カテゴリー別アーカイブ: 映画&本

ブレードランナー2049は1作目を超えたか?

   第1作目が公開されてから、35年。  伝説のカルトムービーといわれた『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー2049』が現在(2017年11月10日)公開中である。  2049とは?  第1作が2019年のロ … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 8件のコメント

ジェームズ・ブラウン ~最高の魂を持つ男

   BSテレビのWOWOWシネマで、2014年に公開された『ジェームズ・ブラウン ~ 最高の魂(ソウル)を持つ男』という映画を観た。    ジェームズ・ブラウン。  60年代~70年代のソウル音楽シーンをけん引したスー … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本, 音楽 | 21件のコメント

小さな巨人とジュラシック・ワールド

    最近のテレビドラマで面白いと思っているのは、日曜日の夜に放映される警察ドラマの『小さな巨人』(TBS)である。  政界・財界と癒着した警察機構の “闇” の部分に戦いを挑む正義感に燃えた一刑事(長谷川博己)と、彼 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

ウォーキング ハイ 2

   基礎体力を回復させるために、ウォーキングを始めたことは前回書いた。  確かに、それによって、少しずつフィジカルな持続力がよみがえってきた。  恥ずかしい話だが、それまでは階段を昇るのも億劫だったのだ。  駅のホーム … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本, 音楽 | コメントをどうぞ

ヴェルサイユの宮廷庭師

  庭園のコスモロジー シネマ漂流(映画感想記) No.13  『ヴェルサイユの宮廷庭師』 2015年公開     人類初のテーマパーク !?  今から300年前に造られた「ヴェルサイユ宮殿」は、実に不思議な空間である。 … 続きを読む

カテゴリー: アート, 映画&本 | 12件のコメント

『嘘の戦争』 面白い ‼

   TVドラマって、なんかの拍子に偶然チャンネルを合わせ、「ひょっとして面白いかも … 」と感じたものでないと、なかなか観る機会がない。  そんなふうに、出会いがしら的にチャンネルを合わせてしまい、その後ずっとハマって … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話, 映画&本 | 2件のコメント

女のいない男たち

     病院というのは、本を読むのに最適な空間だ。  読書という行為は、ある程度 “退屈な時間を持て余す” という気分に支えられるようなところがあるから、運動も外出も制限される入院中のやるせない気分を紛らわせるには、読 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本, 音楽 | 4件のコメント

正月はテレビ三昧

   今年も正月はテレビ三昧。  居間のソファに腰を下ろし、ポテトチップスなどかじりながら、ウィスキーや日本酒などを舐めつつ、体を動かすことなく、終日じっとテレビモニターを凝視。  体に悪いよなぁ、1月末に控えている糖尿 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話, 映画&本 | コメントをどうぞ

恋愛はいつどのようにして生まれたのか

     トリスタンとイゾルデの愛 恋愛の起源   「恋愛」という概念は、いったいいつ、どのようにして生まれたのか?  昔、夏目漱石の『こころ』をテーマにしたブログを書いた頃、そんなことを考えたことがあった。  こういう … 続きを読む

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ, 映画&本 | 4件のコメント

美しい不条理

   ベルイマンやアントニオーニの映画について       若い頃、理由もなく、“難解な映画” が好きだった。  50年以上も前のこと。  1960年代の話だ。  当時、新宿に「ATG(アートシアターギルド)」という映画 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 5件のコメント

まっすぐな道はさびしい

   俳句とか短歌が持っているなんともいえない情感が好きである。    普段はめったに接することのない俳句・短歌のたぐいだが、退屈ざましにめくった週刊誌などの “俳句コーナー”などで見かけた句に、しみじみとした情感をかき … 続きを読む

カテゴリー: アート, 映画&本 | 28件のコメント

桐野夏生『猿の見る夢』

   桐野夏生氏の新刊『猿の見る夢』(講談社)を読む。  ある意味で、“完璧な娯楽小説” 。  SFだとか推理モノとか、ホラーとかいうジャンルに関係なく、「娯楽小説」の定義を、「ページをめくる手が止まらなくなる小説」とす … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

