年いっぱいで幕を閉じることになった。  聞くところによると、西暦でいう2019年の1月より、新元号の時代が始まるという。  昭和25年生まれという自分の年齢を考えると、私の人 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

「横綱の品格」などと言っている連中はみなアウトだ !

   ここのところ、テレビのニュースを見ていると、相変わらず横綱・日馬富士の貴ノ岩暴行事件の報道ばかりで、いやになっちゃう。  ニュースというのは、(特に夕方などは)どの局でも放映される時間帯が同じなので、チャンネルを変 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

教科書から削除される歴史上の人物たち

   高校の歴史教科書から、坂本龍馬(↓)や武田信玄、上杉謙信といった有名な人物が姿を消すらしい。    これは、11月14日(2017年)の朝日新聞で報道されたもので、高校や大学の教員からなる「高大連携歴史教育研究会」 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

巨大化する軍産複合体

  トランプ大統領のアジア歴訪の目的    アメリカのトランプ大統領のアジア歴訪の目的はビジネスのためだったのではないかと思えるくらい、トランプ氏は各国で精力的に商談をまとめて帰国した。  11月12日(日)の「サンデー … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

なぜ若者は保守化しているのか

  今や若者にとって自民党こそがリベラル  最近、わが国で選挙が行われるたびに取り上げられるテーマの一つに、「若者の保守化」がある。  自民党の圧勝に終わった今回の衆議院選挙が終わってすでに3週間経つが、いまだにテレビ・ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 11件のコメント

病院のデイルーム(面会室)にて

   2泊3日の日程を終えて、昨日病院から退院してきた。  「右心カテーテル検査」  2年前に患った肺血栓症手術の経過が良好かどうか、それを検査するための入院だった。  もうこれで入院は7回目。  長いときは1回の入院で … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 11件のコメント

“昭和的” なるものとは?

  ドラマ『陸王』に見る昭和の高度成長とバブル  「平成の若者が昭和歌謡に夢中 … 」みたいな記事を書いているときに、ふと思ったことがあった。  今の人たちが、「昭和」という言葉からイメージしているものって、いったい何だ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

中国式世界帝国の未来

   日本のメディアが衆院選の話題で盛り上がっていた頃、東アジアでとてつもない地殻変動が起こっていた。  中国共産党の「共産党大会」が開かれ、習近平主席の権力基盤の空前絶後の強大化が図られたのだ。  その大会で宣言された … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

惨敗の責任を小池代表に転嫁するのはおかしい

   すでに終わった衆院選の結果について、もうこれ以上書くこともないと思うのだが、やっぱり最後に一言だけ触れておかなければ気が済まないのは、現在の政治家たちのどうしようもない劣化だ。  「劣化」というのは、何も不倫疑惑と … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

無類に面白かった衆議院選挙

   エンターティメントとして、今回の衆議院選挙は、けっこう面白かった。  結果は、マスコミの予想通り自民党の圧勝となったが、そこに至るまで、さまざまな人間ドラマがあった。    「政治」というのは、つくづく “見世物” … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 9件のコメント

米中戦争が起これば、中国が勝つ ?

   5年に1回の中国共産党大会が開かれ、習近平主席の独裁的権限が一層強化されたようだ。    習近平主席は、大会中の演説において、  「2050年までには社会主義国家としての “強国” となり、世界に大きな影響力を持つ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

若者の間に昭和歌謡ブーム

    「昭和歌謡」に興味を抱く、平成世代の若者が増えているという。  ネット情報によると、NHKで放映される「のど時間」では、昭和歌謡を歌う中高生の姿が目立つようになってきたとか。  NHKの同番組では、吉田拓郎の『落 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 音楽 | 10件のコメント

感染性胃腸炎だって

   ここ10日ほど、実は病床に臥せっていた。  病名は「感染性胃腸炎」。  恥ずかしい話だが、まぁ、ウィルスによる食中毒のようなものである。  しばらく外食に頼ることが多かったから、どこかの食事から拾ってしまったのかし … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

フェイクニュースはなぜ生まれるか

   トランプ米大統領が、自分に批判的なマスコミの報道を「フェイクニュース (fake news)と切り捨てるようになって以来、この言葉は流行語となった。    しかし、評論家の荻上チキ氏によると、この概念はけっして新し … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

小池旋風失速

   この日曜日(8日)から月曜日(9日)にかけて、衆議院選挙に挑む各党の政権公約が出そろい、両日ともテレビ番組は朝から連続して党首討論会を放送し続けた。  そこで感じたこと。  リアルな政治感覚を維持している党と、リア … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

「内面」を持たない政治家(小池百合子)の誕生

   僕は、ここ最近ブログのテーマに小池百合子女史のことを取り上げる機会が多いと思っているのだけれど、いったいそれは何故なんだろう? と自問してみると、けっきょく僕自身が小池女史にものすごく興味を感じているということなん … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 5件のコメント

悲劇のヒロイン

   2017年の衆議院選挙は、まだ公示前だというのに、およその勝敗が決したような気がする。  小池新党(希望の党)の予想外の大敗。  たぶん、そんな決着を迎えそうな気がしてならない。  もちろん、マスコミはそう予想して … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

私は小池百合子が嫌い

   メディアは衆議院選挙の報道が熱を帯びてきたけれど、その話題の軸は小池百合子率いる「希望の党」の話題一色に染まりつつある。  最初に言っとくけれど、私は昨年の都知事選のときから小池百合子という人物が信用できなくて、こ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

虎よ、虎よとからかわれ

   愛犬のクッキーを送り出した夜、その “通夜” を執り行うようなつもりで、深夜、久しぶりに長男と酒を飲んだ。  録画しておいた阿久悠の音楽特集(「歌の4時間スペシャルTBS」)を観ながらの酒となった。  次から次へと … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 創作, 音楽 | 2件のコメント

息子と犬

   ペットであった犬の訃報を聞き、他県でマンション暮らしをしていた長男が急いで自宅に戻ってきた。  日々の生活が忙しかったのか、ほぼ1年ぶりぐらいの里帰りである。  彼は犬の死に目に会えなかった。  しかし、葬儀社に引 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | コメントをどうぞ