カテゴリー別アーカイブ: コラム&エッセイ

最近のCMは完成度が高い

   日本の「テレビCM」というのは、ものすごく高度な表現を獲得していると思うことがある。  なんていえばいいのか。  たとえて、いえば、わずか15秒から30秒で完結する “映画”、あるいは “ドラマ” 。  そんな凝縮 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

大木トオル筑波大学セラピードッグ講演

      2017年 5月26日金曜日、筑波大学(茨城県つくば市)にて、ブルースシンガーであり、国際セラピードッグ協会代表である大木トオル氏が、『共に生きる~セラピードッグに生まれ変わる犬たち』という講演を行った。 ▼ … 続きを読む

カテゴリー: news, コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

かまやつひろし『どうにかなるさ』

   ムッシュかまやつさんの訃報を今朝聞いた。  好きなミュージシャンだった。  私の年だと、彼が「ザ・スパイダース」に加盟してソロ活動に入るまで、ほぼリアルタイムで追いかけていることになる。  めちゃめちゃ洋楽のエッセ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 音楽 | コメントをどうぞ

織田信長はトランプだった

   あまりにも型破りの政権運営によって、ワイドショーにおける人気キャラのポジショニングを不動のものとした米国トランプ大統領。  日本人の間にも、「怖い」、「下品」、「傲慢」、「不気味」、「反知性的」などというイメージが … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | 10件のコメント

もう一つの真実

   前回、このblogで取り上げた『嘘の戦争』というTVドラマでは、詐欺師を演じる草彅剛君が、これから騙そうとする人間に対して決めゼリフのように使う言葉がある。  それは、  「僕は、嘘が嫌いですから」  その言葉を、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 12件のコメント

ポスト・トランプがむしろ危ない

   昨年の下半期から今年にかけて、国際ニュースの最前線には常にトランプ大統領の名前が上がっていた。  それだけ、この人は、マスコミがこぞって喜びそうな話題を次々と提供し続けたのだ。    そして昨日、ついに新しいアメリ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

古代史のロマン

   日本の古代史にはロマンがある。  特に、大和政権が生まれる前の混沌たる時代は多くの謎に包まれていて、どのエピソードも推理小説を読むかのようなときめきがある。  「ロマン」と「謎」は同義語である。  すなわち両者は、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

トランプ氏はビジネスマンなどではない

   日本時間の早朝に開かれた米次期大統領トランプ氏の記者会見で、そうとうな暴走発言があったと各報道機関が伝えている。  私も、その記者会見の画像を見た。  各メディアの質問に対し、ケンカ腰である。  トランプ氏の表情も … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 7件のコメント

正月はテレビ三昧

   今年も正月はテレビ三昧。  居間のソファに腰を下ろし、ポテトチップスなどかじりながら、ウィスキーや日本酒などを舐めつつ、体を動かすことなく、終日じっとテレビモニターを凝視。  体に悪いよなぁ、1月末に控えている糖尿 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話, 映画&本 | コメントをどうぞ

『ニッポンのジレンマ』は面白い

   正月のテレビは、年末あたりから作り置きしているバラエティー番組と討論番組が多い。  だいたい観るのは、討論番組の方。  今年も、大晦日の深夜の『朝まで生テレビ』(テレ朝)と、元日の夜の『ニッポンのジレンマ2017』 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

ノスタルジック街道ルート66

   「ルート66」という言葉を聞いて、なにがしかの感慨を覚えるのは、主に今60代の人々だろう。  ルート66は、1920年代頃にアメリカを横断する国道として整備され、1980年代に廃線となるまで、60年にわたってアメリ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

芸術としての音楽は消えていく

   人々の音楽の聞き方が変わってきている。  もうかなり前から、そう思っていた。  うまい言葉が見当たらないのだが、少し難しい表現をすると、「音楽文化の相対的な価値が下がってきている」ということなのだ。  つまり、音楽 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 音楽 | 12件のコメント

パク大統領とマリー・アントワネット

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領への批判集会は、いったいどこまでエスカレートするのかなぁ、と思って、ずっと報道を見ている。  ニュースの画面を見ていると、反パク・クネの集会には歌があったり、踊りがあったりして、まぁ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 11件のコメント

貨幣は共同体の<内>にあるのか<外>にあるのか

   このブログの読者であるHIROMITI さんという方から、これまで3回にわたるコメントをいただいた。  テーマは、「貨幣と共同体」といったちょっと小難しい話である。  1回目のコメントは、『軍事産業が世の中をリード … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

横浜線・相原駅前で飲む

   昨日は、久しぶりに家の外に出て、酒を飲んだ。  レンタルモーターホームを利用するアメリカ旅行をプランニングする「トラベルデポ」の小林社長が、「わが社のアメリカ在住の日本人スタッフである姫野氏が日本に一時帰国している … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

恋愛はいつどのようにして生まれたのか

     トリスタンとイゾルデの愛 恋愛の起源   「恋愛」という概念は、いったいいつ、どのようにして生まれたのか?  昔、夏目漱石の『こころ』をテーマにしたブログを書いた頃、そんなことを考えたことがあった。  こういう … 続きを読む

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ, 映画&本 | 4件のコメント

軍事産業が世の中をリードする時代

     戦争は成長のチャンスである !?    米国のトランプ次期大統領が掲げた公約のうちに、  「日本や韓国など、アメリカ軍基地を持つ同盟国には、それ相応の防衛費を負担させる」  というものがある。  それに応じない … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 11件のコメント

トランプ以前とトランプ以降

  トランプ報道が刺激的なのはなぜ?  トランプ大統領が誕生してから4日経ったというのに、いまだ日本のメディアでは “トランプネタ” が尽きることがない。  今後、日米同盟はどうなるのか?  米軍は日本の基地から撤退して … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 12件のコメント

まさかのトランプ大統領誕生

   まさか、まさかのトランプ大統領の誕生。  イギリスのEU離脱が決まった国民投票の結果に続き、世界中の人々の大方の予想を裏切る結果が出た。  日本のテレビメディアも、今日は朝からアメリカ大統領選の結果をフォローする報 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

キャンピングカーも自動運転の時代が来るか?

       大変な時代になったものである。  東京オリンピックが開催される2020年になると、ついに自動運転の自動車が市街地を走り始めるという。  すでに、高速道路を自動で走行する車は、メルセデス・ベンツによって発売さ … 続きを読む

カテゴリー: campingcar, コラム&エッセイ | 4件のコメント

犬の年齢の数え方

    キャンピングカーを購入するきっかけの一つに「ペットと一緒に旅をしたいから」と答える人はけっこう多い。  ペットブームを反映してか、ペット同伴で泊まれるホテルやペンションも、確かに増えた。  しかし、その数はまだ少 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | 2件のコメント

「運命に似た、恋」の斎藤工

      昔から、テレビの恋愛ドラマというものをあまり観たことがなかった。  80~90年代に流行ったトレンディードラマの時代も、いっさい興味がなかったから、カラオケ屋に行ってCHAGE&ASKAの「Say Yes」と … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

選ばなかった方の選択肢

      人間の不幸のはじまりは、常に、過去の選ばなかった方の選択肢にこだわることにある。  「あのとき、ああすれば良かった …」  という思いは人間には誰にでもある。  選ばなかった方の選択肢は、いつまで経っても “ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

90年代に何が起こっていたのか ?

      あらゆるものが変わっていった1990年代  「1990年代の後半に、日本はあらゆる面で劇的に変わった」    という井手英策教授(慶応大学)の言葉が、ずっと耳に残っている。  「96年から97年にかけて、日本 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

人造アザラシがソファーで寝ている時代

   人間とロボットが共存する時代というのが、もうそこまで迫ってきている。  実際に、オフィスの受付嬢をヒト型ロボットに代理させたり、家政婦ロボットが家庭の調理を代行したりする実験はすでにあちこちで始まっている。  その … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