雨月物語

  黄金色に輝くモノクロ画像 シネマ漂流(映画感想記)No.12 『雨月物語』      前回の映画レビューでは1958年の作品を取り上げたが、今回も昔の作品を。  今日は邦画。  『雨月物語』。  1953年に溝口健二 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

灰とダイヤモンド

  祝祭(ダイヤモンド)と死(灰)   シネマ漂流(映画感想記)No.11 『灰とダイヤモンド』        『灰とダイヤモンド』という言葉から、今の人たちは何を想いうかべるのだろうか。    2013年に、ももいろク … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント

シン・ゴジラのシルエットに日本型美学を見る

  地上に落ちた神の影 シネマ漂流(映画感想記)No.10 『シン・ゴジラ』      『シン・ゴジラ』を観に行く。  そのために、酸素ボンベをかついで、はじめて電車に乗った。    電車の中や道路が混んでいると、ボンベ … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント

『ワンピース』ってどこが面白いの?

   テレビで、あまりにも『ONE PIECE(ワンピース)』の宣伝をやっていたので、WOWOWで放映されていた『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(ワンピース フィルム ストロングワールド 200 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 映画&本 | 8件のコメント

JIMI 栄光への軌跡

   神々から嫉妬されて命を取りあげられた天才  シネマ漂流(映画感想記) No.11  『JIMI 栄光への軌跡』      伝説のロックギタリストのジミ・ヘンドリックスのデビュー時代を描いたドキュメントタッチの伝記映 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本, 音楽 | コメントをどうぞ

コンスタンチノープルの戦い (実況中継)

  ニュース24時 特番     「コンスタンチノープルの戦い」    【司会】 こんばんは。「ニュース24時」の時間がやってまいりました。  今日はですね、先ほど臨時ニュースでお伝えしたように、ついにビザンチン側とトル … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話, 映画&本 | コメントをどうぞ

美容整形の物悲しさ

   老年になったときの美容整形の顔は人間の顔か? シネマ漂流(映画感想記) No.10 『へスタースケルター』       「きれいになりたい」という個人の願望をいちばん手っ取り早く満たすものとして、美容整形手術はかな … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 5件のコメント

オスマン帝国伝説

     「オスマン帝国」のブームってのが、来ているんじゃねぇか?  なんとなく、最近そんな感じがするんだ。   ▼ オスマン帝国最盛期の頃の首都イスタンブール    オスマン帝国ってのは、中世から近代まで西アジアから東 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 6件のコメント

山の郵便配達

    手紙が「山を越える」ことの意味   シネマ漂流(映画感想記) No.9  『山の郵便配達』      1999年に制作された中国映画だ。  日本で上映されたのは、2000年代に入ってからか。  公開中にカミさんが … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

『ブレードランナー2』は成功するのか?

    シド・ミードが造形した『ブレードランナー』の秘密    SF映画のカルト的作品として人気の高い『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー2』の制作が決定されたという情報がネットで公開されていた。  公開予定日 … 続きを読む

カテゴリー: アート, 映画&本 | コメントをどうぞ

ターナー、光に愛を求めて

    大英帝国、ここに誕生す   シネマ漂流(映画感想記) No.8  『ターナー、光に愛を求めて』      2014年イギリス・ドイツ・フランス合作映画  原題「Mr. Turner」  日本公開 2015年6月/ … 続きを読む

カテゴリー: アート, 映画&本 | 2件のコメント

さらば愛しき女よ

   けだるく甘い切なさ  シネマ漂流(映画感想記) No.7   『さらば愛しき女よ』       原題、『Farewell, My Lovely(フェアウェル・マイ・ラブリー)』。  レイモンド・チャンドラーが194 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

資本主義がわかる本棚

  資本主義は「煩悩」を全面開花させる         いま我々が暮らしている社会は、「資本主義社会」と呼ばれる社会である。  それがどんな社会かというと、「煩悩(ぼんのう)」をかぎりなく肯定していく社会といっていい。 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント