カテゴリー別アーカイブ: コラム&エッセイ

シニアマーケットはなぜ停滞するのか

   前回のエントリーでは、「若者の消費意識」について、最近のテレビのトーク番組などで語られている傾向を紹介してみた。  今回は、「シニアの消費意識」の現状に触れたみたい。 ▼ “老人大国” を迎えようとしている日本   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

若者の消費が拡大しない理由

  大人たちが「若者」に関心を持ち始めた  「若者が変化している」  という論調で構成されたテレビのトーク番組を、このところ立て続けに見た。  もちろん、意図してそういう番組を追いかけたわけではなく、たまたまである。   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

『ワンピース』ってどこが面白いの?

   テレビで、あまりにも『ONE PIECE(ワンピース)』の宣伝をやっていたので、WOWOWで放映されていた『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(ワンピース フィルム ストロングワールド 200 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 映画&本 | 8件のコメント

団体戦に強い日本アスリートたち

   2016年のリオ・オリンピックももうじき閉幕。  残すところ2日となったこの19日の午後3時現在、日本のメダル獲得数は、金・銀・銅合わせて41個だという。  これは、大会史上はじめてのことだとも。  それにしても、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

リオ5輪で感じる「和」の精神とSMAP問題

   今の日本の “気分” というか、“空気” というものは、やはりテレビが作っているんだな … という気がする。  病院で入院していたときも、今こうやって酸素吸引しながら自宅療養しているときも、基本的に戸外に出ることな … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 5件のコメント

都知事選 誰に入れる?(その2)

  2016都知事選 誰に入れる? … じゃなく、もう決まった       ブログネタとして都知事選を選ぶのは1回こっきりにしようと思っていたが、この前バラエティー番組(フジテレビの『バイキング』)を観ていて、はっきり感 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | コメントをどうぞ

都知事選 誰に入れる?

   2016都知事選挙 候補者に対する偏見全開の勝手な能力評価   ※ このテーマの第2弾はこちら(↓) 「2016都知事選 誰に入れる? … じゃなく、もう決まった」       いちおう東京都民だから、今月末に行わ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | 6件のコメント

帝国復活の時代

  中国は南シナ海に何を求めているのか?    南シナ海において、中国が主張していた主権および管轄権(九段線=赤い舌)には法的根拠がないという国際的な仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の判断が下された。  これに関して、中国 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

イスラム過激派はグローバリズムから生まれたガン細胞

     今の日本が抱える様々な問題。  その多くは海外の政治・経済の動きや、テロ・紛争などと連動するようになってきた。  先月に起こったイギリスのEU 離脱騒動。  まさかの離脱派の勝利によって、日本は一気に円高に見舞 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

人工知能は人間になった夢を見るか?

   ここのところ、人工知能(AI)をテーマにした話題が非常に多くなっている気がする。  たぶん、そのきっかけは、2016年3月に、韓国のプロ囲碁棋士イ・セドル九段と、「アルファー碁」といわれる人工知能との囲碁の対戦にお … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

イギリスのEU離脱は世界的な劣化思考の始まり

   昨日は、ニュース番組の大半が「イギリスのEU 離脱」の話題で占められた。  今後世界はどうなるのか?  … なんてことは、極東の島国でささやかな小市民生活を送っている私なんかにはよく分からない。  つぅか、経済評論 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 1件のコメント

俺の寿命はあと3~4年 ‼ 肺血栓のカテーテル検査

   カテーテルという物を使った医療がある。  「カテーテル」とは、“細い管” のことを言うらしい。  その細い管を、皮膚の一部に穴を開けて人体の奥に沈め、主に心臓の圧力や心拍量などを調べる検査を「カテーテル検査」という … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 14件のコメント

舛添騒動

   14日から16日まで、入院していた。  といっても、体に異変が起こったということではなくて、今年の3月からすでに日程が決まっていたものだ。  今まで患っていた肺血栓症のその後の症状を調べるための検査入院である。   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

失恋ストーカーの心理

   片思いや、過去に交際したけど振られた男性たちが、未練を持っている女性に対して行うストーカー行為。  ニュースなどを見ていると、最近やたらにそういう事例が増えてきた気がする。  なかには、逆上した男性が相手に殺意を抱 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 7件のコメント

老人漂流社会

  NHKスペシャル「団塊世代、しのび寄る “老後破産”」    世代論が議論されるとき、今までとかく目の敵(かたき)にされていた団塊世代。  「高度成長の波に乗った現役時代に贅沢の限りを尽くし、引退後は年金をたっぷり支 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

「ガッテン !」で血栓の特集

     NHKの番組で、医療や健康をテーマにした『ガッテン !』という番組がある。  昔、「ためしてガッテン」といわれていたものだ。  これを何気なく見ていたら、「血栓(けっせん)」という病気のメカニズムとその予防法を … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

オバマはけっこういいヤツだ

   報道によると、米国オバマ大統領の広島訪問が正式に決まったらしい。  もちろん現役大統領が日本の被爆地を訪れるのは初のことらしいが、たぶん、アメリカの大統領が被爆地を訪問するようなことは、今後はないような気がする。 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント

おバカタレント文化に飽きた

  バラエティ番組の反知性主義   もうかなり前のことだ。  入院して、病室でテレビを観ていたとき、各界の有名人が、「自分が見習いたい人物」を一人ずつ挙げていくという番組が放映されていた。俳優、タレント、スポーツ選手など … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 5件のコメント

「グラブる」というCMの終末観

   テレビで、「グランブルファンタジー」というスマホゲームのCMを見ると、いよいよ “この世の終わり” が近づいてきたな、という感慨が込み上げる。  仏教用語で「末法」という言葉があるけれど、まさに “末法感全開 !! … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

トランプやクルーズの台頭で、アメリカの銃はなくならない

   アメリカの大統領選が、こんなにも日本で話題になったことは、これまでなかったのではなかろうか。  その最大の要因は、やはりドナルド・トランプ氏という候補者の存在が大きい。  ま、ニュースネタとして面白いのである。   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

坂東武者の「名こそ惜しけれ」

  司馬遼太郎 没後20年    作家の司馬遼太郎氏が1996年に永眠し、今年は没後20年に当たる。  そのせいか、司馬遼太郎に関連した教養番組がテレビ(特にNHK)でよく放映された。  司馬遼太郎の小説といえば、『竜馬 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 映画&本 | 4件のコメント

不倫と児童虐待の根っこは同じ

   まったく関係がないように見えても、同じような事件があちこちで連続して起こるときというのは、背後に共通の原因があるとみてよい。    たとえば、  ① 有名人たちの不倫騒動が後を絶たないこと。  ② 子供を虐待する親 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | 5件のコメント

アラフォー女性のニヒリズム

  病室での独り言 ④  テレビぐらいしか楽しみのない入院生活を続けていると、今まで観たこともないような時間帯の番組も観るようになった。  たとえば、午前10時ぐらいから放映されているフジテレビの『ノンストップ』のような … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | 7件のコメント

人工知能の時代になれば、人間に「知識」は要らない

   人類は、やがてAI(人工知能)の支配する地球で、機械の奴隷となって生きていくのだろうか。  『ターミネーター』や『マトリックス』のような近未来SFでは、よくそういう世界が描かれる。  もちろん、みな作り話にすぎない … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

トランプ候補の出現によるアメリカン・ドリームの終焉

  病室での独り言 ②       2月に入ってから、テレビのニュースでは、アメリカの大統領選挙の報道が繰り広げられていた。  そのなかでも話題を集めていたのは、共和党のドナルド・トランプ氏という存在である。  アメリカ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 8件のコメント